漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

黒博物館 スプリンガルド

通常価格:
600pt/660円(税込)
(4.5) 投稿数4件
黒博物館 スプリンガルド(1巻配信中)

作品内容

19世紀・ヴィクトリア朝初期のロンドンで、女性ばかりを狙った連続殺人事件が発生。現場では、高笑いしながら跳び去る怪人の姿が目撃されていた。3年前、夜道で女性たちを驚かせたという「バネ足ジャック」が殺人鬼となって帰ってきたのか? 事件を追うロンドン警視庁の警部は、意を決してある「貴族」の館へ馬車を飛ばす……。『うしおととら』『からくりサーカス』の藤田和日郎、新境地。熱き活劇の名手が奏でる怪奇と冒険と浪漫の協奏曲(コンチェルト)!

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

黒博物館 スプリンガルドのレビュー

平均評価:4.5 4件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) イカしてる!最高!
    ヨウさん 投稿日:2019/4/9
    からくりサーカスの次にこの作品を読みました。なぜ藤田先生の描く作品はこんなにも面白く、夢中になってしまうのか。最高にイカしてる!の一言に尽きます。後日談が好きなので大満足です!藤田ワールドにどっぷりハマりたい。ゴーストアンドレディも読みます もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 怪奇と幻想の二重奏
    仮面のオッサンさん 投稿日:2017/7/7
    徹底的に書き込まれた画と、練り込まれたストーリーと魅力溢れるキャラクター やはり藤田先生の作品は面白い!
  • (4.0) オモロイな
    ラッキーさん 投稿日:2016/1/12
    近代のロンドンを舞台にした怪人同士のバトル、探偵小説のような ダークな世界観。 刹那主義で放蕩を繰り返していた貴族が惚れた女の為に命を賭ける。 こういうベタな男臭さが藤田作品らしくて良い。
  • (4.0) 少しブキミで滑稽で、格好いい
    Ganmaさん 投稿日:2014/5/30
    最初はてっきり語り部の警部が主人公だと思った(笑)。不気味な異形の「バネ足男」がヒロインを守ろうと脅威に立ち向かう様は素直にカッコいい。外伝では警部との奇妙な友情を匂わす台詞があり、登場人物たちのその後を想像させるのもニクイ。それぞれのオチ も秀逸な、お勧めの一冊。 もっとみる▼
▲ページTOPへ