漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

きらきら馨る(3)

通常価格:
560pt/616円(税込)
(3.8) 投稿数38件
きらきら馨る(8巻完結)

作品内容

都を騒がす怨霊騒ぎの原因は沙桐姫にあるとして、公卿の間で入内を白紙に戻してはとの声が上がり始める。ついに迎えた陣定じんのさだめ。果たして審議の結果は……?一方、怨霊から身を隠すため、身分を明かさずに恋敵琴姫のいる左大臣家に預けられていた沙桐だが、何者かに攫われてしまう!!「もうすぐ入内篇」佳境突入!

作品ラインナップ  全8巻完結

レビュー

きらきら馨るのレビュー

平均評価:3.8 38件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) この時代背景好きです。
    Aklさん 投稿日:2019/8/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 平安時代のお話が好きです。 なぜか、この時代には不思議なことが起きても事実なのではないかと受け入れてしまう。 生霊やタイムトラベルの話など、一見どうなのと思うものも、ありな感じです。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) おもしろい
    あゆりんさん 投稿日:2018/9/7
    歴史に忠実なのに恋愛めコメディーもあって本当にいいとこ取りの漫画です
  • (5.0) 面白い!
    gundam-ucさん 投稿日:2017/2/13
    時代ものが元々好きなのもありますが、ストーリーが面白くてつい全巻一気読みしてしまいました
  • (5.0) 面白いです
    nikoさん 投稿日:2017/1/16
    ありがちな平安モノなのだけど、しっかりと人間関係を描いてて、人の座ってる位置や服装で官位などを推察しながら読むと興味深いです。沙桐と陽朔の想い合う関係、二人を見守る宮様ズと宮中の面々との騒動が面白く何度も読み返してしまう作品です。

広告掲載中タイトル

▲ページTOPへ