漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

戦国小町苦労譚14 工業時代の夜明け NEW

通常価格:
1,200pt/1,320円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.9) 投稿数13件
戦国小町苦労譚(14巻配信中)

作品内容

真田昌幸率いる間者組織の諜報活動により、
着実に勝利を重ねていく第二次東国征伐。
足満は佐渡島で本間氏を瓦解させ、
信忠は、天目山で決死の果し合いを勝頼に申し込み、
景勝・慶次軍は、景虎軍と衝突する――
通信機や電球の開発・実用化が進み、
急速に工業時代の幕開けを迎える日ノ本。
一方、トンカツを夢見てソース作りに没頭する静子の敵は……濃姫!?

web版に大幅加筆を施し、読み応え抜群の14巻。
累計80万部突破の大人気シリーズ、コミカライズも大好評?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  14巻まで配信中!

  • 戦国小町苦労譚11
    登録して購入
    通常価格:
    1,200pt/1,320円(税込)
    母(しずこ)、奮闘!
    武田・北条連合軍との戦端が再び開かれる中、彼女に課された任務は難題で……!?
    そして「日ノ本初の人物写真」の栄冠は誰の手に!?


    時は1575年、信長が安土へ移ろうとする過渡期の1月。静子はチョコレートケーキ作りに励んでいた。「親」として迎える初めての正月だったが、彼女に寛ぐ暇などあるはずもなく——本願寺の挙動に気を配りつつ、東国征伐と花火大会の準備を進める傍ら、いよいよカメラは実用段階に。日ノ本初の写真撮影に挑むが・・・・・・
    日ノ本一目が離せない戦国ライトノベル、最新11巻‼
  • 戦国小町苦労譚12 哀惜の刻
    登録して購入
    通常価格:
    1,200pt/1,320円(税込)
    さらば、愛しき者たちよ
    本願寺との和睦が迫る中、
    ヴィットマンとバルティに老いの兆しが……
    打ちひしがれる静子と、それを支える仲間たち。
    ついに訪れるその日――


    時は巡り、1576年正月。
    恋愛も結婚もすっとばして二児の母となった静子は、
    コタツで枝豆を堪能していた。
    本願寺がついに信長に屈しようという節目を迎える中、
    ヴィットマンが老衰のため体調を崩してしまう。
    これまで誰よりも近くにいた家族の老いに動揺する静子。
    一切の仕事が手につかなくなった静子は、信長と配下たちにあるお願いをするのだった……
  • 戦国小町苦労譚13 第二次東国征伐
    登録して購入
    通常価格:
    1,200pt/1,320円(税込)
    1576年6月。ヴィットマンとバルティがこの世を去り、悲しみに暮れる静子。特別待遇として信長からしばしの休息を与えられるが、今や織田家重鎮となった彼女には課題が山積みであった。
    葬儀を済ませ、戦線に戻った静子を待ち受けるのは、気球の実地試験に、用水路工事、神体山の社の建築、そして第二次東国征伐であった。今回いくさに導入される新兵器とは? 史実より圧倒的有利な状態で開戦の火蓋を切って落とす第二次東国征伐の展開やいかに!?
  • 戦国小町苦労譚14 工業時代の夜明け
    登録して購入
    通常価格:
    1,200pt/1,320円(税込)
    真田昌幸率いる間者組織の諜報活動により、
    着実に勝利を重ねていく第二次東国征伐。
    足満は佐渡島で本間氏を瓦解させ、
    信忠は、天目山で決死の果し合いを勝頼に申し込み、
    景勝・慶次軍は、景虎軍と衝突する――
    通信機や電球の開発・実用化が進み、
    急速に工業時代の幕開けを迎える日ノ本。
    一方、トンカツを夢見てソース作りに没頭する静子の敵は……濃姫!?

    web版に大幅加筆を施し、読み応え抜群の14巻。
    累計80万部突破の大人気シリーズ、コミカライズも大好評?

レビュー

戦国小町苦労譚のレビュー

平均評価:3.9 13件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 安定の面白さ
    hikaさん 投稿日:2021/5/5
    この手の作品は普通は、戦闘か内政のどちらかを無双する話が多いですが、元女子高生がどちらも熟すところが魅力だと思います。信長は史実とは違う結末を迎えるのか?静子はどこまで上り詰めるのか?今後も楽しみです。

高評価レビュー

  • (5.0) 主人公、何者!?
    水巴鏡花さん 投稿日:2020/1/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 15歳で戦国時代へタイムスリップ。なのに、ものすごい順応力と知識で織田信長のもとで活躍していく主人公。 小説版はまだ数巻しか買っていませんが、コミック版で読み進めていたので少し先まで内容は知っています。 確かにあまりにトントン拍子だし知識レベルがあり得ないとは思うけど、こういう作品はそもそもそこに突っ込んでは始まらないと思うで 笑 この作品が本当に面白くなってくるのは、主人公が自分と同じように現代からタイムスリップしてきた人たちと再会したところからだと思います。 特に、そのうちの一人の正体がなんとなく予想できてきた辺りから、一気にテンションが上がりました! そして、歴史もその頃から史実と齟齬が出てきます。 歴史改変とかそんなこと気にもしないところがかえって面白いと思いました。 お値段がかなりお高く正直痛くはありますが、購入継続予定です! 続きを読む▼
  • (5.0) 最新刊からまた1巻を読み始めたら♪
    りんさん 投稿日:2019/4/24
    最近、歴女でない私でも知ってるBIGな人がいっぱい、ワクワク。 最新刊読んでから、1巻目を久々にめくってみたら、また止まらなくなった。痩せた土地を任せられて、田吾作さんとか、二作さんと(^○^)村づくり頑張ってた、静子無双が気持ち良くてた まらなく夢中になったんだったと、改めて再確認。 そうだ!ガタガタ震えて卵白泡立てる長可くんに、砂糖だけでなく、レモンの搾り汁ちょっとを少しずつ入れてあげて欲しい、手動で大変だし、酸を入れたら少し楽になるかと思うんだけどなぁ。 もっとみる▼
  • (5.0) 一気読み
    みゃおさん 投稿日:2018/11/9
    トリップ前のチート知識でトントン拍子に重要ポストに就き、歴史に影響を…とご都合展開ではありますが、にわか歴女としては楽しい読みものでした。 本来の歴史を知る主人公がどう未来を変えていくのか、続きが気になります。
▲ページTOPへ