漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

利休聞き書き 「南方録 覚書」 全訳注

通常価格:
700pt/770円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

利休聞き書き 「南方録 覚書」 全訳注(1巻配信中)

作品内容

千利休が確立した茶法、茶禅一味をめざす草庵茶の精神を伝える『南方録』は、高弟南坊宗啓が、利休居士からの聞き書きをまとめたものとされる。経済の発展とともに茶道が広がりを見せた元禄期、筑前福岡藩黒田家の家老、立花実山によって見出され、その自筆本が伝世する。「覚書」はその巻一で、利休の茶法の根本を述べる。その精神性と美意識を端的に伝える、平易な現代語訳とわかりやすい解説。原文は、総ルビ付き。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 利休聞き書き 「南方録 覚書」 全訳注
    登録して購入
    通常価格:
    700pt/770円(税込)
    千利休が確立した茶法、茶禅一味をめざす草庵茶の精神を伝える『南方録』は、高弟南坊宗啓が、利休居士からの聞き書きをまとめたものとされる。経済の発展とともに茶道が広がりを見せた元禄期、筑前福岡藩黒田家の家老、立花実山によって見出され、その自筆本が伝世する。「覚書」はその巻一で、利休の茶法の根本を述べる。その精神性と美意識を端的に伝える、平易な現代語訳とわかりやすい解説。原文は、総ルビ付き。

レビュー

利休聞き書き 「南方録 覚書」 全訳注のレビュー

この作品はまだレビューがありません。

▲ページTOPへ