漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

レストランかのん・異世界店へようこそ

通常価格:
520pt/572円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(2.4) 投稿数5件
レストランかのん(3巻配信中)

作品内容

祖父母が開いた洋食店『レストランかのん』を継いで、弟と一緒に切り盛りしているアヤ。ある日、事故に遭い、姉弟で異世界に飛ばされてしまう。目覚めると弟と離ればなれで見慣れぬ森の中。戸惑うアヤだったが、そこで偶然視察にきていた騎士団長のレイオーンに保護される。異世界は砂糖過多の食事が中心で、どうにも口に合わないアヤは自分で料理を始める。その料理は異世界人にも好評で、アヤは弟を探すために異世界でも店を開くことにし――。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • レストランかのん・異世界店へようこそ
    登録して購入
    通常価格:
    520pt/572円(税込)
    祖父母が開いた洋食店『レストランかのん』を継いで、弟と一緒に切り盛りしているアヤ。ある日、事故に遭い、姉弟で異世界に飛ばされてしまう。目覚めると弟と離ればなれで見慣れぬ森の中。戸惑うアヤだったが、そこで偶然視察にきていた騎士団長のレイオーンに保護される。異世界は砂糖過多の食事が中心で、どうにも口に合わないアヤは自分で料理を始める。その料理は異世界人にも好評で、アヤは弟を探すために異世界でも店を開くことにし――。
  • レストランかのん 2 ・異世界店でおもてなし
    登録して購入
    通常価格:
    520pt/572円(税込)
    東の都の大通りにある小さな洋食店『レストランかのん』は今日も人族だけでなく、エルフ族やドワーフ族、たくさんの人々で賑わっている。経営しているのは異世界から来た黒髪の店長アヤとその弟のユーマ。見たこともない、不思議で美味しい料理をつくってくれると評判だ。アヤたちも周りの人々に助けられ、日々楽しくすごしていたが、お世話になった人に悩み事を相談され、料理で力になれないかと思案して……!?
  • レストランかのん3・異世界店でお待ちしてます
    登録して購入
    通常価格:
    700pt/770円(税込)
    姉弟で異世界へ転移してしまったアヤたちが開いた小さな洋食店『レストランかのん』は、その美味しさに異世界人たちも大感激!評判になりお客も増えて、もっと美味しいものを作ろうとがんばっているところに、なんと『かのん』を騙るニセの料理店まで出現してしまった!!一計を案じた二人は『レストランかのん』二号店を作ることにし、弟のユーマが店長になることになってーー!?

レビュー

レストランかのんのレビュー

平均評価:2.4 5件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (1.0) 都合良く単純簡単
    モクモクさん 投稿日:2019/11/24
    買ってしまったから読んだけど、話も人物も設定も、都合良く単純で簡単。 流行りの異世界料理ものに乗っただけの本で、軽く楽しむ…にもならない。

高評価レビュー

  • (4.0) 甘すぎないシフォンケーキみたいな
    まもちゃんさん 投稿日:2018/11/27
    お話でした。くどくなくさらっと読めて少し心も暖かくなる…。一巻完結のためか進みが早く物足りなさも感じました。後味はいいですよ。
  • (3.0) これで終わりかな?
    シュリさん 投稿日:2018/11/26
    異世界で、日本では普通の、美味しい洋食レストランを開く話ですが(理由もあって)、主人公達は運が良すぎてそれほど苦労はしていません。ストーリー上に見かける料理は美味しそうに描かれているので、緩いグルメものが大丈夫な方に良いと思います。クーポン で購入したので普通に満足しました。 もっとみる▼
  • (2.0) ハッピーエンド好きな人にはいいかも?
    ゆきさん 投稿日:2019/10/16
    主人公を取り巻く人物も基本的にはハッピーエンドなので、そういうものが好きな人にはいいかもです。 ただ、ご都合主義だなーと思うことも多いかな? いちばん気になるのは他社の多作品と設定等々が似通っていてなんだかなー、としてしまいます。
  • (2.0) タイトル通り
    Sakuさん 投稿日:2018/12/1
    表紙の絵が良くて購入したのに挿し絵が少ない。弟や他の人物が想像出来ない。主人公が子供扱いに怒ったのに、着替え渡され目の前で服脱ぐのもあり得ない。1話事にテーマが分かれて読みやすいが、異世界はご飯不味いはメジャーな設定なのでしょうか?

オススメ異世界ライトノベル

▲ページTOPへ