漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

ノスフェラトウの生贄 上 クリス・ブロンソンの黙示録4

通常価格:
700pt/770円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

ノスフェラトウの生贄 クリス・ブロンソンの黙示録4(2巻配信中)

作品内容

内容紹介

ヴェネツィアの街に蘇る吸血鬼伝説──

古の墓で発見された“吸血鬼の日記”
それは、伝説の存在を証明するのか?
美女連続失踪事件との関係は如何に!?

刑事クリス・ブロンソンと元妻で考古学者のアンジェラが遭遇する歴史の闇。
英国で大人気のベストセラー・シリーズ!

◎Amazonカスタマーレビューでも絶賛の声続々!
「プロローグから最後の最後まで面白い、大満足まちがいなしの真のページターナー」
「考古学の知的興奮と迫力のストーリーが完璧に融合した真に面白い傑作ノベル!」
「手に汗握るサスペンス! 刺激的スリラーを探している人なら必読の一冊!!」

〈あらすじ〉ヴェネツィアで休暇中の刑事クリス・ブロンソンと元妻アンジェラは、いにしえの遺体が葬られた墓が暴かれた現場に行き当たり、警察がらみの騒動に巻き込まれる。そして、偶然にも一冊の古びた日記帳を手に入れる。数百年前にラテン語で書かれた日記には吸血鬼にまつわる謎めいたメッセージが書かれていた。もしかしたら吸血鬼本人が書いた日記だろうか? その後、ふたりの周囲に怪しい男たちの影が見え隠れするようになる。一方、ヴェネツィアでは若い女性の失踪が相次いで連続殺人事件が疑われていたが、警察の捜査は難航していた。そのさなか、アンジェラが謎の集団に誘拐される事件が発生。当てにならない警察の捜査活動に業を煮やしたブロンソンは、アンジェラを救出しようとひとり敢然と事件の解明に乗り出す。

◆ノスフェラトゥの語源とは
吸血鬼の総称として使われる言葉である〈nosferatu〉がどのような経緯で使われだしたのかは不明だ。出版物で最初にこの言葉に言及したのは一八八五年の雑誌の記事においてだった。三年後の一八八八年に出版された『森の彼方の国』と題する旅行譚にもこの言葉が出てくるが、どちらもイギリスの作家、エミリー・ジェラードによるものだ。旅行譚の方はトランシルヴァニア(ラテン名で〈森の彼方の国〉を意味する)の国について書かれたものだ。その両方で、エミリーは〈ノスフェラトゥ〉が〈吸血鬼〉を意味するルーマニア語であると述べているが、しかし古語から現代語まで調べてみても、ルーマニア語でそれに該当する語は見当たらない。最も近いと思われたのが〈ネクラトゥル(necuratul〈悪魔〉の意)〉と、〈ネスフェリトゥル(nesuferitul〈がまんならない者〉の意)という言葉だった。ジェラードの説に代わるものとして、多くの作家が受け入れているのが〈ノスフェラトゥ〉がスラブ語の〈ネスフラトゥ(nesufur-atu)〉に由来するものであるとする説だ。このスラブ語の言葉自体は〈疫病感染者、病気持ち〉という意味のギリシャ語〈ノソフォロス(nosophoros)〉から来ていると思われる。しかしこの語源的説明に対して、異議をとなえる向きもある。さらに〈ネスフラトゥ(nesufur-atu)/ノスフェラトゥ(nosferatu)〉は古スラブ語ではもともと専門用語だったものが一般化したものという説があるが、ルーマニア語の辞書に記載されたことはないとも指摘されている。そういうわけで〈ノスフェラトゥ〉という言葉の由来を正確に知ることは、ほぼあり得ないし、さらにエミリー・ジェラードがルーマニア語の言葉を聴き間違えたか、間違った情報を教えられたという可能性もかなりある。

著者プロフィール

ジェームズ・ベッカー James Becker
イギリス海軍艦隊航空隊に20年以上所属し、フォークランド紛争をはじめ、イエメン、北アイルランド、ロシアなど世界のさまざまな国・地域で主に秘密作戦に従事する。退役後、作家活動を開始し、他にもジェームズ・バリントン、マックス・アダムズ、ジャック・スティールなどのペンネームで次々と小説を刊行。長い軍隊経験に裏打ちされたリアリティと迫力に満ちたアクション・シーン、そして主にキリスト教の秘密にまつわる古代・中世史への該博な知識に基づいたミステリーに定評がある。

訳者プロフィール

森野そら Sora Morino
東京都出身。東京外国語大学卒業。訳書に『13番目の石板』(竹書房)他、別名義(松藤留美子)でノンフィクションの翻訳も多数手がけている。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • ノスフェラトウの生贄 上 クリス・ブロンソンの黙示録4
    登録して購入
    通常価格:
    700pt/770円(税込)
    内容紹介

    ヴェネツィアの街に蘇る吸血鬼伝説──

    古の墓で発見された“吸血鬼の日記”
    それは、伝説の存在を証明するのか?
    美女連続失踪事件との関係は如何に!?

    刑事クリス・ブロンソンと元妻で考古学者のアンジェラが遭遇する歴史の闇。
    英国で大人気のベストセラー・シリーズ!

    ◎Amazonカスタマーレビューでも絶賛の声続々!
    「プロローグから最後の最後まで面白い、大満足まちがいなしの真のページターナー」
    「考古学の知的興奮と迫力のストーリーが完璧に融合した真に面白い傑作ノベル!」
    「手に汗握るサスペンス! 刺激的スリラーを探している人なら必読の一冊!!」

    〈あらすじ〉ヴェネツィアで休暇中の刑事クリス・ブロンソンと元妻アンジェラは、いにしえの遺体が葬られた墓が暴かれた現場に行き当たり、警察がらみの騒動に巻き込まれる。そして、偶然にも一冊の古びた日記帳を手に入れる。数百年前にラテン語で書かれた日記には吸血鬼にまつわる謎めいたメッセージが書かれていた。もしかしたら吸血鬼本人が書いた日記だろうか? その後、ふたりの周囲に怪しい男たちの影が見え隠れするようになる。一方、ヴェネツィアでは若い女性の失踪が相次いで連続殺人事件が疑われていたが、警察の捜査は難航していた。そのさなか、アンジェラが謎の集団に誘拐される事件が発生。当てにならない警察の捜査活動に業を煮やしたブロンソンは、アンジェラを救出しようとひとり敢然と事件の解明に乗り出す。

    ◆ノスフェラトゥの語源とは
    吸血鬼の総称として使われる言葉である〈nosferatu〉がどのような経緯で使われだしたのかは不明だ。出版物で最初にこの言葉に言及したのは一八八五年の雑誌の記事においてだった。三年後の一八八八年に出版された『森の彼方の国』と題する旅行譚にもこの言葉が出てくるが、どちらもイギリスの作家、エミリー・ジェラードによるものだ。旅行譚の方はトランシルヴァニア(ラテン名で〈森の彼方の国〉を意味する)の国について書かれたものだ。その両方で、エミリーは〈ノスフェラトゥ〉が〈吸血鬼〉を意味するルーマニア語であると述べているが、しかし古語から現代語まで調べてみても、ルーマニア語でそれに該当する語は見当たらない。最も近いと思われたのが〈ネクラトゥル(necuratul〈悪魔〉の意)〉と、〈ネスフェリトゥル(nesuferitul〈がまんならない者〉の意)という言葉だった。ジェラードの説に代わるものとして、多くの作家が受け入れているのが〈ノスフェラトゥ〉がスラブ語の〈ネスフラトゥ(nesufur-atu)〉に由来するものであるとする説だ。このスラブ語の言葉自体は〈疫病感染者、病気持ち〉という意味のギリシャ語〈ノソフォロス(nosophoros)〉から来ていると思われる。しかしこの語源的説明に対して、異議をとなえる向きもある。さらに〈ネスフラトゥ(nesufur-atu)/ノスフェラトゥ(nosferatu)〉は古スラブ語ではもともと専門用語だったものが一般化したものという説があるが、ルーマニア語の辞書に記載されたことはないとも指摘されている。そういうわけで〈ノスフェラトゥ〉という言葉の由来を正確に知ることは、ほぼあり得ないし、さらにエミリー・ジェラードがルーマニア語の言葉を聴き間違えたか、間違った情報を教えられたという可能性もかなりある。

    著者プロフィール

    ジェームズ・ベッカー James Becker
    イギリス海軍艦隊航空隊に20年以上所属し、フォークランド紛争をはじめ、イエメン、北アイルランド、ロシアなど世界のさまざまな国・地域で主に秘密作戦に従事する。退役後、作家活動を開始し、他にもジェームズ・バリントン、マックス・アダムズ、ジャック・スティールなどのペンネームで次々と小説を刊行。長い軍隊経験に裏打ちされたリアリティと迫力に満ちたアクション・シーン、そして主にキリスト教の秘密にまつわる古代・中世史への該博な知識に基づいたミステリーに定評がある。

    訳者プロフィール

    森野そら Sora Morino
    東京都出身。東京外国語大学卒業。訳書に『13番目の石板』(竹書房)他、別名義(松藤留美子)でノンフィクションの翻訳も多数手がけている。
  • ノスフェラトウの生贄 下 クリス・ブロンソンの黙示録4
    登録して購入
    通常価格:
    700pt/770円(税込)
    内容紹介

    “吸血鬼の日記”に秘められた謎──

    秘密の書に隠されたメッセージ、
    それは、時代に翻弄された
    一人の女性の悲しくも凄惨な物語……

    刑事クリス・ブロンソンと元妻で考古学者のアンジェラが遭遇する歴史の闇。
    英国で大人気のベストセラー・シリーズ!

    ◎Amazonカスタマーレビューでも絶賛の声続々!
    「プロローグから最後の最後まで面白い、大満足まちがいなしの真のページターナー」
    「考古学の知的興奮と迫力のストーリーが完璧に融合した真に面白い傑作ノベル!」
    「手に汗握るサスペンス! 刺激的スリラーを探している人なら必読の一冊!!」

    〈あらすじ〉ヴェネツィアで休暇中の刑事クリス・ブロンソンと元妻アンジェラは、いにしえの遺体が葬られた墓が暴かれた現場に行き当たり、警察がらみの騒動に巻き込まれる。そして、偶然にも一冊の古びた日記帳を手に入れる。数百年前にラテン語で書かれた日記には吸血鬼にまつわる謎めいたメッセージが書かれていた。もしかしたら吸血鬼本人が書いた日記だろうか? その後、ふたりの周囲に怪しい男たちの影が見え隠れするようになる。一方、ヴェネツィアでは若い女性の失踪が相次いで連続殺人事件が疑われていたが、警察の捜査は難航していた。そのさなか、アンジェラが謎の集団に誘拐される事件が発生。当てにならない警察の捜査活動に業を煮やしたブロンソンは、アンジェラを救出しようとひとり敢然と事件の解明に乗り出す。

    ◆なぜヴェネツィアなのか?
    ヴェネツィアは美しく、ロマンあふれるミステリアスな都市として、人々を魅了する色彩豊かな歴史を有している。吸血鬼たちも、フィクションと現実の両面で、この都市の歴史を彩っている。様々な映画やドラマで舞台となっているが、現実的な吸血鬼の事例も伝えられている。二〇〇九年三月に、伝染病の犠牲者を葬ったヴェネツィアの集団墓所〈ペスト穴〉で、一六世紀に吸血鬼とされた女性の頭蓋骨が発見された。その顎の間には煉瓦が押し込まれていたが、それはいっしょに埋葬されている他の犠牲者を噛まないようにするためだったという。このように、ヴェネツィアはこの小説の舞台として理想的なロケーションと言える。ヴェネツィアの潟湖には百を超える島々が散らばっており、多数の住民が住んでいて活気あふれる島もあれば、小さすぎて生活に適さない島もあり、また廃墟と化した家屋が残された寂れた島もあって、塩水に囲まれた湿地で生活の場を築くことの困難をしのばせる。ヴェネツィアという場所は、晴れた日でも気味の悪いところがある。アドリア海から霧が立ち込めてくると、小柄な人でも狭い街路や運河上に巨大な影を投げかけることができる。潟湖に出かけてみれば、島々はそれ自体がこの世から隔絶した世界となっていて、私の想像の中ではなにが起こっても不思議ではなく、またこの小説の中ではなにかが起こったのだ。

    著者プロフィール

    ジェームズ・ベッカー James Becker
    イギリス海軍艦隊航空隊に20年以上所属し、フォークランド紛争をはじめ、イエメン、北アイルランド、ロシアなど世界のさまざまな国・地域で主に秘密作戦に従事する。退役後、作家活動を開始し、他にもジェームズ・バリントン、マックス・アダムズ、ジャック・スティールなどのペンネームで次々と小説を刊行。長い軍隊経験に裏打ちされたリアリティと迫力に満ちたアクション・シーン、そして主にキリスト教の秘密にまつわる古代・中世史への該博な知識に基づいたミステリーに定評がある。初のジェームズ・ベッカー名義著作である「刑事クリス・ブロンソン」シリーズは、『皇帝ネロの密使』『預言者モーゼの秘宝』『聖なるメシアの遺産』に続き本作が4作目で、他に『Echo of the Reich』『The Lost Testament』『The Templar Heresy』と、現在までに7作品が刊行され、好評を博している。

    訳者プロフィール

    森野そら Sora Morino
    東京都出身。東京外国語大学卒業。訳書に『シャナラの剣』(共訳)『シャナラの妖精石』『復讐の女海賊』(以上、扶桑社)『13番目の石板』(竹書房)他、別名義(松藤留美子)でノンフィクションの翻訳も多数手がけている。

レビュー

ノスフェラトウの生贄 クリス・ブロンソンの黙示録4のレビュー

この作品はまだレビューがありません。

▲ページTOPへ