マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

そんな家族なら捨てちゃえば?【紙・電子共通おまけ付き】 1巻

600pt/660円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。(※本電子書籍は『そんな家族なら捨てちゃえば?【単話版】』1~7の内容が含まれております。重複購入にご注意ください。)

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  5巻まで配信中!

  • そんな家族なら捨てちゃえば?【紙・電子共通おまけ付き】 1巻

    600pt/660円(税込)

    篠谷令太郎は、妻と娘から無視され、家庭内で一人、暗く狭い部屋での寝食を強いられていた。廊下にはセロハンテープが貼られ、その線を越えることは禁止されている。「ちょっと変なルールがあるだけ」そう思っていた彼に、ある女性が問いかける。「それ DVじゃないですか」家族の再生を目指す男の運命は――。(※本電子書籍は『そんな家族なら捨てちゃえば?【単話版】』1~7の内容が含まれております。重複購入にご注意ください。)
  • そんな家族なら捨てちゃえば?【紙・電子共通おまけ付き】 2巻

    600pt/660円(税込)

    家庭内で暗く狭い部屋での寝食を強いられている男・篠谷令太郎。妻・和美によって廊下にセロハンテープが貼られ、令太郎は、その線を越えることができない。両親の不和に心を痛める娘・一花は、周囲を驚かせるある行動に打って出る――。複雑に絡み合う家族関係を描く衝撃作。(※本電子書籍は『そんな家族なら捨てちゃえば?【単話版】』8~14の内容が含まれております。重複購入にご注意ください。)
  • そんな家族なら捨てちゃえば?【紙・電子共通おまけ付き】 3巻

    600pt/660円(税込)

    家庭内で一人暗く狭い部屋で生活する夫・令太郎は、妻・和美から寝室を共にすることを提案される。令太郎に辛くあたってきた和美の心情が、少しずつ明らかになっていき…。そして娘・一花の担任教師である荻野は、少しずつ和美との距離を縮めていく。それぞれの家族を思う気持ちが、より問題を深めていく―――。(※本電子書籍は『そんな家族なら捨てちゃえば?【単話版】』15~21の内容が含まれております。重複購入にご注意ください。)
  • そんな家族なら捨てちゃえば?【紙・電子共通おまけ付き】 4巻

    600pt/660円(税込)

    冷え切った関係の夫婦・令太郎と和美は、家族関係を取り戻すために寝室を共にするようになった。一方、娘の一花は自分の殻に閉じこもり不登校を続ける。そんな3人にはそれぞれ救いの手を差し伸べようとする人がいる。同級生、その母親、担任教師…。近づくその手は福音か、それとも悪魔の囁きか――。(※本電子書籍は『そんな家族なら捨てちゃえば?【単話版】』22~28の内容が含まれております。重複購入にご注意ください。)
  • そんな家族なら捨てちゃえば?【紙・電子共通おまけ付き】 5巻

    600pt/660円(税込)

    ほんの少しでも互いを想う気持ちを取り戻しかけた、令太郎・和美・一花の3人。 だが、あるトラブルから令太郎が一花に手をあげたことで、家族関係に大きな亀裂が走る。 そしてついには一花が家出をしてしまい、さらには和美の過去のトラウマも見えてきて…。 令太郎が望む、幸せな家庭が再生する日は訪れるのか――。(※本電子書籍は『そんな家族なら捨てちゃえば?【単話版】』29~35の内容が含まれております。重複購入にご注意ください。)

レビュー

そんな家族なら捨てちゃえば?のレビュー

平均評価:3.4 33件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) 5巻読ませて頂きましたが…
    ケンさん 投稿日:2022/12/2
    「すれちがい」とは何か。偶発的なものが殆どでしょうし、誰であろうと少なからずすれちがいは起こりえます。 だから意見の食い違いや簡素な表現で言えば喧嘩をしてしまうことだってありますし… ですがここまでトントン拍子なすれ違いなど起こりますで しょうか…? それにこれほどの食い違いだらけの関係なのにお付き合い、ましてや結婚なんてするものなのでしょうか…? 主人公の方は今のところですがすごく真面目そうですし、他人を尊重出来るからこそのすれ違いが起きてしまうのですが、このような生真面目そうで誰であろうと大切にしてくださりそうな方なのに、何故授かり婚のような演出から始まるのでしょうか? 私の思い込みも多分に含まれているからこその、こういった解釈になってしまっているとは思いますが 「作者さん側」と「読者側である私」のすれ違いだって起こるんです。を表現されているのでしょうか… 読んでいて段々と不可解な点が次々と見えてきてしまって私はあまり話を楽しむことが出来ませんでした。すみませんがこのようなレビューとして投稿させて頂きます。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) うちの嫁さんがモデルか?てくらいそっくり
    すじあらさん 投稿日:2022/10/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 言動といい、癇癪を起こす時のスイッチの入り方といい、そっくり! 他人事とは思えず、一気に最新刊まで読破。うちは子供いないので、授かってたifストーリーとして読ませて頂きました。 作者の公正さや懐の深さが伺える、良い作品でした。 まず登場人物の容姿が公平で、善人に見せたい側を美化したり悪人に見せたい側を醜く描くような稚拙で主観的な書き分けをしていない点でも好感が持てました。主な登場人物に落ち度のない完璧な大人はいません。これも凄くリアル。現実でもそう。 誰もが大小あれど至らない所はあるもの、人間なんてみんなどこか少しずつおかしいもんです。 女性は感情的になりやすく情緒不安定な傾向があるのも、男性が自分の心情を言葉に出したがらない不器用な傾向があるのも、単なる性差だと思います。 昨今の夫婦関係では、どちらにより非があるか、どちらが改めるべきかというような視点に捕らわれがちですが、それでは改善の道は見えてきません。 今は仲良しですが、ウチが昔そうでしたから。 他の方のコメントでは、特に妻の和美が非難されているようですが、廊下で寝ている夫を寝室に招き入れた時や、美術館で夫の事を考えている時など、夫の存在を必要としているのは感じ取れます。 子供に対する執着も、的外れや空回りでも無関心より余程まし。相手を肯定する視点で探せば、関係修復の道は見えてきます。 別れるべき夫婦と切り捨てればそこで終わりです。 関係を修復していくにはどうしたらいいか、登場人物の視点になってパズルや謎解きのように悩み考えて進むととても楽しめました。 続きが気になる! 続きを読む▼
  • (5.0) 破られた写真の意味
    モンデゴさん 投稿日:2022/3/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 3巻を読んで今更になって気づいたのですが、1巻の表紙でもある破られた写真はお父さん側はボロボロですが、奥さんと娘さんの方は綺麗になっています。これは、二人だけは傷つけないようにしてきた主人公の在り方なのではないかな?と、今更になって感じました。 奥さんは幼い頃に受けてきた境遇も見えてきており、自分の中で気持ちが溢れてしまう場面が多々あるけど、主人公は頑なに、それも知った上で守ろうとしているように見えます。奥さんは容姿がいいだけに、すり寄る男もいますが、見えない絆。娘さんの聡明さ。関係を狂わせるべく奸計を巡らす教員。よくわからないシングルマザー。これからどうなっていくのか。 今、一番気になる作品です。 続きを読む▼
  • (5.0) 暗さの中に僅かな光を感じる話
    JACKさん 投稿日:2022/5/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 余りに不器用な生き方しか出来ない主人公に、他人を理解しようとしない妻、既婚者である主人公を(恐らく)恋愛的に狙っている女性に、他者を容易く決めつける担任と、この話に出てくる登場人物は全体的にどうしようもないほどの欠点を持っています。 しかしそれと同時に、主人公の過去のトラウマに耐えながらも相手に寄り添おうとする愛情や、妻の理解できないなりに主人公との関係を続けようとする意思、そして二人の間を取り持とうと奔走する娘の姿はどこか人間としての力強さを感じさせます。 続きを読む▼
  • (5.0) 思っていたより重くない。暗くない。
    どりいさん 投稿日:2022/11/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 崩壊した家族なのかと思ったら、被害者と思っていたお父さんは、思慮深いし、一花ちゃんも頭がいい。 お母さんには、捻れちゃった過去がありそうだけど。ちょっと子供じみてるよね。、光くん母子やクラスメートが優しいし、再生出来そうだったのに、1人不気味なのが担任だよね。こいつのやらしさが全て拗らさせてるよね。本当にレイタロウさん、殴っちゃえば良かったのに!‥とマジ思う。家出先のおじいちゃんに救いがありそうだ。みんな頑張って!早く続き見たいです。 続きを読む▼
  • (5.0) 引き込まれます
    Yokkoさん 投稿日:2022/11/5
    とても良い作品だと思いますが、想像以上に評価が低くて驚きました。読む年齢にも寄るのかもしれません。とてもリアルで考えさせられる内容で、夫婦間や親子間の"目に見えたり見えなかったりの"問題に引き込まれます。一花の健気さにうるうるきました。

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

本人には分からない
(編集者レビュー)
「あなたにとって、本当に家族は必要ですか?」妻と娘から無視され、家庭で孤立する夫。それでも一緒に暮らし続けている。関係は修復するのか、それとも一家は崩壊への道を辿るのか…。家族の存在意義を問う衝撃作!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ