漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

meet,again.

通常価格:
560pt/616円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.4) 投稿数14件
meet,again.(1巻配信中)

作品内容

大学構内の生協で働く嵐(あらし)は、飲み会の席で栫(かこい)という学生と知り合いになる。 どこか冷たい静けさを纏い、独特な言動をする栫と嵐はまったくタイプが違ったが、 つかず離れずの友人関係は意外なほど長く続いている。 そんなある日、嵐は心の内に抱え続けていた、母の死にまつわる秘密を栫に暴かれて──?ゆっくりと落ちてゆく心を計る砂漏の恋。 その後の二人を描いた「hello,again.」も収録。

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

meet,again.のレビュー

平均評価:4.4 14件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 理解が追い付かない(主に栫)
    らぴさん 投稿日:2020/9/7
    何度も読み返さないと全体像が見えてこない作品だと思います。それぞれ悲しい過去を持つ二人ですが、それを差し引いても栫くんの正体があまり見えてこず難しかったです。嵐くんも完璧人間ではないので、二人で歩いてゆく人生なら嵐くんは気苦労が絶えないだろ うなあと思いました。前作のような甘さは無く、辛口なBLでした。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) ある意味、究極の恋
    lastpenguinさん 投稿日:2020/3/23
    サイコパスというか相手の先手を読みコントロールできる栫と、そんなどう考えても性が良いとはいいがたい栫に心を捕らわれてしまった嵐。どうして好きになったのか、好きってどういうことなのか、好意を持ち合っていたとしても、その相手とすべてを分かり合え ることなんてないんじゃないかとか、いろんなことを考えながら読みました。片方がたちが悪く描かれる(それには原因もあるのですが)ので読み進めると息が詰まるようなシーンも多いのですが、最後はハッピーエンドですから安心してほしいです。でも、手放しの暖かいハッピーエンドというよりは、少しほろ苦い切ないハッピーエンドではあります。でもそこが良い。BLだけどBLを超えた恋の話、人と人との話、何度も読み返すことになりそうです。 もっとみる▼
  • (5.0) 重い、暗い、でも好き。
    苫小牧子さん 投稿日:2020/2/27
    林檎〜も先生が抱えてるものはかなり重かったのですが、ふたりのやりとりに軽さがあったのでまだ平気でした。でもこちらは…重い。なんかもうひたすら重い。つらい。しんどい。でも、読んでよかった…作者さん、こんなものも書いてしまうのかって感動しました 。少しオカルティックな要素もあり、ノベルではファンタジーものは苦手なんですが、するっと受け入れられました。 他の方のレビューで同人もあると知り、めちゃくちゃ読みたい! 電子化してほしい〜!!! もっとみる▼
  • (5.0) 雪よ林檎の香のごとくのスピンオフ
    マリネコさん 投稿日:2019/8/19
    一穂先生の作品の中で、一番「本当に大丈夫??」と将来が心配になるCPです。 雪よ林檎の〜に出てきた、歪んだ性格(クラッシャー)の栫のお話。過去に栫の背負ってきたものが、重くて重くて、あんな性格になってしまった理由が分かります。が、、、嵐く んにしてきたことは、許せないかも。 もうね、嵐くん本当にいいの?大丈夫?と聞きたくなってしまう。志緒ちゃんじゃないけど、別れた方がいいよ、と言いたい。 でも、一穂先生のHPのこばなしでこの二人の話が載ってますが、少し栫嵐の気持ちも垣間見えて少しホッとします。 もっとみる▼
  • (5.0) 好き
    マミ子さん 投稿日:2018/11/4
    一穂さんの作品の中でも、個人的には好きなお話。嵐くんにはすごく好感が持てる。栫くんのお相手が嵐くんで良かったな。嵐が栫に修行のため県外に出ることをうち明ける同人誌の話も本編に入れ込んで欲しかった。
  • (5.0) 栫ファンは是非!
    なるみさん 投稿日:2018/3/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 「雪よ〜」での時から嫌いになれない、むしろ好きだなと思っていた栫が出てくるお話。このお話でも栫は栫でした。でも嵐と会って優しくなったようやな気がしなくもないな、と。お話は重いのですが、何故か柔らかさを感じました。「雪よ〜」美夏やしおちゃんが出てたからかな?しおちゃんの会話から先生を垣間見れたのもよかったです。 個人的にしおちゃんの「もう町村さんは、あんなふうに笑わないんだろうなって、思う。」のところが一番印象的でした。 一穂さんのお話の中では重めかもしれませんが、読んでもらいたい一冊になりました。 続きを読む▼
▲ページTOPへ