漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

少年マンガ
火ノ丸相撲 1
この巻を買う/読む

火ノ丸相撲 1

38pt還元!(2018/11/15 0:00まで)
最大3,000pt ポイント獲得2018/11/19
通常価格:
380pt/380円(税抜)
(4.5) 投稿数40件
火ノ丸相撲(22巻配信中)
作品内容

弱小の大太刀高校相撲部に現れた1年生、“小さき”少年・潮 火ノ丸! 「デカく」「重く」が絶対の競技に似合わぬ体格のこの新入部員、実はとんでもない過去が!? 頂点・横綱を目指す――ド白熱高校相撲、開幕!!

作品ラインナップ  22巻まで配信中!
レビュー
火ノ丸相撲のレビュー

平均評価:4.5 40件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 読めば好きになる!
    うめさん 投稿日:2018/10/3
    スポーツ漫画の美味しい所が、グッと詰まった作品です。ストーリーもキャラクターも絵柄も、泥臭いけれどそれさえも良い! 各々の登場人物が発するセリフが秀逸で、その言葉が発せられた背景や心情を思うと胸が熱くなります。流し読みせず、何度も繰り返し 丁寧に読んで欲しい作品です。 オシャレスポーツ漫画や、非現実的スーパーヒーロー漫画が好きな方にはオススメしませんが、そうでない方には是非是非読んで欲しいと思います。相撲のことが分からなくても十分楽しめるので、アレルギーを起こさず、まずは立ち読みでお試しを! もっとみる▼
  • (5.0) 青臭くてまっすぐで
    シーマ川さん 投稿日:2018/8/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 古きよきジャンプの「友情・努力・勝利」を体現している相撲漫画です。身体のハンデを持ちながらも愚直に相撲を愛してひたむきに努力する主人公・火ノ丸の熱さがたまりません。彼の燃やす炎に魅せられた仲間もどんどんその内なる闘志を燃やしてゆきます。土俵の上は一対一の孤独な世界、でもそこに立つまでにはたくさんの人々の支えがある──。第一印象は最悪なレイナちゃんがどんどん相撲にひかれてゆく過程にとても説得力があります。ぜひこの熱い漫画世界に飛び込んでみてほしいです。 続きを読む▼
  • (5.0) 熱い
    トラさん 投稿日:2018/6/18
    相撲漫画です。とても熱い展開が多いので刺激を求めてる方が居たらおすすめです。ほんわかするときもあります。
  • (4.0) おもしろい…!
    こここととさん 投稿日:2018/1/7
    最初は絵があまり好きではなかったのですが、それでも読んでいくと引き込まれました!相撲って格好いい!とすごく思える作品で、いろんな人に読んでほしいです
  • (5.0) お相撲は神事
    ジュカさん 投稿日:2018/1/4
    幼稚園から大相撲ファンとして、こんな面白いcomic読まないワケにはゆきませぬ 身長150強しかないチビッコ火の丸の、角界入りを目指す高校相撲、いやもう命を懸けた魂の1番、1番 リアルでも『百千夜叉堕とし』とか、技名ハデなの使え ば良いのに 仲間やライバルたち、協力者を得てもなお、体格のハンデはつきまといますが、主人公火の丸の『何よりも相撲が好き』という、まさに燃え盛る炎のような情熱が眩しいです リアルでは、遂に日本人横綱(きせたん。。。頑張れ)誕生や、モンゴル問題等々、色々トラブルしがらみ派閥が世を騒がせてますが、この火の丸たちくらい、気合いの入った熱い土俵を魅せて頂きたいモノです 今、18巻で『高校生編』〆、いよいよ『大相撲編』に入ったところ。。。 魂を燃やし尽くすかのような名1番、またまたすっごい楽しみです もともと『相撲』は五穀豊穣を祈る、神様へ奉納する神事 『横綱』とは、現人(あらひと)として、唯1、注連縄(しめなわ)を巻く『神の依り代』 故に、綱の品格を求められる、究極の存在なのです 15日ある大相撲とは違い、高校相撲は団体戦あり、1回負けたらoutなトーナメントありで、魂と魂のぶつかり合う、極限下の闘い リアルな方々も、ぜひ読んで頂きたいですね もっとみる▼
少年マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 相撲にかける熱い思い
    川田先生の代表作です。相撲をテーマにしためずらしい漫画です。少年誌の漫画らしい友情や努力を取り入れたストーリーとなっています。主人公の潮火ノ丸は、相撲を取るには致命的なほど身長が小さいですが、それをカバーするために引き締まった筋肉ボディを作り上げていました。潮は大太刀高校の弱小相撲部に入部します。そこで出会った気弱で優しい小関部長や不良の五條などユニークな仲間とともに、高校生大会で頂点を取るために特訓していく生活やライバルとの取組などを描いています。ストーリーがおもしろいのはもちろんのこと、絵には躍動感や臨場感があり、見入ってしまうような作品です。
    制作担当:カレー煎
▲ページTOPへ