漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む
会員登録して購入

京都伏見は水神さまのいたはるところ

通常価格:
580pt/638円(税込)
(5.0) 投稿数2件
京都伏見は水神さまのいたはるところ(5巻配信中)

作品内容

東京でのめまぐるしい生活に馴染めなかった高校生のひろは、祖母の暮らす京都伏見の蓮見神社に引っ越すこととなった。幼馴染みで造り酒屋の息子・拓己とその家族に世話を焼かれながらの新しい暮らし。そんなある日ひろは拓己の家で、酒造りの要である井戸水に異変が起こっていることを知る。突然井戸から水が溢れるなか、ひろの耳には不思議な声が聞こえてきて!?

作品ラインナップ  5巻まで配信中!

レビュー

京都伏見は水神さまのいたはるところのレビュー

平均評価:5.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ほんわかとして面白い
    こちさん 投稿日:2020/9/5
    ファンタジーな内容でありつつも、土地柄としてありそうに思えるところが不思議です。 それぞれの土地の謂れを知ることができるのも面白いです。 続きも買おうと思います。

高評価レビュー

  • (5.0) 面白かった!
    あーたんさん 投稿日:2018/11/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 初めての作者様でしたが、文章が丁寧で読みやすく良かったです。水神様や雷神など神様が出たり、不思議な現象が起こったりとファンタジー要素のあるお話。内気で人見知りのヒロは子どもの時から人ならざるものの声が聞こえ、水神様の加護と呼ばれる力があります。そんなヒロと、ヒロの世話を焼く4歳年上の幼馴染み拓己が、伏見で起こる不思議な事件を解決していく、一話完結様式のお話でした。水神様である白蛇のシロはヒロにだけ懐き、人の姿だったり蛇の姿でちょこちょこヒロの前に現れます。そのシロのヒロへの執着に危惧を抱いている拓己と、ヒロを独占したいシロの仲はあまりよろしくなく、いつも言い合いしていて面白いです。拓己はとても頼りになるお兄ちゃんという感じで格好いい。自然や美しい景色を愛し、いつもぼーっとそれらを眺めているヒロの世界を理解し守ろうとしています。ヒロもまた優しい拓己にいつも甘えてばかりではいけないと、人と関わっていこうと必死で頑張る姿は健気で好感が持てます。ヒロと母親の関係、拓己と兄の確執なども絡めてあるので、キャラに深みが出ていてより面白い。神や不思議なものが集まり、またそれを身近に人々が生きている京都の伏見という町にも興味がわきました。ヒロと拓己の関係はまだ幼馴染み、兄妹に近い感じですが、少しずつ変化していきそうな雰囲気を残して終わっているので、続きが気になります。神側の領域にヒロを連れていきたいのだろうシロにも少々怖さを感じるし、これからどうなっていくのか‥続きがほしいです! 続きを読む▼
▲ページTOPへ