漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む

桶川ストーカー殺人事件―遺言―

通常価格:
590pt/649円(税込)
(5.0) 投稿数3件
桶川ストーカー殺人事件―遺言―(1巻配信中)

作品内容

ひとりの週刊誌記者が、殺人犯を捜し当て、警察の腐敗を暴いた……。埼玉県の桶川駅前で白昼起こった女子大生猪野詩織さんの殺人事件。彼女の悲痛な「遺言」は、迷宮入りが囁かれる中、警察とマスコミにより歪められるかに見えた。だがその遺言を信じ、執念の取材を続けた記者が辿り着いた意外な事件の真相、警察の闇とは。「記者の教科書」と絶賛された、事件ノンフィクションの金字塔!

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

桶川ストーカー殺人事件―遺言―のレビュー

平均評価:5.0 3件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ジャーナリストのお手本
    an8gさん 投稿日:2019/9/24
    100人の捜査官を投入したと言う埼玉県警に先んじ、 なぜ写真週刊誌の記者が犯人を突き止めたのか。 それは自分の足で調査し、被害者の無念の声に耳を傾け、情報提供者を大事にしたからだ。 さらに警察の怠慢、書類偽造を暴く。 ジャーナリズム とはまさしくこういうことだ。 大手新聞などで作られ、大本営発表を鵜呑みにする閉鎖的な記者クラブにはできない仕事だろう。 他の本も読みたくなった。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) ぐいぐい引き込まれる
    joe8563さん 投稿日:2019/2/10
    ドキュメンタリーでありながらエンタメ作品でもある。構成力の高さにしびれました。
  • (5.0) 事実は小説より奇なり
    mitubachi2424さん 投稿日:2017/1/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 ひとりの週刊誌記者が、殺人犯を捜し当て、警察の腐敗を暴いた……。埼玉県の桶川駅前で白昼起こった女子大生猪野詩織さん殺害事件。彼女の悲痛な「遺言」は、迷宮入りが囁かれる中、警察とマスコミにより歪められるかに見えた。だがその遺言を信じ、執念の取材を続けた記者が辿り着いた意外な事件の深層、警察の闇とは。「記者の教科書」と絶賛された、事件ノンフィクションの金字塔! というアオリ文句に引かれて購入。正直下手な小説なんかより数百倍…読み応えがあったと思います。警察も司法もマスメディアもなにやらきな臭い現在、是非老若男女に読んでほしい本だと思いました。 本当は「めちゃくちゃ面白かった」と言いたいのですが、亡くなった女性に申し訳ない気がして言えません。この胸が熱くなるドラマチックなミステリーは、フィクションではなく、ノンフィクションなのです。 続きを読む▼
▲ページTOPへ