漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

おっさん、勇者と魔王を拾う【電子書籍限定書き下ろしSS付き】

通常価格:
1,110pt/1,221円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.0) 投稿数1件
おっさん、勇者と魔王を拾う(2巻配信中)

作品内容

★電子書籍限定書き下ろしSS付き★
「小説家になろう」で話題沸騰!
人間も魔族もこの親子に大注目!?
世界の命運を左右する、ハートフル子育てストーリー!

書き下ろし短編も収録!


【あらすじ】

〈万能の冒険者〉の二つ名を持つ熟練中年冒険者アレンは、ある日体力の衰えを理由に冒険者ギルドから戦力外通告を受ける。悲しみに明け暮れながら故郷の村に帰るが、その旅路の途中で彼は捨てられていた2人の赤ん坊を拾う。だが赤ん坊たちの手には何故か、伝説の勇者と魔王に刻まれていたという、紋章のようなアザがあった。そして月日は経ち、8年後。愛情を込めて育てた娘たちに、非情な宿命が降りかかるが、アレンは自分の危険も顧みず果敢に立ち向かっていく。
世界の命運を左右する、ハートフル子育てストーリー!

著者について
●チョコカレー
2作目です。
チョコとカレーが好きな人間です。
RPGゲームでは大抵パワータイプキャラを使います。
魔王が第2形態を残してるとか良いですよね。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • おっさん、勇者と魔王を拾う【電子書籍限定書き下ろしSS付き】
    登録して購入
    通常価格:
    1,110pt/1,221円(税込)
    ★電子書籍限定書き下ろしSS付き★
    「小説家になろう」で話題沸騰!
    人間も魔族もこの親子に大注目!?
    世界の命運を左右する、ハートフル子育てストーリー!

    書き下ろし短編も収録!


    【あらすじ】

    〈万能の冒険者〉の二つ名を持つ熟練中年冒険者アレンは、ある日体力の衰えを理由に冒険者ギルドから戦力外通告を受ける。悲しみに明け暮れながら故郷の村に帰るが、その旅路の途中で彼は捨てられていた2人の赤ん坊を拾う。だが赤ん坊たちの手には何故か、伝説の勇者と魔王に刻まれていたという、紋章のようなアザがあった。そして月日は経ち、8年後。愛情を込めて育てた娘たちに、非情な宿命が降りかかるが、アレンは自分の危険も顧みず果敢に立ち向かっていく。
    世界の命運を左右する、ハートフル子育てストーリー!

    著者について
    ●チョコカレー
    2作目です。
    チョコとカレーが好きな人間です。
    RPGゲームでは大抵パワータイプキャラを使います。
    魔王が第2形態を残してるとか良いですよね。
  • おっさん、勇者と魔王を拾う2【電子書籍限定書き下ろしSS付き】
    登録して購入
    通常価格:
    1,110pt/1,221円(税込)
    ★電子書籍限定書き下ろしSS付き★
    「いつだってお前たちの味方だからな?」
    海より深いパパの愛で娘を包め!
    ハートフル子育てファンタジー第2弾!!

    【あらすじ】
    かつての愛弟子シェルが加わり、賑やかさが増したアレン一家。
    ある日、意を決したアレンは娘のリーシャとルナに2人の正体を知っていると告白する。
    勇者と魔王だとバレて愛娘たちは悩む。
    「お父さんに嫌われるかもしれない……」
    「親子でいられなくなるかもしれない……」
    そんな不安をアレンは即座に一蹴する!
    「それでも2人は俺の娘だ、絶対に見捨てない!」
    しかし、彼の決意をあざ笑うようにルナの魔王としての力が暴走してしまう!!
    膨大な闇の魔力の海へとルナが飲み込まれていく中、危険を一切顧みずアレンは手を伸ばす――。
    海より深いパパの愛で娘を包め!ハートフル子育て第2弾!!

レビュー

おっさん、勇者と魔王を拾うのレビュー

平均評価:4.0 1件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 一応4だけど実質3.8てところかな
    ぐっとなのりさん 投稿日:2020/9/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 単純に面白いと言うより、魔王と勇者が協力する話は今更珍しく無いけど、姉妹で養父好きで家族大事にな処は好感がもてました。おっさんが娘バカだから真実は関係ないじゃ無く、知識有るのに正体に気付かない所はツッコミたいが、世間と言うか世界の二人を取り込みたい勢力連中がアレな感じなので、ほのぼの平和展開は無いだろうから、進み次第では★5にもなる、この先どう話を持って行くか久々に気になる作品でした。 続きを読む▼
▲ページTOPへ