漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

反逆の花嫁

通常価格:
530pt/583円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数6件
反逆の花嫁(1巻配信中)

作品内容

貴女は俺の花嫁になるんだ、選択権はない-

父王の再婚で居場所をなくしたジークリンデは、神様の花嫁である<聖剣の巫女>となるべく聖地へ渡った。巫女仲間との日々は、王宮とは違い楽しく穏やかなものだったが、ディーハルトの登場により突然破られた。ディーハルトは、王国で謀反が起こり、ジークリンデは新しい王の息子である自分の婚約者になれと告げたのだ。強引な結婚は“悲劇の王女”の立場を利用するため? ジークリンデはディーハルトに絶対に心を許すまいと誓うが……?!

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

反逆の花嫁のレビュー

平均評価:4.3 6件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 尊い
    子犬さん 投稿日:2020/4/22
    ねぎししょうこさんのイラスト好きで購入。タイトルと内容が「ん〜」って感じですが、面白かったです。主人公が巫女ということで、喋り方が淡々としてるが、どくとくの存在感があり、お互いを「君」と「貴女」と呼ぶのが尊い感じがしました。 いちゃいちゃ は全くありませんが、主人公が月に帰ってしまいそうだと抱しめるディーハルトの姿をねぎししょうこさんのイラストで想像して勝手にキュンとしてます。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 何度も読み返してしまう
    たまちゃんさん 投稿日:2019/12/22
    読み終えてから、始めのページに戻り2人の出会いのシーンを読み返すと、腹黒な2人の一目惚れってこうなるよね。と、納得。 ヒーローの男心にヒロインがクスっと笑うシーンが凄く好きです。愛してるってヒーローは一言も言わないけど、色気たっぷりでヒロ インに近づいて行くんですよね。ヒロインに生意気って言えるのはヒーローだけですよね。けどヒロインが好きでたまらないのがセリフから伝わってきました。最近読んだ中で一番お気に入りのヒーローかも。 もっとみる▼
  • (5.0) んんー面白い!!
    あーたんさん 投稿日:2018/9/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 思わず唸ってしまうほど面白く読みごたえのあるお話でした。したたかで強いヒロインのジークリンデ大変好みです。ヒロインの友人が腹黒と称するように、心の内を表情を隠しています。そしてそれを上回る腹黒さで仮面をいくつも被っているのがヒーローであるディーハルト。育った環境、置かれている状況ゆえ仕方のないことですね。そんな似ている二人がはじめから互いには素を見せ合っているのがいい。皮肉と嫌みの応酬ですが(笑)愛する国と尊敬する父の為にヒロインを利用したりと、色々読めないヒーローでしたが、ヒロインの心も体も守ろうとした気持ちはとても誠実で、後半それが分かった時は胸がキュンとしました。ヒロインはヒーロー敵視してるし気持ちにも無自覚なので甘さはないのですが、時折言葉もなくじっと見つめ合う二人にドキドキします。好きだとかいう言葉もなく二人を包む空気は剣呑としていても、惹かれ合っていく様がよく分かりました。最後、気持ちが通じ合い、月の下でのキスシーンは本当に綺麗で、気持ちが溢れ出ていて感動しました!それから出てくるキャラくせ者揃いでしたが、ヒロインの親友マーサがすごくかっこ良かった!最後までジークリンデを助けようとしている姿は第二のヒーローのよう(女の子だけど(笑))ストーリーも主人公二人もその他キャラもとても良かったです! 続きを読む▼
  • (5.0) 良いです
    ぽやっとさん 投稿日:2017/12/2
    甘さ控えめながら芯の通ったお話しでどんどん読み進められました。ヒロインやまわりのキャラが印象深く、読後感も非常に良かったです。結婚後のエピソードも読みたかったです。
  • (5.0) 横柄巫女シリーズと同じ世界観
    セメントさん 投稿日:2016/9/26
    最後の最後でこの人の時代かあああ!と手を打ちますよ。この人がこういう過去を持ってあの姿に。。と考えると、前作に既に色々伏線があったのだなと感心します。すごく良かったです。前作を読んだ人は二倍楽しめます!単編のお話としても、非常にロマンがあり ました。 もっとみる▼
  • (1.0) 無理です。
    ゆきちゃんさん 投稿日:2018/12/1
    レビューの高さで購入しましたがラノベの部類ではないかも。 前半の前半で読むのやめました。
▲ページTOPへ