マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)コミックcomicocomicoHigh pulse【タテヨミ】第 39 話
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

誰もが18歳の誕生日になると、男性はアルファ、女性はオメガが発現するがごく稀にその逆の発現をすることがあり、同じ性質を持った者同士は生物学的に惹かれ合わない。先天的に体の弱いチョン・ウンジェは病院近くの高校に転校してきて、過去に縁のあるキム・ジンヒョンに会った。ジンヒョンはウンジェを覚えていないように見えたが、当然だった。 お互いを覚えているには2人はとても幼かった。ただウンジェにとっては特別なそれでいて忘れかけていたちっぽけな思い出。そんなある日。食堂であやまってジンヒョンの頭の上にわかめスープをこぼしてしまった。殴られるかと思ったが、ジンヒョンはそうしなかった。 ワイシャツの袖であごと頬、そして首の内側をゆっくり拭くだけだった。トイレで一人で制服を洗っていたジンヒョンは、後をついてきたウンジェにこう言った。「お前、俺のこと知ってるだろ」しかし、なぜか本当のことを言いたくなかった。「こ…この学校で君のことを知らない人はいないよ…」「まあ、お前みたいな奴と出会ってたら忘れるわけないか」ジンヒョンがウンジェのネクタイの結び目に指をかけた。 力のこもった指にネクタイが緩んだ。ネクタイがほどけただけなのに、ワイシャツ全体が脱がされた気分だった。「ところでウンジェ俺に言うことがあるんじゃないか?」

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  48巻まで配信中!

  • 第 31 話

    50pt/55円(税込)

    誰もが18歳の誕生日になると、男性はアルファ、女性はオメガが発現するがごく稀にその逆の発現をすることがあり、同じ性質を持った者同士は生物学的に惹かれ合わない。先天的に体の弱いチョン・ウンジェは病院近くの高校に転校してきて、過去に縁のあるキム・ジンヒョンに会った。ジンヒョンはウンジェを覚えていないように見えたが、当然だった。 お互いを覚えているには2人はとても幼かった。ただウンジェにとっては特別なそれでいて忘れかけていたちっぽけな思い出。そんなある日。食堂であやまってジンヒョンの頭の上にわかめスープをこぼしてしまった。殴られるかと思ったが、ジンヒョンはそうしなかった。 ワイシャツの袖であごと頬、そして首の内側をゆっくり拭くだけだった。トイレで一人で制服を洗っていたジンヒョンは、後をついてきたウンジェにこう言った。「お前、俺のこと知ってるだろ」しかし、なぜか本当のことを言いたくなかった。「こ…この学校で君のことを知らない人はいないよ…」「まあ、お前みたいな奴と出会ってたら忘れるわけないか」ジンヒョンがウンジェのネクタイの結び目に指をかけた。 力のこもった指にネクタイが緩んだ。ネクタイがほどけただけなのに、ワイシャツ全体が脱がされた気分だった。「ところでウンジェ俺に言うことがあるんじゃないか?」
  • 第 32 話

    50pt/55円(税込)

    誰もが18歳の誕生日になると、男性はアルファ、女性はオメガが発現するがごく稀にその逆の発現をすることがあり、同じ性質を持った者同士は生物学的に惹かれ合わない。先天的に体の弱いチョン・ウンジェは病院近くの高校に転校してきて、過去に縁のあるキム・ジンヒョンに会った。ジンヒョンはウンジェを覚えていないように見えたが、当然だった。 お互いを覚えているには2人はとても幼かった。ただウンジェにとっては特別なそれでいて忘れかけていたちっぽけな思い出。そんなある日。食堂であやまってジンヒョンの頭の上にわかめスープをこぼしてしまった。殴られるかと思ったが、ジンヒョンはそうしなかった。 ワイシャツの袖であごと頬、そして首の内側をゆっくり拭くだけだった。トイレで一人で制服を洗っていたジンヒョンは、後をついてきたウンジェにこう言った。「お前、俺のこと知ってるだろ」しかし、なぜか本当のことを言いたくなかった。「こ…この学校で君のことを知らない人はいないよ…」「まあ、お前みたいな奴と出会ってたら忘れるわけないか」ジンヒョンがウンジェのネクタイの結び目に指をかけた。 力のこもった指にネクタイが緩んだ。ネクタイがほどけただけなのに、ワイシャツ全体が脱がされた気分だった。「ところでウンジェ俺に言うことがあるんじゃないか?」
  • 第 33 話

    50pt/55円(税込)

    誰もが18歳の誕生日になると、男性はアルファ、女性はオメガが発現するがごく稀にその逆の発現をすることがあり、同じ性質を持った者同士は生物学的に惹かれ合わない。先天的に体の弱いチョン・ウンジェは病院近くの高校に転校してきて、過去に縁のあるキム・ジンヒョンに会った。ジンヒョンはウンジェを覚えていないように見えたが、当然だった。 お互いを覚えているには2人はとても幼かった。ただウンジェにとっては特別なそれでいて忘れかけていたちっぽけな思い出。そんなある日。食堂であやまってジンヒョンの頭の上にわかめスープをこぼしてしまった。殴られるかと思ったが、ジンヒョンはそうしなかった。 ワイシャツの袖であごと頬、そして首の内側をゆっくり拭くだけだった。トイレで一人で制服を洗っていたジンヒョンは、後をついてきたウンジェにこう言った。「お前、俺のこと知ってるだろ」しかし、なぜか本当のことを言いたくなかった。「こ…この学校で君のことを知らない人はいないよ…」「まあ、お前みたいな奴と出会ってたら忘れるわけないか」ジンヒョンがウンジェのネクタイの結び目に指をかけた。 力のこもった指にネクタイが緩んだ。ネクタイがほどけただけなのに、ワイシャツ全体が脱がされた気分だった。「ところでウンジェ俺に言うことがあるんじゃないか?」
  • 第 34 話

    50pt/55円(税込)

    誰もが18歳の誕生日になると、男性はアルファ、女性はオメガが発現するがごく稀にその逆の発現をすることがあり、同じ性質を持った者同士は生物学的に惹かれ合わない。先天的に体の弱いチョン・ウンジェは病院近くの高校に転校してきて、過去に縁のあるキム・ジンヒョンに会った。ジンヒョンはウンジェを覚えていないように見えたが、当然だった。 お互いを覚えているには2人はとても幼かった。ただウンジェにとっては特別なそれでいて忘れかけていたちっぽけな思い出。そんなある日。食堂であやまってジンヒョンの頭の上にわかめスープをこぼしてしまった。殴られるかと思ったが、ジンヒョンはそうしなかった。 ワイシャツの袖であごと頬、そして首の内側をゆっくり拭くだけだった。トイレで一人で制服を洗っていたジンヒョンは、後をついてきたウンジェにこう言った。「お前、俺のこと知ってるだろ」しかし、なぜか本当のことを言いたくなかった。「こ…この学校で君のことを知らない人はいないよ…」「まあ、お前みたいな奴と出会ってたら忘れるわけないか」ジンヒョンがウンジェのネクタイの結び目に指をかけた。 力のこもった指にネクタイが緩んだ。ネクタイがほどけただけなのに、ワイシャツ全体が脱がされた気分だった。「ところでウンジェ俺に言うことがあるんじゃないか?」
  • 第 35 話

    50pt/55円(税込)

    誰もが18歳の誕生日になると、男性はアルファ、女性はオメガが発現するがごく稀にその逆の発現をすることがあり、同じ性質を持った者同士は生物学的に惹かれ合わない。先天的に体の弱いチョン・ウンジェは病院近くの高校に転校してきて、過去に縁のあるキム・ジンヒョンに会った。ジンヒョンはウンジェを覚えていないように見えたが、当然だった。 お互いを覚えているには2人はとても幼かった。ただウンジェにとっては特別なそれでいて忘れかけていたちっぽけな思い出。そんなある日。食堂であやまってジンヒョンの頭の上にわかめスープをこぼしてしまった。殴られるかと思ったが、ジンヒョンはそうしなかった。 ワイシャツの袖であごと頬、そして首の内側をゆっくり拭くだけだった。トイレで一人で制服を洗っていたジンヒョンは、後をついてきたウンジェにこう言った。「お前、俺のこと知ってるだろ」しかし、なぜか本当のことを言いたくなかった。「こ…この学校で君のことを知らない人はいないよ…」「まあ、お前みたいな奴と出会ってたら忘れるわけないか」ジンヒョンがウンジェのネクタイの結び目に指をかけた。 力のこもった指にネクタイが緩んだ。ネクタイがほどけただけなのに、ワイシャツ全体が脱がされた気分だった。「ところでウンジェ俺に言うことがあるんじゃないか?」
  • 第 36 話

    50pt/55円(税込)

    誰もが18歳の誕生日になると、男性はアルファ、女性はオメガが発現するがごく稀にその逆の発現をすることがあり、同じ性質を持った者同士は生物学的に惹かれ合わない。先天的に体の弱いチョン・ウンジェは病院近くの高校に転校してきて、過去に縁のあるキム・ジンヒョンに会った。ジンヒョンはウンジェを覚えていないように見えたが、当然だった。 お互いを覚えているには2人はとても幼かった。ただウンジェにとっては特別なそれでいて忘れかけていたちっぽけな思い出。そんなある日。食堂であやまってジンヒョンの頭の上にわかめスープをこぼしてしまった。殴られるかと思ったが、ジンヒョンはそうしなかった。 ワイシャツの袖であごと頬、そして首の内側をゆっくり拭くだけだった。トイレで一人で制服を洗っていたジンヒョンは、後をついてきたウンジェにこう言った。「お前、俺のこと知ってるだろ」しかし、なぜか本当のことを言いたくなかった。「こ…この学校で君のことを知らない人はいないよ…」「まあ、お前みたいな奴と出会ってたら忘れるわけないか」ジンヒョンがウンジェのネクタイの結び目に指をかけた。 力のこもった指にネクタイが緩んだ。ネクタイがほどけただけなのに、ワイシャツ全体が脱がされた気分だった。「ところでウンジェ俺に言うことがあるんじゃないか?」
  • 第 37 話

    50pt/55円(税込)

    誰もが18歳の誕生日になると、男性はアルファ、女性はオメガが発現するがごく稀にその逆の発現をすることがあり、同じ性質を持った者同士は生物学的に惹かれ合わない。先天的に体の弱いチョン・ウンジェは病院近くの高校に転校してきて、過去に縁のあるキム・ジンヒョンに会った。ジンヒョンはウンジェを覚えていないように見えたが、当然だった。 お互いを覚えているには2人はとても幼かった。ただウンジェにとっては特別なそれでいて忘れかけていたちっぽけな思い出。そんなある日。食堂であやまってジンヒョンの頭の上にわかめスープをこぼしてしまった。殴られるかと思ったが、ジンヒョンはそうしなかった。 ワイシャツの袖であごと頬、そして首の内側をゆっくり拭くだけだった。トイレで一人で制服を洗っていたジンヒョンは、後をついてきたウンジェにこう言った。「お前、俺のこと知ってるだろ」しかし、なぜか本当のことを言いたくなかった。「こ…この学校で君のことを知らない人はいないよ…」「まあ、お前みたいな奴と出会ってたら忘れるわけないか」ジンヒョンがウンジェのネクタイの結び目に指をかけた。 力のこもった指にネクタイが緩んだ。ネクタイがほどけただけなのに、ワイシャツ全体が脱がされた気分だった。「ところでウンジェ俺に言うことがあるんじゃないか?」
  • 第 38 話

    50pt/55円(税込)

    誰もが18歳の誕生日になると、男性はアルファ、女性はオメガが発現するがごく稀にその逆の発現をすることがあり、同じ性質を持った者同士は生物学的に惹かれ合わない。先天的に体の弱いチョン・ウンジェは病院近くの高校に転校してきて、過去に縁のあるキム・ジンヒョンに会った。ジンヒョンはウンジェを覚えていないように見えたが、当然だった。 お互いを覚えているには2人はとても幼かった。ただウンジェにとっては特別なそれでいて忘れかけていたちっぽけな思い出。そんなある日。食堂であやまってジンヒョンの頭の上にわかめスープをこぼしてしまった。殴られるかと思ったが、ジンヒョンはそうしなかった。 ワイシャツの袖であごと頬、そして首の内側をゆっくり拭くだけだった。トイレで一人で制服を洗っていたジンヒョンは、後をついてきたウンジェにこう言った。「お前、俺のこと知ってるだろ」しかし、なぜか本当のことを言いたくなかった。「こ…この学校で君のことを知らない人はいないよ…」「まあ、お前みたいな奴と出会ってたら忘れるわけないか」ジンヒョンがウンジェのネクタイの結び目に指をかけた。 力のこもった指にネクタイが緩んだ。ネクタイがほどけただけなのに、ワイシャツ全体が脱がされた気分だった。「ところでウンジェ俺に言うことがあるんじゃないか?」
  • 第 39 話

    50pt/55円(税込)

    誰もが18歳の誕生日になると、男性はアルファ、女性はオメガが発現するがごく稀にその逆の発現をすることがあり、同じ性質を持った者同士は生物学的に惹かれ合わない。先天的に体の弱いチョン・ウンジェは病院近くの高校に転校してきて、過去に縁のあるキム・ジンヒョンに会った。ジンヒョンはウンジェを覚えていないように見えたが、当然だった。 お互いを覚えているには2人はとても幼かった。ただウンジェにとっては特別なそれでいて忘れかけていたちっぽけな思い出。そんなある日。食堂であやまってジンヒョンの頭の上にわかめスープをこぼしてしまった。殴られるかと思ったが、ジンヒョンはそうしなかった。 ワイシャツの袖であごと頬、そして首の内側をゆっくり拭くだけだった。トイレで一人で制服を洗っていたジンヒョンは、後をついてきたウンジェにこう言った。「お前、俺のこと知ってるだろ」しかし、なぜか本当のことを言いたくなかった。「こ…この学校で君のことを知らない人はいないよ…」「まあ、お前みたいな奴と出会ってたら忘れるわけないか」ジンヒョンがウンジェのネクタイの結び目に指をかけた。 力のこもった指にネクタイが緩んだ。ネクタイがほどけただけなのに、ワイシャツ全体が脱がされた気分だった。「ところでウンジェ俺に言うことがあるんじゃないか?」
  • 第 40 話

    50pt/55円(税込)

    誰もが18歳の誕生日になると、男性はアルファ、女性はオメガが発現するがごく稀にその逆の発現をすることがあり、同じ性質を持った者同士は生物学的に惹かれ合わない。先天的に体の弱いチョン・ウンジェは病院近くの高校に転校してきて、過去に縁のあるキム・ジンヒョンに会った。ジンヒョンはウンジェを覚えていないように見えたが、当然だった。 お互いを覚えているには2人はとても幼かった。ただウンジェにとっては特別なそれでいて忘れかけていたちっぽけな思い出。そんなある日。食堂であやまってジンヒョンの頭の上にわかめスープをこぼしてしまった。殴られるかと思ったが、ジンヒョンはそうしなかった。 ワイシャツの袖であごと頬、そして首の内側をゆっくり拭くだけだった。トイレで一人で制服を洗っていたジンヒョンは、後をついてきたウンジェにこう言った。「お前、俺のこと知ってるだろ」しかし、なぜか本当のことを言いたくなかった。「こ…この学校で君のことを知らない人はいないよ…」「まあ、お前みたいな奴と出会ってたら忘れるわけないか」ジンヒョンがウンジェのネクタイの結び目に指をかけた。 力のこもった指にネクタイが緩んだ。ネクタイがほどけただけなのに、ワイシャツ全体が脱がされた気分だった。「ところでウンジェ俺に言うことがあるんじゃないか?」

レビュー

High pulse【タテヨミ】のレビュー

平均評価:4.0 6件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 20話まで読んだ感想
    ひじさん 投稿日:2023/11/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 絵が好みなのと、なんとなく再会ものっぽい展開にひかれ購入。受けと攻めの関係性は王道って感じだけど現在20話まで読んだところでまだバース性は発現せず。比較的ゆっくりと、関係性が深まっていくという受けも攻めも惹かれていく感じがしています。時折、「ん!?ここ、どーゆーこと!?」となり共感しにくいというかこれはどういう感情なのか?となってしまうけど、19〜20話あたりで攻めの態度が明らかに好意を示して来てるのでこれからの2人の関係がどう変わっていくのか楽しみです! 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) ほのぼの
    イグアナ☆さん 投稿日:2023/6/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 私は好きな作品です。 受けは可愛くて、攻めはカッコいい!! 値段も毎回、安いです!! ただ、受けの子が、オメガなのか?アルファなのか? 私はオメガ希望ですが!! 早く、知りたいです。 完結まで追いかけます!! 続きを読む▼
  • (4.0) 絵が好みです!
    あないるさん 投稿日:2023/3/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 最近タテヨミ作品にはまったのと、こちらの作品の絵がとても好みだったので最新話まで(現在28話?くらい)購入。主人公の2人は何かきっかけがあって…という感じではなく、運命的な何かを感じて?惹かれあった様子…。オメガバース作品なので運命の力的なものはあるようです。学生もの、青春ものだからか進みはものすごく遅いです!お互い相手になにかを感じてはいるものの、最近の話でやっと付き合うことになって、まだキスしかしてません!しかもこの作品は18歳の誕生日を迎えるとアルファかオメガが発現(だいたいは男がアルファ、女がオメガと決まっていますが例外もあるそう)しますが、受けくんはまだ誕生日を迎えていないので性別がわかっておらず、それによって今後の2人の関係にも影響が出そうな感じ…簡単には上手くいかなさそう?こういう特殊なオメガバースははじめてなので今後どんな展開になるか気になります!早く2人のエチシーンを見たいという期待と、絵が好みということで、星4! 続きを読む▼
  • (4.0) うーん
    loveminnieさん 投稿日:2023/4/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 まだ何も始まってないし起きそうもないところまでしか読んでませんのでどうなるのか?まだバース前なのでもちろんエロ無し。バース系特有のドエロを期待してますがこれからエロくなるように思えないんですが。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ