漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

アドルフに告ぐ 1巻

通常価格:
300pt/330円(税込)
(4.8) 投稿数18件
アドルフに告ぐ(5巻完結)

作品内容

神戸に住むドイツ領事の息子のアドルフは、パン屋の息子でユダヤ人のアドルフを通じて、アドルフ・ヒットラーの秘密を知る。その秘密とは…!?第二次世界大戦を背景に、三人のアドルフの運命を描く著者の代表作・第一弾。

作品ラインナップ  全5巻完結

レビュー

アドルフに告ぐのレビュー

平均評価:4.8 18件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 3人のアドルフの物語
    maさん 投稿日:2020/1/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 立場の違う3人のアドルフの物語。アドルフヒトラーは、実はユダヤの血が混じっていたという秘密を中心に物語が展開していきます。この漫画を初めて読んだのは中学時代で久々に読み返しました。昔と感じ方が少し変わっていて面白かったです。 この漫画は、フランスで人気のある漫画らしいですよ!手塚先生はすごいなあ 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 青年向け歴史漫画
    こばやまとさん 投稿日:2020/1/1
    手塚治虫の青年向け作品です。3人のアドルフの歴史の荒波にもまれた人生が描かれてます。歴史的な出来事とフィクションが巧妙に織りなされてて、手塚治虫は本当に凄いと思いました。 戦争の虚しさを痛いほど感じました。
  • (5.0) 硬派なストーリー
    303さん 投稿日:2019/8/1
    昔から読んでみたかった作品がまとめて安く読めたので購入。さすが手塚治虫晩年の名作だけあって面白かった。昔の漫画だと毛嫌いせずに読めば間違いなくはまるはず。戦争についていろいろある現代に読んでみてもいいかもしれない作品。
  • (5.0) 名作!
    こやさん 投稿日:2019/4/20
    ナチスドイツを舞台にアドルフ姓の3人を巡る物語。 壮大なスケール、心理戦、伏線、これぞ名作!一気に読破しました。
  • (5.0) 傑作
    よっくさん 投稿日:2019/3/24
    史実と異なっているかは知らないが、間違いなく大傑作だと思う。この本をよむのは10回は超えているが、たまに読み返すたびに夢中になってしまう。ナチスや旧日本軍が典型的な悪者に描かれているが、それに目をつむったとしても、正義と悪は区別できない事と いう主張がさまざまなエピソードにて語られ、手塚氏の奥行きの深さにただ感銘を受けた。映画化をして欲しい もっとみる▼
  • (5.0) 名作
    いっちゃんさん 投稿日:2019/3/5
    時代により歪められてしまった2人のアドルフの友情と愛憎の物語に引き込まれてしまいました。 時代が違ったら、カウフマンとカミルとエルザがどうなっていたかと、つい考えてしまいます。
スタッフオススメ!
  • 3人のアドルフの運命
    手塚治虫先生の後期の代表作の一つ。第二次大戦後のドイツ、ナチスと関係の深い「アドルフ」のファーストネームをもつ3人の数奇な運命を、3人と関わった協合通信の峠草平が当時を振り返り記録として残していく物語。アドルフの中にはヒトラーも含まれています。TBSラジオにてドラマスペシャルとして放送。
    まゆ
▲ページTOPへ