マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

ヤンデレ魔法使いは石像の乙女しか愛せない 魔女は愛弟子の熱い口づけでとける 【短編】10

180pt/198円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「彼女さえいなければ人間なんて滅んでしまってもいいのに」やさしいばかりのララに怒りを覚えてもいいのにと思いなやむアリステア。そんなおり思い出したのは彼女と出会う前のひどく辛い出来事で…?

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  12巻まで配信中!

レビュー

ヤンデレ魔法使いは石像の乙女しか愛せない 魔女は愛弟子の熱い口づけでとける 【短編】のレビュー

平均評価:4.7 478件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 最高すぎる
    だひりさん 投稿日:2022/12/3
    絵も内容も面白くて切なくて、愛しくて、こんなに全てが綺麗な作品は初めてです。もう何回も読み直してます。早く続きを!!

高評価レビュー

  • (5.0) 読んで私の第一声はこれです。「天才か!」
    しほのすけさん 投稿日:2022/10/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 主人公のララが石化から目覚めるまでに20年が過ぎていました。その間に、彼女を崇拝するほどに恋焦がれる弟子のアリステアは32歳の男盛りに成長していて一国の主となっていた…というお話です。おねショタから一気に年の差男女のカップルに移行し、女性目線で二度美味しい漫画となっています。そこで表題の「天才か!」です。なかなかありそうでなかった設定で、もはや発明だと思います。かわいいちびっ子の8歳から美しいアンニュイな色気の12歳、そして神々しいホルモンダダ漏れ32歳へ…この進化、まるでポケ〇ンであります。なんという高個体値でしょうか。話が1話ごとに過去と現在を行き来するので2キャラから求婚されるような感覚で読めるのも良いです。セキモリさんの絵もとっても綺麗で、お顔から建物洋服体つきなどほんとに素敵ですし、なにより描写がいちいち良いんですよ。ベッドシーンで暗くてララの肢体がよく見えなかったのか、アリスが天蓋のカーテンを開けるところとか、そういう他では見られない動作が多く見られていちいち萌えます。作者のクレインさんにしても、祈りのポーズで石化したララの各処がやっと見られて喜ぶシーンや、1度くらい本気で怒られたいと渇望していたアリスに唯一声を荒らげたのは彼を本気で守ろうとした時だけだったとか、随所に見られるこのこまやかな設定が素晴らしいです。行き当たりばったりのそこらの作品とは格が違ってお話とキャラクターが練りに練られていると感じました。ただね…これだけは言いたい。なぜ!!!中途半端に!!!アダルトなシーンを入れたのか!!!!!これは最大の問題であります。ただでさえ素晴らしいこの作品に、果たしてぬちゃぬちゃぬぽぬぽシーンは必要であったでしょうか。愛が溢れすぎていきなり自分のものにしてしまったというのは理解できるのですがどうでしょうか皆さん。私はヤンデレ特有の快楽堕ちエンドも好きですが、アリスはあくまで崇拝/甘やかしたい願望の方が強そうなので特にそう思いました。ぜひともこの二人には純愛を貫いて欲しかった。けれどもここまで来たらもう二人をあたたかく見守るだけです。最終回はハチャメチャに気持ちよくなってね(ニッコリ) 続きを読む▼
  • (5.0) 不穏
    ニックネームさん 投稿日:2022/6/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 10巻まで読みました。 アリスの心情がどんどん吐露されて、表面上は何を考えていたかわかりにくかった彼の思いが明らかになってきました。いつもツンケンしてるようでちゃんと心の柔らかい部分も育ってました。生来の賢さに加えて人を見る力、人と関わる力、そして強大な魔力...もう超人です。唯一の弱点は師匠に依存していることですね。ここを突かれたら彼は簡単に破滅するでしょう。(世の愛妻家の常ですね) 一方ララには大地母神的な属性があるようです。豊かな胸や行為を拒まないところは単なる読者サービスではなく、そういう意味も含むのかと合点しました。同性でも憧れる素晴らしいお胸です。マリエッタさんに強く同意します。 話を戻します。ということは、彼女が怒らないのはありがたいことで、もし怒ったら大地震が起きそうな気がします。 彼女の怒りを引き出すには、彼女を深く悲しませる必要があり、それは誰かが痛みを負わされる場面に直面しなければならないと考えます。 予想ですが、おそらくアリステアがそうなるのでしょう。怒りを出して初めて、彼女は自分の感情を素直に言えるようになると思います。ちょっとカタストロフィの気配もしますがそれもまた楽しみです。 10巻最後、不穏な言葉が現れました。彼女は命を落としたとあります。石になることで命をつないだのではないのですか?もし命を失ったのであれば、それを取り戻す為に、実はアリステアが大きな犠牲を払ったのではないのか?とこっちもドキドキします。 こうなるともう、石像舐めとかイチャイチャとかが、ただの変態行為ではなく「願掛けみたいなもの」というように彼女に生命エネルギーを分け与える儀式にすら見えてきます。そうだったらどうしよう。 もうこれは最後まで見届けるしかない。二人の前途が明るいものでありますように。 来月が楽しみです。 続きを読む▼
  • (5.0) ヤンデレじゃないよ
    へちゃさん 投稿日:2022/8/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 複雑な事情があるんです!師匠ララに溢れる愛情で育てられたら、それはもう幾ら年の差があっても好きになってしまうと思う。ララはとても可愛いし。そんな彼女が長年石のままで、しかも生を取り戻したら愛が多少(?)重くなったとしても仕方のないことですよね。ララさん、広い心で受け止めてあげて〜!毎回次が待ち切れない作品です!2022.11.1に最新話11を購入。最近1話ずつの進みがと〜っってもゆっくりになってきている印象。従来の私ならば牛歩のあゆみに愚痴をこぼすところですが、今の所丁寧なストーリーの進みを感じるので◎です。ヒーローのアリステアが涙ぐましい程に師匠のララに妄信的に一途。それはもう相変わらず病的で重々しくて。でもそういうの、諸々ふっ飛ばして応援したくなるし支えてあげたくヒーローです。彼の生い立ちとか境遇とか…苦労の連続。兎に角切ないし、多少ひねくれて育っても寛大な心で見守って欲しいと毎回配信の度にそう思ってます!賢く大人なアリステア、希望を捨てずに成長してほしい!2022.12.1に12を購入です。もうね…居ても立っても居られずまたまたレビュー追記です。アリステアの目的達成と絶望…からの希望。アリステア心が忙しいの巻です。「お前こんなに弱かったのか」と呟くアリス。石像のララにマントを羽織らせるアリス。こんな胸がぎゅーっとなるシーンばかりで私の身体も辛い!いや、もうね…。こんなに感情移入してしまう作品久しぶり過ぎてジェットコースターに乗っているよう。揺さぶられています。どうなってしまうの私?! 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

引き裂かれてしまった師匠を一途に想い続ける愛弟子。ドラゴンの討伐が二人の運命を変える溺愛ラブファンタジー
設計:チェック (シーモアスタッフ)
国家魔術師の主人公・ララには、愛弟子・アリステアがいます。師匠であるララに求婚するほど彼女のことを慕う、アリステア。ある日、ララのもとに魔物退治の依頼が舞い込みます。弟子を連れ、討伐に向かうと目の前には危険な魔物のドラゴンが。逃げ切れないと判断したララはアリステアを逃がし、自分は石像となることを選びます。 ララはアリステアに師弟愛を抱き、アリステアはララに師匠としてだけではなく女性として思いを募らせていました。そんな二人を引き裂いたのが、世界で一番危険な魔物であるドラゴン。弟子のアリステアを守るためララは魔法で石像になりますが、その代償はあまりにも大きいものでした。ララがアリステアからの口づけで目覚めたとき、オネショタのアリステアがどう変わっているのか、その姿を見てララがどんな反応をするのか…! 原作はクレイン、漫画はセキモリの最強コンビが贈る大人気コミックです! 師匠と愛弟子だったララとアリステアの関係性の変化が気になるなら、まずは試し読みだけでもどうぞ。
時が経ったら変わり過ぎ!?
(編集者レビュー)
時限式石化魔法が解けたら恋愛対象外だった弟子が性癖ドストライクのイケメンに成長して求愛される!?キャラの心情や表情が細かく、思わず応援しながら読んでしまいます。続きが気になる方は原作小説もぜひ!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ