漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

女性マンガ
キセキのヒロシマ(1)
この巻を買う/読む

キセキのヒロシマ(1)

通常価格:
200pt/200円(税抜)
(5.0) 投稿数1件
キセキのヒロシマ(5巻完結)
作品内容

広島で会社代表を務める多田多延子(ただたえこ)は、広島で生まれ育ち、現在も生活をしています。そんな多延子は、ある日、旧知の某国元伯爵夫妻を広島見物に招きました。 安芸の宮島や広島城、名勝・縮景園などを観光した元伯爵夫妻は、広島の近代的な街の美しさと歴史的な荘厳美に感嘆し、密かに抱いていた“ヒロシマ=原爆”という負のイメージとのギャップに戸惑います。 平和記念公園で祈りを捧げた後、その戸惑いは理解し難い疑問として元伯爵夫妻に募り、多延子に投げかけられました。 「広島の人々は、恨むことよりも、幸せに向かって前進することを選んだのです」 多延子は、曾祖母・巴(ともえ)の壮絶な原爆体験を語り始めました―――

作品ラインナップ  全5巻完結
レビュー
キセキのヒロシマのレビュー

平均評価:5.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 新しいヒロシマの話。
    しえんさん 投稿日:2015/12/14
    【このレビューはネタバレを含みます】 広島出身の者です。今までヒロシマ=原爆=悲惨というイメージで、小学生の頃から悲惨なヒロシマの話ばかりを読んできました。「戦争は悲惨なものだ。だから戦争はしてはいけない」という教訓が含まれているからだと思うんですが、ではその悲惨さを忘れてはいけないから何度でも読み返せるかというとそういうものではなかったと思います。 でもこの本は悲惨な戦争の中でも人の心を忘れず、みんなで助け合って立ち上がっていう希望にあふれた話です。 何度でも読み返したくなるし、子供達にもどんどん読んで欲しいと思います! 続きを読む▼
女性マンガランキング
▲ページTOPへ