漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
この巻を買う/読む

パパがも一度恋をした 1巻

通常価格:
550pt/605円(税込)
(3.5) 投稿数6件
パパがも一度恋をした(7巻完結)

作品内容

▼第1話/神様のごほうび▼第2話/っポイ!▼第3話/「かわいさ」って何だっけ。▼第4話/蘇る勤労▼第5話/恋愛教習所▼第6話/恋の仮免許▼第7話/娘の一番長い日▼第8話/38歳のハローワーク▼第9話/見えすぎちゃって…困る!▼第10話/賢者の贈り物▼第11話/ふたりの神田川▼第12話/僕がプレゼント決めたらあの娘どんな顔するだろう

●主な登場人物/山下トモ(しっかり者の中学3年生。引きこもりでニートの父にうんざりしている)、山下吾郎(トモの父親。妻を亡くした悲しみから3年もの間、引きこもっている)、山下多恵子(トモの母親で、3年前に他界…のはずが、中年男の姿になって帰ってきた?)
●あらすじ/母を亡くして今日で3年目。中学3年生の山下トモは父・吾郎の部屋の前に立っていた。吾郎は妻を失った悲しみから、3年も引きこもっているのだ。いいかげん立ち直るよう諭すトモの傍らでは、祖父のタロスケが吾郎を甘やかしてばかり。トモが「悲しいのはパパだけじゃない」と言えば、部屋の中から「パパの方が悲しい」と父親とは思えない言葉を吐いてきた。そして吾郎は「ママの所へいく」と首を吊ろうとして…。慌てるトモだが、その時、家の中に見知らぬ中年男が…!?(第1話)
●本巻の特徴/亡くなった母が帰ってきた…ただし、見知らぬオッサンの姿で!! “彼女”の作る手料理、服の隙間から覗く肌、そして2人きりのデート。悲しみに暮れていたはずの父に、まさかの2度目の思春期が。伝説のギャグ漫画家・阿部潤がスピリッツに初見参!!
●その他の登場人物/山下タロスケ(トモの祖父。大食い。息子の吾郎に甘い)

作品ラインナップ  全7巻完結

レビュー

パパがも一度恋をしたのレビュー

平均評価:3.5 6件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) ほのぼのギャグ
    もんさん 投稿日:2019/8/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 愛しの妻が亡くなって、なんとおじさんになって戻ってきた。 そんな設定です。 プー太郎の旦那、しかし嫁愛がすごい。 そして中身はかわいい奥さんのままなのに、見た目がおじさんで加齢臭もすごい、というギャップ。 まともな娘さんは苦労するよね。 全体にギャグで、おじさんがかわいいのをおかしむお話なのですが、だんだんとおじさんの顔がかわいくなり、なんかかわいいおじさんの話になっていました。 最初の方で、こわもておじさんに戻る話があって、これはギャグとして面白かったのでもっと活用して欲しかった。 しかし、設定が変わっているので、長くなるとちょっと読むのに疲れてきます。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 多恵子さんがかわいい
    名無しさん 投稿日:2017/7/12
    最初は何だこのオッサン!?ってなったんですけど読み進めていくうちに多恵子おじさんがかわいく見えてきます…!
  • (4.0) 忘却のサチコの作者
    ちーさん 投稿日:2018/1/11
    おじーちゃんが時に猫猫しくてウケる。 亡くなったママがおっさんになって帰ってくるお話です。 おっさんが可愛くて可愛くて…私の目もおかしくなった
  • (4.0) 良いラスト
    まぬこさん 投稿日:2017/1/30
    途中、ちょっともういいかなー…と思いましたが、最後まで読んで良かったです多恵子、はじめの頃よりだいぶ見た目が可愛くなりましたね。
  • (4.0) 衝撃
    ああさん 投稿日:2015/8/19
    予想したのと(笑)全く違う話でしたが!おもろすぎるわらったwwww
  • (2.0) ぉさぁぁーーーん(ォッさん)
    才蔵さん 投稿日:2018/7/26
    無料 立ち読み のみ 拝見 。 数ページ だけの 閲覧なので 御容赦を 。 大笑い 出来る ドタバタ コメディ 漫画 。 全て の 登場人物が 正に 漫画 。 行動も おかしけりゃ 言う事も 変 。 普通に 楽 しめる が 続きが 読みたい と言う 感情が 湧いてこない 。 個人的には もう 結構 。 もっとみる▼
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • このおっさん誰?
    ママが亡くなってからずっとロックのかかった部屋に引きこもったままのパパ。娘のトモとおじいちゃんは何とかしてパパを部屋から出そうとします。しかし出てこないばかりかママのところに行きたいと自殺をしようとしてしまいます。そんな時おじいちゃんと一緒に現れたのは見知らぬおっさんで、そのおっさんは三年前に亡くなったママ…!?題名からは想像も出来ない展開に大爆笑しました(笑)猫みたいなおじいちゃんも可愛すぎる。見た目的はちょっと…な作品ですがとても面白い作品なので是非読んでみてください♪著者は「忘却のサチコ」「the 山田家」などの阿部潤です。
    広報担当:ぼん
▲ページTOPへ