漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

破妖の剣1 漆黒の魔性

通常価格:
500pt/550円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(2.9) 投稿数9件
破妖の剣(40巻配信中)

作品内容

古王国ガンディアの王女シュラインが、青月の宮から黒衣の魔性・亜珠にさらわれた。ガンディア王は破妖剣士たちが住む浮城の長マンスラムに、王女の救出を依頼する。そして、王女救出に向かったのは破妖の剣「紅蓮姫(ぐれんき)」を持つ少女剣士ラエスリールだった。強大な魔力を持つ妖貴・亜珠の前にラエスリールの力はあまりに小さい。その時、闇主(あんしゅ)という美貌の男が少女剣士を救った…。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  40巻まで配信中!

  • 破妖の剣1 漆黒の魔性
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    古王国ガンディアの王女シュラインが、青月の宮から黒衣の魔性・亜珠にさらわれた。ガンディア王は破妖剣士たちが住む浮城の長マンスラムに、王女の救出を依頼する。そして、王女救出に向かったのは破妖の剣「紅蓮姫(ぐれんき)」を持つ少女剣士ラエスリールだった。強大な魔力を持つ妖貴・亜珠の前にラエスリールの力はあまりに小さい。その時、闇主(あんしゅ)という美貌の男が少女剣士を救った…。
  • 破妖の剣2 白焔の罠
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    自治都市ユラクが、白い焔に包まれて突然消えた。その原因を究明するため、ラエスリール(ラス)は破妖の剣「紅蓮姫(ぐれんき)」を携えて浮城を出立した。押しかけ護り手の闇主(あんしゅ)はもちろんだが、ザハトという少年も一緒だった。荒野を旅する三人を、陽炎の鏡を通して見る者がいた。白焔の妖主と呼ばれる最高位の魔性。そしてラスたちはその恐るべき罠へと誘いこまれていった…。大人気ファンタジー第2弾!!
  • 破妖の剣3 柘榴の影
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    ガンダル・アルスの中心に浮かぶ浮城の結界近く。破妖剣士ラエスリールの前に、突然、凄絶なまでの美貌の青年が出現した。問うまでもなく、上級魔性である妖貴であるのは明らか。謎の青年は、ラスに禍々しいまでに赤い柘榴の実を手渡して、消えた。その話を知った護り手・闇主(あんしゅ)には、いつになく不審の色が走った。そしてさらに、柘榴を手にした少女妖貴の桜妃がラスの前に現れた!!
  • 破妖の剣4 紫紺の糸(前編)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    カラヴィス公国の第一公子・ソルヴァンセスが原因不明の難病になった。どうやら魔性に、その生気を吸いとられているらしい。浮城で魅縛師として修業をしていた公子の妹・リーヴシェランは兄を見舞いに、故国に帰ることになった。従うのは彩糸という皇女の護り手と、侍女に姿を変えた破妖剣士・ラエスリール。魔性に操られた死霊たちがラスたちを襲う。だが頼りの闇主(あんしゅ)は姿をみせない…!?
  • 破妖の剣4 紫紺の糸(後編)
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    紫紺の妖主の部下の妖貴・佳瑠と、ラエスリールとの死闘が始まった。紅蓮姫(ぐれんき)をふるって戦うが、護り手のいないラスは押され気味だ。血まみれになって、力尽きようとしたとき、彼女をかばったのは邪羅(ザハト)だった。だが、ラスは今こそ闇主(あんしゅ)の名を呼んだ。「わたしの護り手は、おまえだから…」万感の思いを胸に言葉につまるラスに、闇主は応えた――長い、長い、口づけで!
  • 破妖の剣5 翡翠の夢1
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    一目で好きになった。身を包む炎、深紅と琥珀の瞳、何よりその眼差しが綺麗だった。仲良くなりたい、と生まれて間もない茅菜は思った。「こんにちは」とあくまで呑気に自己紹介した。それが、妖貴・茅菜とラエスリールとの出会いだった。思いの外、この幼い魔性に懐かれてしまったラエスリールが、騒ぎの種になるだろう彼女を連れて浮城にもどった頃、そこでは衝撃的な事件が起こっていた。
  • 破妖の剣5 翡翠の夢2
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    「あれの選択は、間違っている」だから、正すのだ――。目の前の、ラエスリールにそっくりの女がそう言った。戦うことを選んだがゆえに、いつも傷ついていた少女、ラス。彼女のまわりには、巧妙かつ危険な罠が仕掛けられ、じりじりと絞られる。ようやくもどった破妖の名刀・紅蓮姫(ぐれんき)を手に、ラスは窮地から逃れられるか? 新しく破妖剣士となった美女・ウルガのねらいは?
  • 破妖の剣5 翡翠の夢3
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    人間・ラエスリールとして生きた時間の記憶を奪われ、弟・乱華の手で金砂宮に幽閉されてしまった朱烙。守られて、平穏な時間が流れる。だが、傷つき意識もなく倒れ伏したブロンズの髪の青年を発見したとき、彼女は強く心を揺り動かされた。「助けなければ」――。 大人気ファンタジーロマン!
  • 破妖の剣5 翡翠の夢4
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    悲劇は起こった。暴走する破妖刀「紅蓮姫(ぐれんき)」から周囲の者を守るため、ラエスリールは自らの身体で刃を受けたのだ。彼女の身体から、命が、魂の気配が消えていく…。彼女のために用意された罠。仕掛けた者たちが勝利したのか? ラスの自刃は大きな波紋となって隅々にまで広がっていった――。深紅の護り手はどこに? 物語は一直線にむかっていく。さらなる悲劇に? それとも――。
  • 破妖の剣5 翡翠の夢5
    登録して購入
    通常価格:
    500pt/550円(税込)
    第五の妖主「翡翠」の繰り出す数々の罠。護り手・闇主(あんしゅ)を欠くラエスリールは、しかし、悲劇的な自刃から復活する。運命の環は回転し、罠が絞られ、ついに対決のときが近づいた。ラスの実弟・乱華の野望は? 謎の剣士・ウルガの正体とは? 闇主ははたしてラスのもとへ帰って来られるのか? 複雑にからまった謎が解き明かされ、大人気『翡翠の夢』がいま衝撃の終幕!

レビュー

破妖の剣のレビュー

平均評価:2.9 9件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (1.0) 電子では未購入ですが一言
    殉Kさん 投稿日:2019/10/10
    「紫紺の糸」から「翡翠の夢」まではシーモアさんに現時点(令和元年10月)で出展されている本は前田珠子/小島榊ではありません。 この本は小説ですが、物語に彩りを与える挿し絵画家を二の次扱いしてはなりません。 そして、その挿し絵画家の権利も 、きちんと守ってください。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 連載始まりウン十年…
    花乃助さん 投稿日:2015/10/15
    私が学生の時から連載してるけどいつ読んでも面白いです。主人公のラスと闇主(アンシュ)のコンビもいいけど、周りのキャラクター全部がとにかく好き!浮城組や妖主それぞれに愛着湧くわ〜。
  • (4.0) まだ続いていたのにビックリ
    takさん 投稿日:2018/1/21
    お試しを読んだのですが懐かしいです、破妖の剣。学生〜社会人になりたての頃読みまくってました。2017年3月に完結したんですね。40巻ですか・・・時代を感じます。主人公のラエスリールの生い立ち、闇主との深い絆、破妖刀「紅蓮姫」が意思を持つ剣で 主人公の意志と関係なく動いてしまうなど、当時斬新な設定と人間(人間ばかりではありませんが)関係、文面にすごい小説(当時ライトノベルって思ってなかった)だと思いながら夢中で読んでいました。どこまで読んでいたか忘れましたが、また読み直してみようかな。 もっとみる▼
  • (4.0) 終わった
    ぱんださん 投稿日:2017/3/25
    20年以上続いた作品で、ライトノベルを初めて読んだものです。まさかこんな大作になるなんて。 感慨深いです。
  • (4.0) なつかしい!!
    himawariさん 投稿日:2017/3/5
    学生のころ、はまって集めてました。今読んでも面白いです。まだ続いていたんですね…
  • (3.0) やっと終わった・・・
    てんてんてんさん 投稿日:2019/7/16
    かれこれ20年?25年くらい前に母の影響で読み始めて、早自分が親になる年に。 やっと終わったか、という感じです。というか、終わったことすら知りませんでした(笑) ペーパーでは翡翠まで読んだ気がしますが・・・ほかの作品もかねり多く並行して 書かれていた為、どの作品も全く先が進まず、頓挫した作品も数しれず。 この作品だけでも「終結」して、本当に良かったです。 もっとみる▼
▲ページTOPへ