漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
ライトノベル
身代わりの薔薇は褐色の狼に愛でられる
この巻を買う/読む

身代わりの薔薇は褐色の狼に愛でられる

【期間限定立読み増量中】2019/7/23 0:00まで
【期間限定】2019/7/23 0:00まで
通常価格:
900pt/900円(税抜)
価格:
450pt/450円(税抜)
(4.0) 投稿数45件
身代わりの薔薇は褐色の狼に愛でられる(4巻配信中)
作品内容

イヴリル公国の悪鬼と恐れられる、北方将軍ヴァン・ラングレン―― 大の男も裸足で逃げ出す顔面凶器の凶眼男が結婚することになった。 お相手は、隣国の『恋多き』侯爵令嬢ベルニア。人の夫を平気で寝取り、幾多の恋人の仲を破壊し、散財で実家を破産寸前にまで追い込む勝手気ままな我が侭娘との、半ば押し付けられた結婚にヴァンは怒り心頭。けれど、その花嫁の正体は――身代わりに立てられた処女(おとめ)、ローゼだった。 可憐な花嫁と強面将軍が紡ぐ、年の差すれ違いラブストーリー。

作品ラインナップ  4巻まで配信中!
レビュー
身代わりの薔薇は褐色の狼に愛でられるのレビュー

平均評価:4.0 45件のレビューをみる

最新のレビュー
高評価レビュー
  • (5.0) 良かったです
    ままたんさん 投稿日:2019/7/10
    健気で優しいヒロインです。続きものですが、読む価値はあると思います。
  • (5.0) 読みかえし
    さやさん 投稿日:2019/6/4
    最初読んだ時はまだ完結してなく、えっ、こんなとこで終わるの!?早く続きが読みたい!と、新刊を楽しみにしてました。最近読み返してみて、やっぱり面白いな〜と思いました。この作家さんの小説の中では一番好きなお話です。 最初こそ、誤解があり手酷く扱 ってしまうヴァンですが、自分の過ちに気づき、ローゼをとても大切にします。そんなに溺愛されているのに、肝心のローゼは嘘をついている負い目や自分に自信がないのもあり、なかなか気付きません。それでも互いに相手を大切に想い合うのは読んでいて微笑ましく、ほっこりします。登場人物それぞれにつらい過去があり、胸が痛くなる場面も多々ありましたが、それでも読んで良かったと思えるお話でした。おすすめします! もっとみる▼
  • (5.0) 涙が止まらない…大傑作です。
    はるこさん 投稿日:2019/4/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 泣きたくない人は1巻終わるのが良いです。 大きなストーリーが動き出すのは2巻から。 ちょっと気になりますが、2巻で止めることもできます。 ただし、3巻に手を出すなら4巻まで繋がっているので覚悟して完結まで読んでほしい。 3、4巻は気になって止められないので時間のあるときに読むべし!です。 作者様のサイトの番外編も読みましたが2人の死まで書いてあり涙が止まりませんでした。 悪鬼と呼ばれる風貌のヒーローの優しさや熱さ強さがほんとにかっこよくて、本当に素敵です。 切ないところも多く読み返すのには躊躇しますが、傑作だと思います! 値段が安く感じました! ほんとにほんとにおススメです! 続きを読む▼
  • (5.0) 以前から気になってたお話〜面白かった
    ケイさん 投稿日:2018/5/31
    展開がサクっと早い上に、それぞれの心の内にある感情=その思いから起こるすれ違いや事件が、サクサクと読み進められ4巻まで飽きることなく、面白かった。
  • (5.0) サブキャラまで面白い!
    Rubyさん 投稿日:2018/1/3
    この作者さんの他作品を読んでとても面白かったので、シリーズものでお高いから購入を躊躇してましたが、いままでで最高には満足できました!ヒロインも嫌味なく好ましいし、ヒーローも欲情し過ぎて鼻血吹くとか面白過ぎ 執事の言葉使いが安っぽ〜い現代 渋谷辺りの若者言葉みたいで面白さに膝カックンされる感じはありますが、ヒロインにべた惚れのヒーローがのたうちまわって悶絶してるシーンなんか、もうこっちもニヤついちゃいますよ! もっとみる▼
▲ページTOPへ