マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ少年マンガ小学館サイコミサイコミ×裏少年サンデーコミックス終の退魔師 ―エンダーガイスター―<無修正ver.>終の退魔師 ―エンダーガイスター―<無修正ver.> 13
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
少年マンガ
終の退魔師 ―エンダーガイスター―<無修正ver.> 13
16巻配信中

終の退魔師 ―エンダーガイスター―<無修正ver.> 13

600pt/660円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

フィリピン最強の男、ジャーに対し経験と知恵で互角以上の戦いを繰り広げるアキラ。戦いはアキラの思惑通り進んでいくように見えたが、魔人となったジャーの力が徐々にアキラを追い詰めていく…。しかし、アキラはそれすら見越した次の策を用意していて…!? 魔人と人間、力と知性、果たして最初に優勢を勝ち取るのはどちらだ。ド派手なアクションと息をもつかせぬ予想外な展開が繰り広げられる13巻、発売!

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  16巻まで配信中!

  • 終の退魔師 ―エンダーガイスター―<無修正ver.> 11

    600pt/660円(税込)

    「魔人」を倒すためフィリピンに入国したアキラと千景。
    魔人の痕跡をたどり二人が向かった先は…なぜか場末の結婚相談所…?

    フィリピンマフィア、地下格闘、新たな強敵達、さらに「あの兄弟」との再会--
    力と力がぶつかり合い、頭脳で力を凌駕する。
    マニラを舞台にした魔人討伐ミッションは激しさを増していく!

    電子単行本のみのセクシーイラストおまけも充実の11巻、発売!
  • 終の退魔師 ―エンダーガイスター―<無修正ver.> 12

    600pt/660円(税込)

    魔人の手がかりを探すアキラたちがたどり着いたのはフィリピンの地下格闘だった。更なる情報を得るべくトーナメントに参加したアキラは次々と相手を倒していくが、何故か乱入してきた殺し屋兄弟により事態は混迷を極めていく…。不死身の狼男vs魔人を宿すフィリピン最強の男を筆頭に、クレイジーでクレバーなバトルが繰り広げられる! 魔人討伐のゴングも鳴らされる12巻、刮目!
  • 終の退魔師 ―エンダーガイスター―<無修正ver.> 13

    600pt/660円(税込)

    フィリピン最強の男、ジャーに対し経験と知恵で互角以上の戦いを繰り広げるアキラ。戦いはアキラの思惑通り進んでいくように見えたが、魔人となったジャーの力が徐々にアキラを追い詰めていく…。しかし、アキラはそれすら見越した次の策を用意していて…!? 魔人と人間、力と知性、果たして最初に優勢を勝ち取るのはどちらだ。ド派手なアクションと息をもつかせぬ予想外な展開が繰り広げられる13巻、発売!
  • 終の退魔師 ―エンダーガイスター―<無修正ver.> 14

    600pt/660円(税込)

    ついにジャーの魔人、覚醒。
    次々と策を繰り出しこのままミッション成功するかと思われたアキラと千景。それに対しジャーはついに魔人の力を解放させた。
    「強くなりすぎちゃった」と言い圧倒的な力を発揮するジャーだったが、アキラは最強の格闘術を繰り出す。
    その格闘術の名は――『ガン=カタ』。

    知略、戦略、武力、協力すべてを総動員して戦うアキラ&千景vsジャー。
    決着の時、迫る。
  • 終の退魔師 ―エンダーガイスター―<無修正ver.> 15

    600pt/660円(税込)

    レッドアイの策略により謎の異世界に飛ばされてしまった黒沢アキラ。
    彼はそこで仄白(ほのしろ)あさひという若い女と彼女にとり憑いている悪霊・怨(えん)と出会う。
    異世界からの脱出を目指すべく手を組んだアキラとあさひ、そして怨。その実力やいかに…!

    あさひと怨の出会いを描いた『終の退魔師』の前日譚『VS EVIL』(全3巻)は電子書籍にて好評発売中!!
  • 終の退魔師 ―エンダーガイスター―<無修正ver.> 16

    650pt/715円(税込)

    「お久しぶりです 黒沢さん」

    異世界を脱し相棒の千景と再会を果たした黒沢アキラ。
    二人は新たな魔人を探しに退魔師御三家のひとつ、天願家へと向かう。
    しかしそれはアキラをもってして想像だにしなかった
    最悪の展開への始まりだった…

    大願成就の時、迫る。

レビュー

終の退魔師 ―エンダーガイスター―<無修正ver.>のレビュー

平均評価:4.5 104件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) まるで洋画を観てる気分!
    にゃんこ丸さん 投稿日:2024/6/7
    気付いたら全巻一気買いしてしまった! そして何度も読み返して、伏線を探してしまう。。! エンドロールまで観たいw

高評価レビュー

  • (5.0) 天才っているもんですね。
    うっかりじじぃさん 投稿日:2021/5/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 1〜2巻無料に誘われ読みはじめたところ、気づいた時には3〜6巻まで有料で購入していた・・・しかも無料で読める分までダウンロードしたくて追加購入。悪魔に取り憑かれたとしか思えない。誰か退魔師をよんでくれ。 追記 この漫画の魅力が分からない人にはその辺の4コマ漫画でも読ませとけ! 7巻まで読んだ。いままで読んだ漫画でダントツの面白さ。斬新さ。 ストーリーのテンポがよく、なのに出てくる登場人物がみな魅力的。普通テンポいいとキャラ一人当たりが主張できる魅力は限られるだろうに、どのキャラも生き生きしている。絵も上手く、そしてなにより漫画で初めて見る技法ばかり。 4巻の主人公ビューでの守護者とのバトルにはそこそこ驚かされたが、7巻でもやってくれてた。 「久しぶりだな、新入り」 主人公に襲いかかるライフルの弾。 そこでコマが止まった後、フィルムを巻き戻してるような描写。あの描写によって遥か遥か遠くから正確に狙撃したのが際立って感じられる。なんでマンガでこんな表現できるんだろう。 さらにさらに。 VS EVII の続編でなぜこんな展開にできるんだろう。今だって退魔師の話のはずが、なぜ殺し屋との戦いばかりなの??ピエロだけじゃん、出てきたまともな怨霊は。 でもこの作者の中では、傍から見るとバラバラにしか見えない糸が全て紡がれて一つの作品になっていく姿が完璧にイメージできているのが確信できる。こんなに安心してマンガを楽しめるのって、40年以上色んなマンガ読んできて初めて。 間違いなく天才。 この漫画を描ききった後、この作者は死を迎えるだろう。芸術家としての死を。 続きを読む▼
  • (5.0) 映画以上
    ジュカさん 投稿日:2021/10/5
    前作『VS EVIL』続編(です)として読まなきゃ、世界観に入りづらいので、ぜひとも前作3巻からをお勧めします 冒頭から質の良い映画のようなスタート 各chapter毎に、B級ホラーから名作まで、歴代映画の題名が使われ てます 作者様のシネマ愛に、まず感動 主役は前作ラストに登場した謎の男。。。鈴屋のメンバー、組織は続投、退魔の世界観は、更にスケール大きくワールドワイドに展開 主役アキラ&バディ千景(監督&大女優の名前)のコンビも、素敵 流麗で迫力あるアクション、スリリングなストーリー、魅力的なキャラ祭り、と、面白いcomicの要素は全て押さえて完璧です お色気&グロを理性的に、非日常のエンタメとして楽しめる大人にこそ、お勧めなcomic 私の推しはキャッスル兄弟と、ジャー&ママウ特に、ターキー大好物キャッスル弟。。。動物好きのツボですねまだ未完(現在7巻)ですが、個人的には、このまま映画にして頂きたいくらい、ピカ1面白いストーリー コアな映画好きさんには、特にお勧め優秀comicです もっとみる▼
  • (5.0) めっちゃ面白い
    リトルトモタンさん 投稿日:2021/6/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 無料話数読んで一気に最新巻まで読んでしまいました 最初からテンポ良く面白いです 絵もすごく綺麗で、とにかく内容も面白いし、テンポ良くサクサク読めてあっという間に夢中で読んでしまいました。続巻でるの楽しみです。 主人公の黒澤アキラ、イケメンでめっちゃ強くてかっこいいです。 私個人のタイプとしては店長の東森さんがタイプです。めっちゃ渋くて面白くておちゃめなのに見た目はかっこいい中年のイケオジ。 女のコ達も皆かわいい。逆に皆かわいい見分け付き難い欠点になちゃってるみたいな感じですかねちょっとそこは残念かな? 主人公が日本人名前付けるときに黒澤アキラって希望だったのは、本人が映画好きが嵩じてこの名前なんだろうなぁ〜 色々映画の名前とか俳優の名前とか出てきて、共感出来るし、面白い。 退魔師の使う道具の参考資料も有名SFを参考っておまけ資料に書いてあったし。漫画家作者もかなりの映画好きっぽいですね。 殺戮画はちょっとグロくて残忍だけど、作風がかなりアメコミ風な感じですね。 久々に面白くて良い物読めた!!って納得の漫画です。ぜひぜひおすすめです 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

ハリウッド映画好きは必見のアクション漫画
制作:クリームめろん(シーモアスタッフ)
ドイツで退魔師として仕事をするミヒャエル。退魔師とはエクソシストの別名で悪事を働く魔物、魔人を倒す者たち。ドイツから日本に派遣され、日本名として黒沢アキラ(くろさわあきら)の名前をもらったミヒャエルは日本で起きる様々なミッションに果敢に挑むサイバーアクション漫画。四方山貴史先生によるハリウッド映画のようなアクションシーン。漫画ではなかなか見ない斬新なコマ割りなど、絵を見ているだけでハラハラさせられる魔物とのバトルシーンは必見。ストーリー的にも往年のアメリカ映画を彷彿とさせる作り。そして主人公の名前からも読み取れるが、劇中に頻繁に散りばめられた80年代~90年代のハリウッド映画のセリフ、タイトルが引用されていて本物の映画好きもニヤリと楽しめる大人のアクション漫画!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ