漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
ハーレクインコミックス
ハーレクイン シンデレラ・ガールズ Ⅰ 一夜の恋買います 1巻
この巻を買う/読む

ハーレクイン シンデレラ・ガールズ Ⅰ 一夜の恋買います 1巻

通常価格:
500pt/500円(税抜)
(4.8) 投稿数9件
ハーレクイン シンデレラ・ガールズ Ⅰ 一夜の恋買います(1巻完結)
作品内容

慈善ファッションショーのPRを依頼されたキット。本番前にモデルがいなくなってしまい急遽代役を務めるが、ショーは大失敗。イベントの理事ジャレットは予定していた寄付金を償えと、傲慢にも1か月で5万ドル集めることを彼女に要求する。彼は全米屈指のランジェリーメーカーの経営者で、CMモデルと広告にも出演するセクシーな男性。そうだわ! 独身男性の競売を企画して彼も参加させればいいのよ。うまくいけば寄付金も集まるうえに、彼に仕返しができるわ!

作品ラインナップ  全1巻完結
レビュー
ハーレクイン シンデレラ・ガールズ Ⅰ 一夜の恋買いますのレビュー

平均評価:4.8 9件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) 頑張るヒロインを応援したくなる
    帽子屋アリスさん 投稿日:2019/7/15
    始まり早々の失敗したショーの有様、直後のヒーローの無慈悲な圧力と精神攻撃。真相を知っているこちらは、ヒロインに心を痛め大きな声援を送りたくなって、ヒロインの肩をもちながらグイグイ物語にのめり込まれていく。仕事を頑張るヒロイン、バチバチの(仕 事の)駆け引き、敵対していたのに惹かれ合っていく二人…大好物!!ただ、この作品は彼目線の心理描写はなく、ヒロインが一方的に揺さぶられ始めるだけなので、彼の様子でもキュン、萌えを感じたい方は注意。ヒロインの頑張る様は魅力的だが、個人的にはもっと二人が揺れ動いてドキドキキュンする様子が見たかったかな。 もっとみる▼
高評価レビュー
  • (5.0) よかった。
    つばひなさん 投稿日:2018/12/4
    何事にも一生懸命なヒロインと、それを影ながら成功へと導くヒーロー。お互いが少しずつ惹かれ合っていく様子が丁寧に描かれていました。
  • (5.0) 素敵なふたり
    ぐりさん 投稿日:2018/5/20
    読了感爽やかで満足感いっぱいで笑えて泣けて最高です。ハーレというよりもひとつの女性漫画に思えました。 仕事にプライドを持つヒロイン、真面目すぎるけど投げ出さず頑張る所に、ヒーローが惹かれるのも自然というもの。 そしてそのヒーローも心から 慈善事業を支えたいと思っていて、意地悪もするけれど彼女を信じて仕事を成功させようとする…2人の関係が理想的でした。 またこの作者さんの描くデフォルメキャラとかネコ姿になる所とか可愛くて大好きです(笑) 同僚2人のバックアップも友情にもこれまた泣かせますし、やはりいいヒロインには男だけじゃなくて良い友達もいるものだよねーと嬉しくなりました。 最後のタネ明かしが全てああ〜〜〜めっちゃ良い!幸せ〜〜!とぎゅーっとなりました。 本当にオススメです。 もっとみる▼
  • (5.0) 真面目な二人
    ぶたさんさん 投稿日:2018/3/19
    仕事に真摯に取り組んでいる人の話って大好きです そして恋愛も成就したら最高 ヒロインは友人達と広告会社を立ち上げ 少しずつ軌道に乗ってきたところ。なのにDV撲滅のチャリティーの仕事では出演する少女達のいい加減さのせいで失敗。それを理事で あるヒーローに咎められ 再度挑戦。その姿にヒーローはひかれていく…ハッピーエンドです 最近は「頑張る」ということが余り陽の目を見ない風潮があるように思うけど 頑張ると素敵なこともあるって 再認識させてくれた内容でした もっとみる▼
  • (5.0) 最後まで一気に読めました
    ミー介さん 投稿日:2017/1/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 話の時代は少し古いのですが、健気に頑張るヒロインと、それを影から応援するヒーローがとてもいいです。こういうタイプなかなか現実にはいないだけに、ハーレクインらしくてよかったです 続きを読む▼
  • (5.0) 一生懸命なところを見つけてくれた男性
    romance2さん 投稿日:2016/8/31
    初めは嫌なひとだと、よく知りもしないで、と思いました。 金持ちにはあるかもしれない、自分だけの価値観で手前勝手な判断をしたがる人間に思えました。 本人のせいとばかりにいえないことを、正しくない報告書のせいもあるとはいえ思い込みで言わ れて、流れから見て彼がこの話のヒロインの相手であることに当方は不足感を抱えつづけさせられたまま、相変わらず本人頑張り続けます。 それは意地もあったとは思うけれど、いつの間にか彼の気持ちが表れでるようなシーンが出てくる。 もうヒロインはあんな見方をされた男(?)に完全に落ちてしまったなというとき、頑張り屋の彼女をがっかりさせることが。無理もありません。なんだか、自分を過小評価されたか、信じてくれなかったか、ひとのお情けでやってこれただけだったのか。そのくやしさ、自然です。 でも、ヒロインのことを、とても支えてくれる素晴らしい友人たちでもある仕事仲間の存在には泣かされますし、この友人たちの存在あればこそ、彼のサポートは純粋なものからだったことを信じるに足る訳です、冒頭の嫌なやつという人物像を忘れるほど。 これは、セレブに見出されるただラッキーな女性の話ではないです。 日夜奮闘する女性の、愛と友情と根性(!)のお話と感じます。 そして、そこが、このHQのクオリティを作り出していると思います。 周りの人間には、イヤな人物がそれなりにはいるわけですが、それに負けない、いい人たちの存在があり、その人たちが二人の愛の素敵な応援者であることが美しい物語を見届けさせてもらった、との読後感をもたらしてくれます。 もっとみる▼
広告掲載中タイトル
ハーレクインコミックスランキング
▲ページTOPへ