マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPライトノベルライトノベルSBクリエイティブGA文庫りゅうおうのおしごと!りゅうおうのおしごと!19
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
ライトノベル
りゅうおうのおしごと!19
22巻配信中

りゅうおうのおしごと!19 NEW

760pt/836円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

歩夢に敗れて初めての失冠を経験した八一は、一つの想いを固めていた。そして自らの意思で銀子の元を訪れる。
「銀子ちゃん。将棋を指そう」
「将棋を?」
「そう。俺が勝ったら――」
その一方、天衣との激闘を制し、将棋を続けられることになったあいは、深刻なダメージから回復できずにいた。
追い詰められたあいは一発逆転を狙い星雲戦の本戦に臨み……そして遂に二人の天才が相見える!
「弟子をグチャグチャにすれば八一さんも本気を出してくれるよね?」
現実に抗う棋士たちの姿を描く将棋ラノベ、いよいよ最終盤の19巻!!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  22巻まで配信中!

  • りゅうおうのおしごと!18

    700pt/770円(税込)

    「私の中で将棋は終わったわ」
    スーパーコンピューター《淡路》を使って将棋の解に至ったと嘯く天衣は、その言葉を証明するかのように着々と勢力(タイトル)を拡大していく。
    《淡路》との対局を繰り返した八一もまた、親友との初めてのタイトル戦に寂しさを感じていた。
    「遅すぎたよ……歩夢」
    最強AIが見せた未来は本物か、それとも幻か? 雛鶴あいは自分の信じる道を進むため、その未来を否定する。賭け金は――自分の未来。
    「……わかった。天ちゃんに負けたら、わたしは将棋を捨てる」
    あいと天衣。八一と歩夢。競い合うことを定められた光と闇の好敵手(ライバル)が遂に盤を挟む、再戦の18巻!!

    ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください
  • りゅうおうのおしごと!19

    760pt/836円(税込)

    歩夢に敗れて初めての失冠を経験した八一は、一つの想いを固めていた。そして自らの意思で銀子の元を訪れる。
    「銀子ちゃん。将棋を指そう」
    「将棋を?」
    「そう。俺が勝ったら――」
    その一方、天衣との激闘を制し、将棋を続けられることになったあいは、深刻なダメージから回復できずにいた。
    追い詰められたあいは一発逆転を狙い星雲戦の本戦に臨み……そして遂に二人の天才が相見える!
    「弟子をグチャグチャにすれば八一さんも本気を出してくれるよね?」
    現実に抗う棋士たちの姿を描く将棋ラノベ、いよいよ最終盤の19巻!!

    ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

レビュー

りゅうおうのおしごと!のレビュー

平均評価:4.3 24件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 将棋
    むねえるさん 投稿日:2024/5/7
    テレビアニメーションが切っ掛けで原作ライトノベルを読み始めました。 九頭竜八一君がとてもいいキャラクターです。親しみやすいです。

高評価レビュー

  • (5.0) ほんとにこの作品わ……
    86さん 投稿日:2020/3/26
    どうしてこうも心を突き動かされるのだろう。 そう思って11巻までを読んできた。必ず涙を流して。 そしてそれは、この巻で分かった。 共感もすれば同情もするのは当然だった。 自分も経験してきた事だったから。 感じていた感覚は文字で見て初め て腑に落ちて……。 だからこの作品は素晴らしいんだと思えた。 人の人生が詰まってるから。 だから物語に出てくる人達が好きになれる。 一人一人が生きているから。 将棋を通して泣けるなんて思ってなかった。 一番かっこいい主人公だと思った。 その他にも描ききれないぐらい思った事が多くある。 この"りゅうおうのおしごと!"を読んでよかった。 頑張れるって勇気をくれるから。 もっとみる▼
  • (5.0) 読み終わらせるのが惜しい作品
    木崎真也さん 投稿日:2019/8/10
    夢中で読んでしまった。 途中ページをめくるたびに、もうすぐ終わってしまうという焦燥感と、どんどん進む熱い展開に震えが走った。 物語の途中まで、葛藤があったが、終盤の熱い勝負によって解き放たれて覚醒していくのを見ると、まるでその場で将棋を見て いるかのような臨場感を得た。 続きが気になり、はやく読みたいような。読み終わると中毒のように先を知りたくなるから手元に置いて読むのを待ちたいような。 とにかく夢中にさせられる作品です もっとみる▼
  • (5.0) 将棋のラノベがここまで面白いとは(笑)
    カントクN2さん 投稿日:2020/8/20
    将棋だけではなくその中の話題に、ラノベ特有の掛け合いを絶妙に挟んでいるので、将棋をあまり詳しくなくても楽しめる稀有な作品。 藤井聡太先生が出てきたことによってこの主人公のあり得ないだろうという設定が、現実になりました。 藤井聡太先生 は後はJSを弟子に取れば完璧だな(笑) もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ