We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

青い熱に花は綻(ほころ)び ~教師から女へと変えられた夜~ 1巻

通常価格:
150pt/165円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数2件
青い熱に花は綻(ほころ)び ~教師から女へと変えられた夜~(3巻完結)

作品内容

「先生。オレは今、あなたを落とすと決めました――」名門男子校の新任教師・陽菜(はるな)は、ひょんなことから、教え子のひとりである藍 由鷹(あい・よしたか)からアプローチを受け始める。ひたむきでまっすぐな由鷹の想いに揺らぎそうになる陽菜だったが、『教師と生徒』という関係や『15歳の年齢差』という理由もあり、由鷹のためにも彼の想いを拒絶する。そのまま時が過ぎ、やがて由鷹の卒業式の日。無事に式を終え、『恩師と生徒』として、校門で別れの会話を交わす二人。そして、門の外に足を踏み出した由鷹が陽菜に伝える。「今この瞬間、オレはあなたの生徒じゃなくなりましたね」「二度と『先生』なんて呼ばない。オレは、あなたにずっと恋してる男だ――」『教師と生徒』という絶対タブーな関係がなくなったとき、陽菜は――?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全3巻完結

  • 青い熱に花は綻(ほころ)び ~教師から女へと変えられた夜~ 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    「先生。オレは今、あなたを落とすと決めました――」名門男子校の新任教師・陽菜(はるな)は、ひょんなことから、教え子のひとりである藍 由鷹(あい・よしたか)からアプローチを受け始める。ひたむきでまっすぐな由鷹の想いに揺らぎそうになる陽菜だったが、『教師と生徒』という関係や『15歳の年齢差』という理由もあり、由鷹のためにも彼の想いを拒絶する。そのまま時が過ぎ、やがて由鷹の卒業式の日。無事に式を終え、『恩師と生徒』として、校門で別れの会話を交わす二人。そして、門の外に足を踏み出した由鷹が陽菜に伝える。「今この瞬間、オレはあなたの生徒じゃなくなりましたね」「二度と『先生』なんて呼ばない。オレは、あなたにずっと恋してる男だ――」『教師と生徒』という絶対タブーな関係がなくなったとき、陽菜は――?
  • 青い熱に花は綻(ほころ)び ~教師から女へと変えられた夜~ 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    「先生。オレは今、あなたを落とすと決めました――」名門男子校の新任教師・陽菜(はるな)は、ひょんなことから、教え子のひとりである藍 由鷹(あい・よしたか)からアプローチを受け始める。ひたむきでまっすぐな由鷹の想いに揺らぎそうになる陽菜だったが、『教師と生徒』という関係や『15歳の年齢差』という理由もあり、由鷹のためにも彼の想いを拒絶する。そのまま時が過ぎ、やがて由鷹の卒業式の日。無事に式を終え、『恩師と生徒』として、校門で別れの会話を交わす二人。そして、門の外に足を踏み出した由鷹が陽菜に伝える。「今この瞬間、オレはあなたの生徒じゃなくなりましたね」「二度と『先生』なんて呼ばない。オレは、あなたにずっと恋してる男だ――」『教師と生徒』という絶対タブーな関係がなくなったとき、陽菜は――?
  • 青い熱に花は綻(ほころ)び ~教師から女へと変えられた夜~ 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    150pt/165円(税込)
    「先生。オレは今、あなたを落とすと決めました――」名門男子校の新任教師・陽菜(はるな)は、ひょんなことから、教え子のひとりである藍 由鷹(あい・よしたか)からアプローチを受け始める。ひたむきでまっすぐな由鷹の想いに揺らぎそうになる陽菜だったが、『教師と生徒』という関係や『15歳の年齢差』という理由もあり、由鷹のためにも彼の想いを拒絶する。そのまま時が過ぎ、やがて由鷹の卒業式の日。無事に式を終え、『恩師と生徒』として、校門で別れの会話を交わす二人。そして、門の外に足を踏み出した由鷹が陽菜に伝える。「今この瞬間、オレはあなたの生徒じゃなくなりましたね」「二度と『先生』なんて呼ばない。オレは、あなたにずっと恋してる男だ――」『教師と生徒』という絶対タブーな関係がなくなったとき、陽菜は――?

レビュー

青い熱に花は綻(ほころ)び ~教師から女へと変えられた夜~のレビュー

平均評価:4.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) いいところで。。
    すずらんさん 投稿日:2020/10/26
    完結とは、、先生がどう答えたのか続きを読みたかった。。 ふたりの感情が丁寧に描かれていてとてもよかったのにぃ。

高評価レビュー

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ