電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

小説家は誓約する 小説家は懺悔する3

通常価格:
543pt/597円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.1) 投稿数9件
小説家は懺悔する(3巻完結)

作品内容

ベストセラー作家・佐々原(ささはら)と暮らし始めて一年──。相変わらず不機嫌な執筆中の顔も、濃やかなセックスも律(りつ)は惚れ直すばかり。ところがある日、佐々原の新作が批評家に「凡庸で駄作」と酷評されてしまう!! 担当編集者にも「作風が変わった」と告げられ、律は内心茫然自失。もしや自分の存在が悪影響を与えている!? 密かに責任を感じて、思い悩む律だけど!? 大人気シリーズ、ついに完結!! ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全3巻完結

  • 小説家は懺悔する
    登録して購入
    通常価格:
    514pt/565円(税込)
    俺を何度も抱くのは小説のネタにするため…? 小説家・佐々原脩司(ささはらしゅうじ)の家に同居し、ハウスキーパーとして働きはじめた律(りつ)。佐々原はベストセラーを連発し、映画化も控えている人気作家だ。仕事上の好奇心だと言っては何度となく律を抱く佐々原。律は強引な佐々原の思いのほか優しい愛撫に流され、次第に心まで溺れてゆく…。ところが、佐々原と主演女優のスキャンダルが発覚し!? ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。
  • 小説家は束縛する 小説家は懺悔する(2)
    登録して購入
    通常価格:
    514pt/565円(税込)
    昼夜を問わず求められる、甘い蜜月――。元コックの律(りつ)は、人気小説家の佐々原(ささはら)と同棲中。強引で優しい佐々原とのセックスに溺れながらも、彼の世話だけに明け暮れる毎日に不安もあった。そんなある日、律はオープンしたてのレストランで、昔の男と再会する。神経質な外科医のような容貌で、シェフとしても一流の土屋(つちや)。「この店で働かないか」と口説くように誘われて…!?  ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。
  • 小説家は誓約する 小説家は懺悔する3
    登録して購入
    通常価格:
    543pt/597円(税込)
    ベストセラー作家・佐々原(ささはら)と暮らし始めて一年──。相変わらず不機嫌な執筆中の顔も、濃やかなセックスも律(りつ)は惚れ直すばかり。ところがある日、佐々原の新作が批評家に「凡庸で駄作」と酷評されてしまう!! 担当編集者にも「作風が変わった」と告げられ、律は内心茫然自失。もしや自分の存在が悪影響を与えている!? 密かに責任を感じて、思い悩む律だけど!? 大人気シリーズ、ついに完結!! ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。

レビュー

小説家は懺悔するのレビュー

平均評価:4.1 9件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 楽しめました
    mokaさん 投稿日:2021/4/16
    3冊一気に読みました。良かったです!面白かった。料理人の律と小説家の脩司。2人の孤独だった心が、満たされていくに従って成長?変化していく様子が読んでいて楽しかったです。律が一歩一歩自分の気持ちをみつめて階段を上っていくような感じ、脩司は最初 の無愛想なクールさはどこへやら、律への一途で情けないくらいに愛情溢れる様子がとっても甘くて甘くて良かったです。周りの人たちも良いですね。特に2人の親友美形兄弟は何かと魅力的です。楽しく読める作品でした。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 良かったです!
    ゆりりさん 投稿日:2019/12/11
    高久尚子先生のイラスト買いです! 律くん目線で読むと胸がきゅーと締め付けられて切なくなります。 律くんにも佐々原にも過保護すぎる親友(兄弟)がいるのが救いです!
  • (5.0) よかった
    ともさん 投稿日:2017/12/2
    幸せな気持ちになりました。この先の幸せを想像するのも嬉しいですけど、この先が読めたらいいな…
  • (4.0) 3巻まで購入
    ももちゃさん 投稿日:2017/4/22
    こんなにめんどくさい俺様攻は初めてです(笑) 言動は俺様なのに繊細。 彼の過去を考えれば当たり前かもしれないけど… 受も、どこかふわふわしている。 この二人だけなら、すぐに破綻していたかもしれない。 周りの人達に支えられて、お互い向き合って、3巻では本当の意味でパートナーになっていった感じがします。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ