漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

小説・実用書
数字にまつわる世にも不思議な事件簿
この巻を買う/読む

数字にまつわる世にも不思議な事件簿

通常価格:
450pt/450円(税抜)
(1.0) 投稿数1件
数字にまつわる世にも不思議な事件簿(1巻配信中)
作品内容

数……それ自体では単なる無機的な存在でしかない。だが、それに時・場所・人がかかわると、見事なドラマが生み出される。われわれの日常は、時間をはじめとして「数」のたえざる積み重ねによって構成されているが、その構成にちょっとした“狂い”や“裂け目”が生じたとき、「数」は牙を剥き、とんでもない事件や不幸をもたらすのである。だから「数」は怖いし、「数」を通して世の中の一断面が見えてくるのだ。

第1章 数字がからんだ驚愕の事件・事故
第2章 有名人にまつわる数字の不思議
第3章 数字がからむ、ちょっと不思議な話
第4章 数字、ちょっと耳寄りな話

●並木伸一郎(なみき・しんいちろう)
1947年、東京都生まれ。早稲田大学卒業。電電公社(現・NTT)勤務ののち、UFOやUMA、さらには古代史をはじめ、地球上のさまざまな謎を題材に調査・研究し、雑誌・テレビなど多方面で発表、活躍している。著書・訳書多数。

作品ラインナップ  1巻まで配信中!
レビュー
数字にまつわる世にも不思議な事件簿のレビュー

平均評価:1.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (1.0) 面倒くさい
    めいさん 投稿日:2018/3/27
    世の中は、不可思議なこともありとは思います。否定する明確な根拠がないですから。時間の概念さえ、アインシュタインが、絶対性ではなく、相対性として理論したし。ただ私は面倒なので、ニュートンの絶対的概念でいきたい派です。この本、物語と思ってしまっ た。ガチで語られるのはイヤです。数字は嘘をつかない。迷ったときに、生きてくる言葉であり、これが私の信条です。人生は、ユラユラしてますからね。揺るぎない心根がないと、流されるままにで、怖いので。だから、この本はNGかなー。 もっとみる▼
▲ページTOPへ