漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
この巻を買う/読む
会員登録して購入

イマジン 1

通常価格:
480pt/528円(税込)
(3.5) 投稿数6件
イマジン(11巻完結)

作品内容

まわり道も、迷うことも、きっと大切なこと。中途半端だった有羽は、田中洋平との出会いや、母・美津子の生き方を通して、少しずつ自分を見つめてゆく。柔らかな心で、頑張る女の子には、必ず輝くときがくる。

作品ラインナップ  全11巻完結

レビュー

イマジンのレビュー

平均評価:3.5 6件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) すごいなぁ
    syuchobi071213さん 投稿日:2019/8/1
    今読んでも、絵も話しも とーっても良いテンポ!だし、全然古さを感じませんね。こんなお母さんだったら、言い訳するような生き方はできないなぁ〜

高評価レビュー

  • (5.0) 私にとって大切な漫画
    コロさん 投稿日:2017/8/28
    いかにも真面目で好青年な田中が意外や肉食、しかもフラフラといい加減でなんなの!こいつは!と思うけれど、付き合ったからこそわかる本当の人間性みたいなのがリアルだなぁと。有羽ちゃんの作る料理がどれも美味しそうでそこも好き。なんか全体的に切なくて 好きな物語です。 もっとみる▼
  • (5.0) 地味なOLの成長物語
    優苑さん 投稿日:2017/5/31
    登場人物や設定に派手さはないものの、普通の地味OLが仕事や恋愛を通して成長を遂げていく様が丁寧に心情豊かに綴られている秀作。
  • (3.0) 母と娘
    mochiさん 投稿日:2016/1/13
    結構恋愛に奔放な母と振り回される娘。 母の恋愛が抵抗ある人には厳しいかもしれません。
  • (2.0) 以前ほど
    まみさん 投稿日:2015/11/8
    素直に読めませんでした。結局主人公の母親は身勝手に生きて周りを振り回していただけだし…
  • (2.0) イラッとする
    さやーてさん 投稿日:2015/9/29
    まず「この人」を「このシト」って表現やめて欲しい、正しい日本語使って欲しいと思い読む気が失せました。
スタッフオススメ
母と娘=女と女
広報担当:ぼん
「愛のアランフェス」、「白のファルーカ」などを描いてきたダンス漫画の巨匠槇村さとるが、対照的な母娘を通して女の生き方を問います。2000年に深田恭子と黒木ひとみ主演でドラマ化もされました。主人公有羽の母・美津子は今でいう毒親なのかもしれません。見た目は若くバリバリのキャリアウーマンですが生活力はなく、そんな母を有羽はほっておけず、平凡なOLとして働きながら身の回りの世話をします。しかしそんな有羽にも好きな男ができたことから、有羽が自分の人生と母との関係を見直す時がやってきます。奔放な母の人生と地味な自分の人生、女として選ぶなら…。シビアな目線で女の永遠のテーマに深く切り込みます。
▲ページTOPへ