We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

神様のご褒美 押しかけ御曹司と恋の遺伝子

通常価格:
300pt/330円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.0) 投稿数2件
神様のご褒美(2巻配信中)

作品内容

ある朝、見知らぬ男から突然「遺伝子が欲しい」と言われ、その場を逃げ出した24歳の派遣OL・舞。その夜、帰宅した彼女の部屋では、朝の男が懐かしい母の味“雪見鍋”を作って待っていた。驚く舞を妙に心地いい口づけで懐柔しようとするこの男の正体は、舞の派遣先の会社の取締役。野宮物産の跡取り・一馬だった。舞の父が犯した罪を承知で“どんな辛いことにも負けない強い遺伝子が必要なので自分と結婚しろ”と言い放つ一馬。その不思議な魅力に惹かれ、甘い一夜が始まる…。本作品は2011年12月1日発行「白の誘惑」に収録された作品を分冊したものです。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • 神様のご褒美 押しかけ御曹司と恋の遺伝子
    登録して購入
    通常価格:
    300pt/330円(税込)
    ある朝、見知らぬ男から突然「遺伝子が欲しい」と言われ、その場を逃げ出した24歳の派遣OL・舞。その夜、帰宅した彼女の部屋では、朝の男が懐かしい母の味“雪見鍋”を作って待っていた。驚く舞を妙に心地いい口づけで懐柔しようとするこの男の正体は、舞の派遣先の会社の取締役。野宮物産の跡取り・一馬だった。舞の父が犯した罪を承知で“どんな辛いことにも負けない強い遺伝子が必要なので自分と結婚しろ”と言い放つ一馬。その不思議な魅力に惹かれ、甘い一夜が始まる…。本作品は2011年12月1日発行「白の誘惑」に収録された作品を分冊したものです。
  • 神様のご褒美2 押しかけ御曹司と恋のライバル
    登録して購入
    通常価格:
    300pt/330円(税込)
    「君の遺伝子と混じり合いたい」。風変わりなイケメン御曹司・一馬から遺伝子目当てに強引にプロポーズされ、同棲を始めた舞。しかし、自分と一馬の境遇があまりにも違うことから、釣り合わないのではないかと悩んでしまう。そんなとき、元カレが職場の同僚として舞の前に現れる。さらに、一馬の元婚約者までもが登場して――。俺サマ御曹司・一馬に押されっぱなしだった薄幸の派遣OL・舞は、自分の力で幸せを掴み取れるのか!?

レビュー

神様のご褒美のレビュー

平均評価:3.0 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (3.0) なかなかハード
    まみさん 投稿日:2019/2/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒロインの生い立ちがかなりハード。父親が犯罪者で、盗癖のために散々苦労してきました。普通に暮らしたいのに、そうさせてもらえない不条理。ヒロイン自身が隠れるように身を縮こませてきた日々に頓珍漢なヒーローが乱入。ヒロインが前向きになれてよかった。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (3.0) 星3.5
    ピーロさん 投稿日:2019/2/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 一話目はいきなり「君の遺伝子がほしい」といわれた舞 家に帰るとその男性,勤務先の御曹司の野宮一馬がいて… 食事を作ってプロポーズをする一馬 舞には恋も結婚も出来ない事情があり断るが守られる言葉に揺さぶられて一夜をともにしてしまう 二話目は一方的に同棲をされ親にも挨拶してしまった舞 しかしある事が起こり 元カレや一馬の元婚約者も出てきて… 舞が自分の為でなく相手の事を考えてとった行動 神様のご褒美を獲るためには… 短編でしたがよかったです 半額で購入したのでお徳でした 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
▲ページTOPへ