We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

龍に恋う 贄の乙女の幸福な身の上

値下げ【期間限定】5/26まで
通常価格:
640pt/704円(税込)
価格:
448pt/492円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.8) 投稿数6件
龍に恋う(4巻配信中)

作品内容

■珠は寒空の帝都で不思議な髪色の男に救われる。これが運命の転換点だった――。■
 寒空の帝都に放り出された珠。彼女の窮地を救ったのは、不思議な髪色をした男・銀市だった。
 口入れ屋の旦那である銀市の厚意で、珠は住み込みで働くことに。感謝する珠だが”人ならざる者”がみえて贄とされた過去により、上手く感情を表せない。一方の銀市も複雑な境遇のようで……だからこそ珠を思いやってくれる。
 恩に報いるため健気に勤める珠は、店でも信頼を得て平穏を知る。しかし、帝都で続く少女の失踪事件に否応なく巻き込まれ――。秘密を抱える珠と銀市が、お互いの居場所を見つけるまでの浪漫綺譚。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  4巻まで配信中!

  • 龍に恋う 贄の乙女の幸福な身の上
    登録して購入
    値下げ【期間限定】5/26まで
    通常価格:
    640pt/704円(税込)
    価格:
    448pt/492円(税込)
    ■珠は寒空の帝都で不思議な髪色の男に救われる。これが運命の転換点だった――。■
     寒空の帝都に放り出された珠。彼女の窮地を救ったのは、不思議な髪色をした男・銀市だった。
     口入れ屋の旦那である銀市の厚意で、珠は住み込みで働くことに。感謝する珠だが”人ならざる者”がみえて贄とされた過去により、上手く感情を表せない。一方の銀市も複雑な境遇のようで……だからこそ珠を思いやってくれる。
     恩に報いるため健気に勤める珠は、店でも信頼を得て平穏を知る。しかし、帝都で続く少女の失踪事件に否応なく巻き込まれ――。秘密を抱える珠と銀市が、お互いの居場所を見つけるまでの浪漫綺譚。
  • 龍に恋う 二 贄の乙女の幸福な身の上
    登録して購入
    通常価格:
    660pt/726円(税込)
    珠は窮地を救ってくれた男・銀市の店で健気に勤めている。
     ある偶然から、珠は以前の勤め先の華族令嬢と再会。友人と呼べる初めての関係に戸惑いながらも、珠は令嬢を通じて少女の”普通の幸せ”を知っていく。銀市はそんな少女を優しく見守り、ときに助言し、彼女の成長に寄り添っていた。
     しかし朗らかに見えた令嬢も、華族の娘ならではの哀しさと決意を抱えていた。友人として彼女を助けたいと願う珠に、銀市は――。
     同時に、華族子弟にまつわる”人ならざる者”の事件の裏で、銀市の過去に関わる闇がうごめき……。
  • 龍に恋う 三 贄の乙女の幸福な身の上
    登録して購入
    通常価格:
    660pt/726円(税込)
    ■大人気シリーズ、待望の第3巻!!■

     七夕の頃。銀市(ぎんいち)と旧知の神使・灯佳(とうか)を助けた珠(たま)は、礼と称してなぜか五歳の姿にされてしまう。望んでいない”礼”に困惑するが……?
     時をあわせたように、神隠しの噂が店に持ち込まれる。珠は子ども姿でも役に立ちたいと努め、解決の糸口を見出す。しかし同時に、幼い体に引きずられ、独りではままならぬ感情と経験を噛みしめる。
     人に上手く頼れぬ彼女に、銀市たちの慈しみが注がれ――自覚したのは、温かな気持ち。
     一方その背後では、隠し神の噂を皮切りに、銀市や珠を巻き込む哀しい昔物語が蘇りつつあった。

    ■スクウェア・エニックス「マンガUP!」にて、コミカライズも好評連載中!(2021年10月時点)■
  • 龍に恋う 四 贄の乙女の幸福な身の上【電子特典付き】
    登録して購入
    通常価格:
    680pt/748円(税込)
    ●〇●待望のシリーズ4巻!●〇●

     勤め先の先輩である瑠璃子(るりこ)が出奔してしまったーー。折しも、口入れ屋・銀古(ぎんこ)の繁忙期。珠(たま)は瑠璃子の代わりに、秋桜(コスモス)の咲き乱れる洋館での勤めを任される。
     珠なりに洋館の”人ならざる者”に真摯に向き合ったために縁が結ばれ、洋裁を習うことに。銀市(ぎんいち)のシャツを仕立てながら彼を想い、しだいに乙女らしい感情も育んでいく。
     銀市も彼女の花開く姿を慈しむ一方、珠がいずれ自分の手を離れる予感と、只人として生きるには強すぎる彼女の贄の力を憂いていた。さらに、瑠璃子失踪の原因となった存在も珠にそそられ……?

    ●〇●道草家守の新作『青薔薇アンティークの小公女』も2022年5月~同時配信開始●〇●

    ※特典として、同著者の『青薔薇アンティークの小公女』冒頭原稿を、紙書籍約90ページ分の大ボリュームで収録。

レビュー

龍に恋うのレビュー

平均評価:4.8 6件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) とてもよい
    ひなたさん 投稿日:2021/12/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 雰囲気も妖怪ネタも設定も大好物で、期待を裏切りません。二番煎じ…?と恐る恐る一冊目を購入しましたが、一気に3冊読破しました!続刊が楽しみです 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 出会えて良かった小説
    azukiさん 投稿日:2021/5/7
    2巻まで読みました。 タイトルの印象ほど恋愛モノっぽくはないです。ですが、ヒロインの成長していく姿があるからこそ、二人の関係が尊いのです。他の登場人物との友情も良いです。 情景描写も好みで、登場人物の佇まいや、"人ならざる者"の雰囲気な どを、想像しながら楽しみました。コミカライズされるとのことで楽しみですが、その前に小説に出会えて良かったです。 もっとみる▼
  • (5.0) 世界観がとても好み
    こいこいさん 投稿日:2021/4/24
    作者様買いです。時代物×妖の設定が好きな方はもれなく読んでほしい。ストレスなく読める文体で読後感もいいです。主役の二人のお互いを想い合う感じが読んでてとても幸せな気持ちになります。
  • (5.0) 良かったーー
    kamさん 投稿日:2020/10/7
    一気に読んでしまいましたー 今後の2人も気になるので続きが出ないか期待してます!
  • (5.0) 面白いです
    みんなさん 投稿日:2021/3/31
    明治の華やかな感じと、妖怪のほの暗い感じが織りなす雰囲気がとても好きです。
  • (4.0) よかった。
    ピーノさん 投稿日:2021/5/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 妖がでてくる世界観がいい。 ヒロインは、妖がみえる体質で、それが理由で女中をくびになり、 たまたま半妖の銀市にひろわれ、妖メインの口入屋で居候兼女中をすることに。 自分というものをださないヒロインが、自分の意見や希望をいえるよう ようになっていき、妖たちとも仲良くやっていけるようになります。 続きも読みたくなるストーリーです。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ