漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

学生 島耕作(1)

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数7件
学生 島耕作(6巻完結)

作品内容

舞台は1966年の東京。夢と希望を胸に抱き、早稲田大学法学部に入学した島耕作。東京で芽生える新たな友情、刺激的な人々との交流、そして心惹かれる女性との出会い――。学生運動まっさかりの激動の時代に、多くの邂逅や経験を経て一人の青年がどう成長していくのか、後に大企業のトップに立つ男の「原点」となる青春時代、開幕!!

作品ラインナップ  全6巻完結

レビュー

学生 島耕作のレビュー

平均評価:4.3 7件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) 島耕作の学生時代
    ユウさん 投稿日:2020/6/5
    山口県の高校生だった島耕作が早稲田大学法学部に入り、大学生として青春を謳歌する様子を描く描いた作品。むやみに女性にモテるのは本編と同様。シリーズの中では面白い方だと思いました。

高評価レビュー

  • (5.0) 学生時代
    ぷっちょさん 投稿日:2019/8/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 話は、島耕作が大学受験のために上京するところから始まる。夢と希望を持って、上京した島耕作が東京でいろんな人たちに会い、少年から青年に成長する姿が描かれている。 学生運動の様子など、当時の時代背景もふんだんに描かれており、どこか懐かしいような気持ちがした。 続きを読む▼
  • (5.0) 可愛らしい
    あるかんさん 投稿日:2017/1/24
    シマコー可愛らしいです 当時の下衆な文化も知れて興味深い…です(笑)
  • (5.0) 面白いです
    まるさん 投稿日:2015/8/22
    島耕作の大学生時代の漫画です。学生運動の真っ只中でも、我が道を行く姿は相変わらず格好いいですね。当時の大学生の日常とか、細かく面白く描かれていて勉強になります。
  • (4.0) 面白い
    y.yさん 投稿日:2019/7/5
    社会人になる前の島さん。学生運動とか自分が生まれる前の話てかもあって面白かった。
  • (4.0) おもしろかった!
    こばやまとさん 投稿日:2019/4/28
    島耕作が高校・大学の頃って、こういう時代だったんだな、と新鮮でした。各回のサブタイトルもその当時を象徴するワードが使われてて良かったです。
スタッフオススメ!
  • 大学生物語
    弘兼憲史先生の学生島耕作。島耕作が大学受験から受かったあと地元へ帰省するまでを描いた大学生物語だ。下宿先での先輩達との交流はつきもので、色んな場面で会費の名目で出費が増える。学生生活を楽しむには良いかもだが、お金を貯めるなら一人暮らしをした方が、まだ時間を有効に使えると思う。
    営業:カレー王子
▲ページTOPへ