漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

脱炭素マネー―週刊東洋経済eビジネス新書No.260

通常価格:
400pt/440円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(1.0) 投稿数1件
脱炭素マネー―週刊東洋経済eビジネス新書No.260(1巻配信中)

作品内容

再生可能エネルギーの成長とデジタル化で、電力などエネルギー産業の変革は間近に迫っている。ドイツでは、脱炭素化・電源分散化・デジタル化の三つの流れに乗り遅れる電力会社は、遅かれ早かれ淘汰されるという見方が強い。注目は「ティッピングポイント」だという。ティッピングポイントとは、再エネのコストが化石燃料のコストを下回る時点のこと。再エネが爆発的に広まる臨界点だ。そして15年12月のパリ協定(温暖化対策の国際枠組み)以後、最もドラスティックに変化したのは、実は金融業界だ。脱炭素化へ向けた日本と世界のシナリオやマネーの現状をリポートする。

本誌は『週刊東洋経済』2018年3月31日号掲載の27ページ分を電子化したものです。

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

脱炭素マネー―週刊東洋経済eビジネス新書No.260のレビュー

平均評価:1.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (1.0) 地域住民の声を聞け
    霧降花咲男さん 投稿日:2018/8/6
    地球に優しいエネルギーなど、あり得ない。 実際には広大な敷地が必要で大量の森林が伐採されたり、エネルギー源の精製の為に莫大な二酸化炭素を輩出したり、ダイナモの音波で体調を崩したり、放射能に依る不安に苛まれたりして、決して環境に良いもの ではない。 最近、「脱炭素マネー」が目的で、地元の住民の声を聞かずに「メガソーラー」の建設を強行しようとする業者がいることを知った。 儲けばかりに重きを置かないで、地域住民の声を聞け。 もっとみる▼
▲ページTOPへ