電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

テスラノート(3) NEW

通常価格:
450pt/495円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(5.0) 投稿数1件
テスラノート(3巻配信中)

作品内容

彼らに失敗は許されない。
今世紀最強の超本格スパイアクション!!!
『ミッションT』──、それは世界を破滅から救うための諜報作戦!

世界を破滅に導きかねない超常的な力を秘めた「テスラの欠片」。忍者として育てられた女子高生の牡丹と、チャラいが正義感は強い諜報員・クルマの二人はその回収の任務につく。シカゴでは、マフィア、CIAとの激しい「テスラの欠片」争奪戦に巻き込まれピンチの連続に遭い、その後「テスラの欠片」を狙う謎の組織「小さな家」もついに接触を図ってきて事態は混乱を増すばかり。二人は任務を成功させることができるのか!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • テスラノート(1)
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    彼らに失敗は許されない。
    今世紀最強の超本格スパイアクション!!!
    『ミッションT』──、それは世界を破滅から救うための諜報作戦!


    幼少期から忍者として教育を受け、最高の諜報員として育て上げられた主人公・根来牡丹は、ちゃらいが優秀な諜報員・クルマとコンビを組み、世界の命運を懸けた任務に挑む。任務の目的は、天才発明家二コラ・テスラの遺産であり、超常的な力を秘めた「テスラの欠片」を回収すること。欠片を狙う他国の諜報員たちを出し抜き、二人は任務を達成できるのか!?
  • テスラノート(2)
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    彼らに失敗は許されない。
    今世紀最強の超本格スパイアクション!!!
    『ミッションT』──、それは世界を破滅から救うための諜報作戦!

    忍者の末裔であり、最高の諜報員として育て上げられた主人公・根来牡丹は、チャラいが優秀な諜報員・クルマと共に、超常的な力を秘めた「テスラの欠片」を回収する任務につく。舞台はシカゴ。マフィアの抗争が激化する街で、雷を操る欠片を持つ謎の人物「プリギエーラ」を見つけ出し、彼らは任務を達成できるのか!? 世界の命運を懸けた超本格スパイアクション!!
  • テスラノート(3)
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    彼らに失敗は許されない。
    今世紀最強の超本格スパイアクション!!!
    『ミッションT』──、それは世界を破滅から救うための諜報作戦!

    世界を破滅に導きかねない超常的な力を秘めた「テスラの欠片」。忍者として育てられた女子高生の牡丹と、チャラいが正義感は強い諜報員・クルマの二人はその回収の任務につく。シカゴでは、マフィア、CIAとの激しい「テスラの欠片」争奪戦に巻き込まれピンチの連続に遭い、その後「テスラの欠片」を狙う謎の組織「小さな家」もついに接触を図ってきて事態は混乱を増すばかり。二人は任務を成功させることができるのか!?

レビュー

テスラノートのレビュー

平均評価:5.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 牡丹ちゃん
    りよんさん 投稿日:2021/4/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 絵はスッキリしていて綺麗です。時空が歪んだせいなのか、融けた人体の表現は結構キチャイマス。 忍者の訓練を積んだという牡丹ちゃん、まだまだこれからスゴい能力を見せてくれそうです。 相棒との今後の絡みも楽しみです。ひきつった笑顔もなかなか面白いです。 19世紀最高というか、地上の地球人において最高の天才ニコラ・テスラが題材ということで、興味は尽きません。 アクション、SF、スリル、サスペンスに、おそらくラブコメも網羅しています。 映画になっても面白そうだし、これはウケる作品→化ける作品になる予感! 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ