マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ青年マンガスクランブルSTUDIO SCRAMBLEうさぎとそら【タテヨミ】うさぎとそら【タテヨミ】11話 洞察
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

うさぎとそら【タテヨミ】11話 洞察

58pt/63円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

【販売終了】

【重要】販売終了のお知らせ

本作品は諸般の事情により「2024年4月17日23時59分」をもちまして販売終了させていただくこととなりました。ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

※本商品は「うさぎとそら」という名称で、横スクロール形式でも販売をしております。収録内容に変更はありませんので、重複購入にご注意ください。
【あらすじ】
~今をさかのぼること数百年前...突如、常世から姿を現した悪しき神霊たちは、現世において悪逆非道の限りを尽くし、人々を畏れさせた。だが、ある時ひとりの若き僧が法力をもって各地に跋扈(ばっこ)する神霊たちを祓い(はらい)、永月寺にある御神木の根元の祠に封印。その後、歴代の住職は『祀り人(まつりびと)』として、その役目を果たし、世の安寧を願い続けた~この物語は、主人公の若き僧“一空”(いっくう)が、謎に包まれた相棒の神様“眠兎”(みんと)と絆を深めながら、悪しき霊達との闘いを繰り広げる霊能バトルファンタジーである。

【11話】
「三猫(みねこ)」の中でも実力が一番上の「聞猫(きかねこ)」が相手では、さすがに無理だろうと「萌那果(もなか)」が思った時、一空があることに気づく...自分の考えに確信を持った一空と、その表情に、成長を感じ取った眠兎。2人の反撃が始まる。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ 

  • うさぎとそら【タテヨミ】11話 洞察
    ※本商品は「うさぎとそら」という名称で、横スクロール形式でも販売をしております。収録内容に変更はありませんので、重複購入にご注意ください。
    【あらすじ】
    ~今をさかのぼること数百年前...突如、常世から姿を現した悪しき神霊たちは、現世において悪逆非道の限りを尽くし、人々を畏れさせた。だが、ある時ひとりの若き僧が法力をもって各地に跋扈(ばっこ)する神霊たちを祓い(はらい)、永月寺にある御神木の根元の祠に封印。その後、歴代の住職は『祀り人(まつりびと)』として、その役目を果たし、世の安寧を願い続けた~この物語は、主人公の若き僧“一空”(いっくう)が、謎に包まれた相棒の神様“眠兎”(みんと)と絆を深めながら、悪しき霊達との闘いを繰り広げる霊能バトルファンタジーである。

    【11話】
    「三猫(みねこ)」の中でも実力が一番上の「聞猫(きかねこ)」が相手では、さすがに無理だろうと「萌那果(もなか)」が思った時、一空があることに気づく...自分の考えに確信を持った一空と、その表情に、成長を感じ取った眠兎。2人の反撃が始まる。
  • うさぎとそら【タテヨミ】12話 一睨
    ※本商品は「うさぎとそら」という名称で、横スクロール形式でも販売をしております。収録内容に変更はありませんので、重複購入にご注意ください。
    【あらすじ】
    ~今をさかのぼること数百年前...突如、常世から姿を現した悪しき神霊たちは、現世において悪逆非道の限りを尽くし、人々を畏れさせた。だが、ある時ひとりの若き僧が法力をもって各地に跋扈(ばっこ)する神霊たちを祓い(はらい)、永月寺にある御神木の根元の祠に封印。その後、歴代の住職は『祀り人(まつりびと)』として、その役目を果たし、世の安寧を願い続けた~この物語は、主人公の若き僧“一空”(いっくう)が、謎に包まれた相棒の神様“眠兎”(みんと)と絆を深めながら、悪しき霊達との闘いを繰り広げる霊能バトルファンタジーである。

    【11話】
    「魄(はく)」を調和させ共に力を合わせることで聞猫を打ち破った「一空(いっくう)」と「眠兎(みんと)」。戦いの中で自身を犠牲にして戦う姿に成長を感じさせた「一空」の真の実力をはかりかねる「眠兎」と「萌那果(もなか)」だったが...ようやく「御婆婆(おばば)様」と対面の時がやって来る。案内された大広間にいたのは、巨大な化け猫姿の「御婆婆」だった...
  • うさぎとそら【タテヨミ】13話 老獪
    ※本商品は「うさぎとそら」という名称で、横スクロール形式でも販売をしております。収録内容に変更はありませんので、重複購入にご注意ください。
    【あらすじ】
    ~今をさかのぼること数百年前...突如、常世から姿を現した悪しき神霊たちは、現世において悪逆非道の限りを尽くし、人々を畏れさせた。だが、ある時ひとりの若き僧が法力をもって各地に跋扈(ばっこ)する神霊たちを祓い(はらい)、永月寺にある御神木の根元の祠に封印。その後、歴代の住職は『祀り人(まつりびと)』として、その役目を果たし、世の安寧を願い続けた~この物語は、主人公の若き僧“一空”(いっくう)が、謎に包まれた相棒の神様“眠兎”(みんと)と絆を深めながら、悪しき霊達との闘いを繰り広げる霊能バトルファンタジーである。

    【13話】
    「御婆婆(おばば)」の迫力に威圧されたり、からかわれたりしながらも“神霊を封じたい”と懸命に想いを伝える「一空(いっくう)」...どうしても神霊の居場所を知りたいと頼む「一空」だったが、「御婆婆」の千里眼をもってしても困難なことを告げられる。代わりに神獣の居所を探すよう「眠兎(みんと)」が「御婆婆」に促すが、一蹴されてしまう...
  • うさぎとそら【タテヨミ】14話 矜持
    ※本商品は「うさぎとそら」という名称で、横スクロール形式でも販売をしております。収録内容に変更はありませんので、重複購入にご注意ください。
    【あらすじ】
    ~今をさかのぼること数百年前...突如、常世から姿を現した悪しき神霊たちは、現世において悪逆非道の限りを尽くし、人々を畏れさせた。だが、ある時ひとりの若き僧が法力をもって各地に跋扈(ばっこ)する神霊たちを祓い(はらい)、永月寺にある御神木の根元の祠に封印。その後、歴代の住職は『祀り人(まつりびと)』として、その役目を果たし、世の安寧を願い続けた~この物語は、主人公の若き僧“一空”(いっくう)が、謎に包まれた相棒の神様“眠兎”(みんと)と絆を深めながら、悪しき霊達との闘いを繰り広げる霊能バトルファンタジーである。

    【14話】
    “元”神獣ということもあって、「一空(いっくう)」と「眠兎(みんと)」に「神獣(しんじゅう)」の居場所を教えることにあまり気乗りしない様子の「御婆婆(おばば)」に何とか動いてほしいと、思い切った行動に出た「一空」はその胸に秘めた思いを素直に御婆婆」に告げる...その言葉に心動かされた御婆婆はついに重い腰を上げる...
  • うさぎとそら【タテヨミ】15話 承継
    ※本商品は「うさぎとそら」という名称で、横スクロール形式でも販売をしております。収録内容に変更はありませんので、重複購入にご注意ください。
    【あらすじ】
    ~今をさかのぼること数百年前...突如、常世から姿を現した悪しき神霊たちは、現世において悪逆非道の限りを尽くし、人々を畏れさせた。だが、ある時ひとりの若き僧が法力をもって各地に跋扈(ばっこ)する神霊たちを祓い(はらい)、永月寺にある御神木の根元の祠に封印。その後、歴代の住職は『祀り人(まつりびと)』として、その役目を果たし、世の安寧を願い続けた~この物語は、主人公の若き僧“一空”(いっくう)が、謎に包まれた相棒の神様“眠兎”(みんと)と絆を深めながら、悪しき霊達との闘いを繰り広げる霊能バトルファンタジーである。

    【15話】
    探り当てた神獣の居場所を「一空(いっくう)」と「眠兎(みんと)」に告げる「御婆婆(おばば)」...ここ『西新地(にししんち)』から汽車で北上した街『北千道(きたせんどう)』を目指すことになった「一空」と「眠兎」だったがようやく次の一歩を踏み出せると思った、その矢先“御朱印帳”がないことを御婆婆に突っ込まれる「一空」と「眠兎」...動揺する「一空」と落ち着き払った「眠兎」のその対照的な様子にあきれる御婆婆の脳裏に、数百年前の、ある出来事が甦る...
  • うさぎとそら【タテヨミ】16話 難儀
    ※本商品は「うさぎとそら」という名称で、横スクロール形式でも販売をしております。収録内容に変更はありませんので、重複購入にご注意ください。
    【あらすじ】
    ~今をさかのぼること数百年前...突如、常世から姿を現した悪しき神霊たちは、現世において悪逆非道の限りを尽くし、人々を畏れさせた。だが、ある時ひとりの若き僧が法力をもって各地に跋扈(ばっこ)する神霊たちを祓い(はらい)、永月寺にある御神木の根元の祠に封印。その後、歴代の住職は『祀り人(まつりびと)』として、その役目を果たし、世の安寧を願い続けた~この物語は、主人公の若き僧“一空”(いっくう)が、謎に包まれた相棒の神様“眠兎”(みんと)と絆を深めながら、悪しき霊達との闘いを繰り広げる霊能バトルファンタジーである。

    【16話】
    かつて、1人の僧侶から託された『御朱印帳』...「御婆婆(おばば)」は詳しいことを何も告げず、それを差し出すと二人を送り出した。ところが、一息ついたのも束の間。「御婆婆」の前に、次の来訪者が現れる。霊葬軍・大隊長の「鳳飛鳥(おおとりあすか)」...浅からぬ関係がありそうな「御婆婆」と「鳳」。両者の間に不穏な空気が流れる...
  • うさぎとそら【タテヨミ】17話 悶着
    ※本商品は「うさぎとそら」という名称で、横スクロール形式でも販売をしております。収録内容に変更はありませんので、重複購入にご注意ください。
    【あらすじ】
    ~今をさかのぼること数百年前...突如、常世から姿を現した悪しき神霊たちは、現世において悪逆非道の限りを尽くし、人々を畏れさせた。だが、ある時ひとりの若き僧が法力をもって各地に跋扈(ばっこ)する神霊たちを祓い(はらい)、永月寺にある御神木の根元の祠に封印。その後、歴代の住職は『祀り人(まつりびと)』として、その役目を果たし、世の安寧を願い続けた~この物語は、主人公の若き僧“一空”(いっくう)が、謎に包まれた相棒の神様“眠兎”(みんと)と絆を深めながら、悪しき霊達との闘いを繰り広げる霊能バトルファンタジーである。

    【17話】
    穏やかな口調とは真逆の、どこか威圧的な「鳳(おおとり)」に対して、一歩も引かない「御婆婆(おばば)」...そして両者の緊張が高まり、ついに…。その頃、『北千道』に向かうため西新地の駅から蒸気機関車に乗り込もうとしていた「一空(いっくう)」と「眠兎(みんと)」。心落ち着く、ほんのひと時。だが、その背後から新たな脅威が迫ろうとしていることを、二人はまだ知らなかった...
  • うさぎとそら【タテヨミ】18話 暗流
    ※本商品は「うさぎとそら」という名称で、横スクロール形式でも販売をしております。収録内容に変更はありませんので、重複購入にご注意ください。
    【あらすじ】
    ~今をさかのぼること数百年前...突如、常世から姿を現した悪しき神霊たちは、現世において悪逆非道の限りを尽くし、人々を畏れさせた。だが、ある時ひとりの若き僧が法力をもって各地に跋扈(ばっこ)する神霊たちを祓い(はらい)、永月寺にある御神木の根元の祠に封印。その後、歴代の住職は『祀り人(まつりびと)』として、その役目を果たし、世の安寧を願い続けた~この物語は、主人公の若き僧“一空”(いっくう)が、謎に包まれた相棒の神様“眠兎”(みんと)と絆を深めながら、悪しき霊達との闘いを繰り広げる霊能バトルファンタジーである。

    【18話】
    「一空(いっくう)」と「眠兎(みんと)」を乗せ、一路『北千道』へと向かう蒸気機関車。ひょんなことから、車内で「大和(やまと)」という青年と知り合った一空は、彼の持っている1冊の古い和綴じ(わとじ)の書物に目を奪われる。一方、同じ列車に乗り合わせた老若男女の乗客たちも思い思いの時間を過ごしていたが、次第に、その様子が...
  • うさぎとそら【タテヨミ】19話 侵襲
    ※本商品は「うさぎとそら」という名称で、横スクロール形式でも販売をしております。収録内容に変更はありませんので、重複購入にご注意ください。
    【あらすじ】
    ~今をさかのぼること数百年前...突如、常世から姿を現した悪しき神霊たちは、現世において悪逆非道の限りを尽くし、人々を畏れさせた。だが、ある時ひとりの若き僧が法力をもって各地に跋扈(ばっこ)する神霊たちを祓い(はらい)、永月寺にある御神木の根元の祠に封印。その後、歴代の住職は『祀り人(まつりびと)』として、その役目を果たし、世の安寧を願い続けた~この物語は、主人公の若き僧“一空”(いっくう)が、謎に包まれた相棒の神様“眠兎”(みんと)と絆を深めながら、悪しき霊達との闘いを繰り広げる霊能バトルファンタジーである。

    【19話】
    古い和綴じの書物『神霊異記(しんれいいき)』について説明をする「大和(やまと)」...その様子には、何か、いわくがありそうだが一空は“霊王”の文字が記されていることに強い興味を示す。さらに詳しく尋ねようとした矢先、一空たちの車両に、若い男が、もがきながら入ってくる。凍って死んだ若い男。その状態から、ただ事ではない気配を感じ取った「一空(いっくう)」と「眠兎(みんと)」は後方の車両に向かう...
  • うさぎとそら【タテヨミ】20話 惨状
    ※本商品は「うさぎとそら」という名称で、横スクロール形式でも販売をしております。収録内容に変更はありませんので、重複購入にご注意ください。
    【あらすじ】
    ~今をさかのぼること数百年前...突如、常世から姿を現した悪しき神霊たちは、現世において悪逆非道の限りを尽くし、人々を畏れさせた。だが、ある時ひとりの若き僧が法力をもって各地に跋扈(ばっこ)する神霊たちを祓い(はらい)、永月寺にある御神木の根元の祠に封印。その後、歴代の住職は『祀り人(まつりびと)』として、その役目を果たし、世の安寧を願い続けた~この物語は、主人公の若き僧“一空”(いっくう)が、謎に包まれた相棒の神様“眠兎”(みんと)と絆を深めながら、悪しき霊達との闘いを繰り広げる霊能バトルファンタジーである。

    【20話】
    一空(いっくう)の目の前に広がる異様な光景...それは、まぎれもなく『聖霊の霊能力』よるものだった...
    この状況を打開するためには聖霊を見つけ出し倒すこと、眠兎(みんと)にそう告げられた直後、襲い掛かる聖霊の魔の手をギリギリのところで切り抜けた一空と眠兎だったが、そんな二人の前についに聖霊の器が姿を現す...

レビュー

うさぎとそら【タテヨミ】のレビュー

平均評価:5.0 3件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ストーリーも絵も私好みで最幸の作品です!
    yamagさん 投稿日:2023/9/3
    表紙がとても印象的で、一話を見て、すぐにハマってしまいました。 一空の頑張る姿が私のことを後押ししてくれているように感じました。 いろんな試練を乗り越える一空が毎週楽しみで仕方ありません。 これから先、色んなことがあると思いますが、一空のよ うにどんな時でも諦めずに前を向いて頑張ろうと思います! 「うさぎとそら」に出逢えたことに感謝感謝です! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 衝撃的な始まり…
    myymitaiさん 投稿日:2023/3/20
    始まりから衝撃を受けました。 全体はまだまだ分かりませんが、これからのストーリー展開やこの先どのようなものが描かれていくのかが楽しみです。
  • (5.0) 続きが気になる
    hotateさん 投稿日:2023/3/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 最初の方で、かなり衝撃を受けました。ドヤドヤとか独特な世界観を感じる。動く兎さんも、動かない兎さんも存在感が凄い。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ