漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

真昼のポルボロン(1)

通常価格:
420pt/462円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数15件
真昼のポルボロン(3巻完結)

作品内容

自分をこの世界に連れ出し、すぐに捨てた父親への嫌悪感から9歳の少女るつぼは父親を許さないと決めて生きてきた。だが、そんな二人が期間限定で「親子」をすることになり!?

作品ラインナップ  全3巻完結

レビュー

真昼のポルボロンのレビュー

平均評価:4.3 15件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) 独特の雰囲気
    Anneさん 投稿日:2019/12/17
    お話の始まりから不思議な雰囲気で、喋らない女の子、どこかつかめないような父親、その周りのキャラクターたちもなんとも言えない感じがある、独特の世界観を持つ作品。柔らかなタッチの絵が癒されます。
  • (5.0) 体内記憶の設定は
    みこさん 投稿日:2019/8/30
    母親の存在感やるつぼの気持ちや意地を強める為に体内記憶がある設定にしたのかな。それはあまりいらなかったような。。それが無くても読み進めていくうちにどんどん引き込まれました。
  • (5.0) そりゃあしゃべらなくなるわー
    216さん 投稿日:2019/8/11
    というのは冗談ですが、るつぼが終始可愛かった。自由に生きすぎだろうが、るつぼが不憫だろ、と思わなくもないけれど、愛に満ち満ちていたのでとても面白く最後まで読めました。 るつぼ、そして、姫、幸せなになれー! 糸井先生は、優しく身勝手で どうしようもない愛ある大人描くのがとても上手い、と思います。なので、好みが別れるだろうなあ、とも。それでも、愛があれば大体のことはアバウトでもOKという雑食な方にお勧めしたい。 もっとみる▼
  • (5.0) 感動した!
    Lapis Azuliさん 投稿日:2018/6/14
    絵とストリーの結構好きなのでながれもスムースでしたいい作品だった!
  • (5.0) ふと某映画の台詞を思い出させる
    ひいらぎさん 投稿日:2018/5/8
    「人間は大きな幸せを前にすると、急に臆病になる」 温かさを感じる作品。
▲ページTOPへ