漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

12歳差の恋人は大胆不敵にキスをする ~【かきおろし漫画付】~

値下げ【期間限定】5/14まで
通常価格:
600pt/660円(税込)
価格:
300pt/330円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.9) 投稿数40件
12歳差の恋人は大胆不敵にキスをする(1巻配信中)

作品内容

「唇だけじゃなく、身体中も愛させて?」 熱い吐息、艶っぽい瞳…駆け引きゼロの甘い要求をもう逸らせないーー。30代も半ばを過ぎ、最後の恋さえ思い出せない日々…――。そんな中、ひと回り下で女嫌いな後輩・米森になぜかグイグイこられて!? 絶対に深入りしないほうがいいのに、いつの間にかはまってしまい……。女嫌いの男が本気の恋をしたら…溺愛が止まらない――!? 共感度100%!! 一途な後輩(※隠れオオカミ)×アラフォー彼女のもどかしさ募る年の差オフィスラブ

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 12歳差の恋人は大胆不敵にキスをする ~【かきおろし漫画付】~
    登録して購入
    値下げ【期間限定】5/14まで
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    価格:
    300pt/330円(税込)
    「唇だけじゃなく、身体中も愛させて?」 熱い吐息、艶っぽい瞳…駆け引きゼロの甘い要求をもう逸らせないーー。30代も半ばを過ぎ、最後の恋さえ思い出せない日々…――。そんな中、ひと回り下で女嫌いな後輩・米森になぜかグイグイこられて!? 絶対に深入りしないほうがいいのに、いつの間にかはまってしまい……。女嫌いの男が本気の恋をしたら…溺愛が止まらない――!? 共感度100%!! 一途な後輩(※隠れオオカミ)×アラフォー彼女のもどかしさ募る年の差オフィスラブ

レビュー

12歳差の恋人は大胆不敵にキスをするのレビュー

平均評価:3.9 40件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 大胆不敵ではないと思う
    くーぽんさん 投稿日:2021/5/4
    なんかもっとグイグイ来る年下かと思って購入したけど、トラウマ抱えたDTでした。現実にこんな2人が部署にいたら、もっとざわつくでしょうね。子犬のようなヒーローでした。

高評価レビュー

  • (5.0) 素敵な二人
    ふうママさん 投稿日:2020/12/31
    綺麗な絵と優しいストーリーが好きです。二人が素敵な人達で出会えて良かったねと思いました。優しく温かい作品で読んでいると穏やかな気持ちになりました。年上の主人公が年の差を気にしていたけれど彼が真っ直ぐに伝えることで素直になれたように感じます。 色んな事があっても二人で乗り越えていくんだろうなぁお互いを包み込むような優しい空気感がいいです。好きな作品の一つです。 もっとみる▼
  • (5.0) 恋して愛して
    ははさん 投稿日:2020/11/10
    女嫌いな人が恋する人に巡り会えてよかったですね。父親のせいで傷ついてまともに恋愛できなくなるなんて悲しいですよ。瑞稀は珠美の様な穏やかな人に憧れてそして恋することにやっと踏み出せて本当に幸せになってください。
  • (5.0) 大満足です。
    くろねこじじさん 投稿日:2020/4/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 1巻で終わりでしたが、起承転結スッキリでした。 女性恐怖症の男性と12歳年上の女性の話。 最後はハッピーエンドでよかったです。 お父さんも不器用だけど一途な優しいパパでした 二人の子供とかみたいなぁ 続きを読む▼
  • (5.0) 歳の差!!
    めるさん 投稿日:2020/6/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 こんな歳の差があるなんて、見えない珠美さん!瑞樹くん!! 歳の差もあり、お互いが好きになって、仕事でも家でも一緒なのがいいなぁ〜。 お父さんへの誤解も解けてよかったな。 続きを読む▼
  • (5.0) 感動しました
    Graffi Leeさん 投稿日:2020/12/10
    感動しています こんな真剣な彼と人好くて優しい彼女との付き合い最高 12歳差の2人は心の破ることを乗り越えて 手を繋いでラブラブ幸せになる 嬉しい
スタッフオススメ!
  • タイトルに惹かれる
    青山りさ先生のかきおろし漫画付きのお得な作品。芦ヶ谷珠美は、自分の単調な生活に嫌気がさしていたが、後輩の米森と飲み会に参加することになり、二人の仲が急展開。衝撃の悩みを抱えている米森と、12歳差を乗り越え幸せになれるのか楽しみに読める。
    制作:のぞ
▲ページTOPへ