We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

七つの魔剣が支配する

通常価格:
690pt/759円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.5) 投稿数6件
七つの魔剣が支配する(8巻配信中)

作品内容

春――。名門キンバリー魔法学校に、今年も新入生がやってくる。黒いローブを身に纏い、腰に白杖と杖剣を一振りずつ。胸には誇りと使命を秘めて。魔法使いの卵たちを迎えるのは、満開の桜と魔法生物のパレード。喧噪の中、周囲の新入生たちと交誼を結ぶオリバーは、一人の少女に目を留める。腰に日本刀を提げたサムライ少女、ナナオ。二人の魔剣を巡る物語が、今始まる──。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  8巻まで配信中!

  • 七つの魔剣が支配する
    登録して購入
    通常価格:
    690pt/759円(税込)
    春――。名門キンバリー魔法学校に、今年も新入生がやってくる。黒いローブを身に纏い、腰に白杖と杖剣を一振りずつ。胸には誇りと使命を秘めて。魔法使いの卵たちを迎えるのは、満開の桜と魔法生物のパレード。喧噪の中、周囲の新入生たちと交誼を結ぶオリバーは、一人の少女に目を留める。腰に日本刀を提げたサムライ少女、ナナオ。二人の魔剣を巡る物語が、今始まる──。
  • 七つの魔剣が支配するII
    登録して購入
    通常価格:
    610pt/671円(税込)
    魔法学校に入学して半年ほど過ぎ、ようやくオリバーやナナオたち6人も、エキサイティングな学園生活に慣れてきた。そんなある日、誰が最強の魔法使いかを決める「一年生最強決定戦」が開催されることになり――。
  • 七つの魔剣が支配するIII
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    オフィーリアが魔に呑まれ、ピートがその使い魔に攫われた。キンバリーの地下迷宮に消えた生徒数の多さに、学園内は厳戒態勢が敷かれる。学生統括のゴッドフレイをはじめ、上級生らが奪還に向かうも救出活動は難航していた。
     迷宮の深みに潜む魔女を相手に、自分たちに何が出来るのか? 苦悩するオリバーらに、ある人物が取引を持ちかける。それは彼らにとっての光明か、それとも破滅への誘惑か。
     目指す場所は地下迷宮の更にその奥。想像を超えた環境と罠、恐るべき合成獣たちが行く手を阻む。果たして彼らはサルヴァドーリの工房にたどり付き、友人を取り返すことができるのか──。
  • 七つの魔剣が支配するIV
    登録して購入
    通常価格:
    650pt/715円(税込)
    新入生の季節を迎えたキンバリー魔法学校。オリバーたちも二年生に進級し、苛烈さを増す授業や日常の中で、魔法使いとしての現実に直面していく。
     つかの間の休息を魔法都市ガラテアで過ごすことにした6人。魔法の絨毯に乗り、買い物や名物料理を楽しみ、魔法生物のお店を覗く。そんな穏やかな夕食の席でキンバリーと対立関係にある、フェザーストン魔術学舎の生徒たちと激突することになり──。
     さらに、シェラの父であり、ナナオをキンバリーに迎えたセオドールが現れ、ナナオと話がしたいと誘う。この街には「人斬り」が出ると言うセオドールに、真意を測るオリバーだが──。
  • 七つの魔剣が支配するV
    登録して購入
    通常価格:
    650pt/715円(税込)
    勉強と鍛錬を重ねて己を高めつつ、時には後輩たちを相手に頼れる先達としての一面も見せ始めるナナオたち。魔法生物学でグリフォンと格闘するカティに、魔道工学にのめり込むピート。ガイは迷宮で『生還者(サバイバー)』から教えを受けていた。
     一方で、次の仇討ちの標的をエンリコに定めたオリバーは同志たちと共に戦いの段取りを詰めていく。しかし、迷宮に消えたピートとエンリコを追いかけ、エンリコの研究所にたどり着いたオリバーとナナオは、そこでエンリコの魔道工学の脅威と、『魔法使い』と『異端(グノーシス)』の対立の一端を垣間見ることになり──。
     宿敵の一人に必殺を期すオリバーたち。彼らが戦場に選んだ場所とは――。
  • 七つの魔剣が支配するVI
    登録して購入
    通常価格:
    650pt/715円(税込)
    エンリコの失踪はキンバリーに衝撃をもたらした。二年連続の異常事態に教師陣も犯人捜しへと動き始め、ついには学校長自らの尋問が生徒へと及ぶことに。
    不穏な情勢下で近付く統括選挙の時期。後継者を決めあぐねるゴッドフレイ陣営の前に、因縁の対抗勢力が立ち塞がる。
    そんな中、人生を懸けて箒競技のタイム更新に挑むアシュベリーは、大きな壁にぶつかり苦しんでいた。彼女の助けになろうとするナナオだが、ふたりの華々しい活躍は選挙と無縁でいられず──。
    一方でオリバーたちの前には、転校生の少年・ユーリィが現れる。軽いノリとは裏腹に高い戦闘能力を持ち、楽しげに校内を探って回る彼の目的とは──。
  • 七つの魔剣が支配するVII
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    キンバリーの今後を左右する一大イベント、決闘リーグの開幕が迫る。三年生に進級し成長を見せるオリバーたちは、そのために三人一組のチームを組むことになった。同学年の中でも実力上位と目されるナナオらは、他チームから徹底的にマークされて厳しい戦いを強いられる。
     一方で、例年以上に豪華な報酬と特殊なルールは、教師殺しの犯人を探すための教師陣の罠でもあった。さらに次期学生統括の座を巡る選挙戦もその影響を受け、駆け引きは激しさを増す。
     そんな中、ユーリィが追いかけていた「骨抜き事件」の犯人、サイラス=リヴァーモアが動き出す。激動のキンバリーで、屍漁りの魔人は何を企むのか――。
  • 七つの魔剣が支配するVIII
    登録して購入
    通常価格:
    630pt/693円(税込)
    最上級生たちが登場し、さらに盛り上がりを見せる決闘リーグ。一方その裏で、ゴッドフレイの骨を奪還するため、ナナオたちはリヴァーモアを追い、地下迷宮の放棄区画へと突入した。
     無数の死者が住まう王国で幕を開ける、決闘リーグでの三人一組に上級生を加えた編成での捜索。数多の骨獣から古代の秘術によって作られた無貌の古人まで、リヴァーモアの使役する使い魔が息つく間もなく彼らに襲いかかる。さらにはレオンシオ陣営も捜索の妨害に回り──。
     人間ひとり分の骨を蒐集したリヴァーモアの目的とは。そして、『棺』の真実にたどり着いたオリバーが取る道は──。

レビュー

七つの魔剣が支配するのレビュー

平均評価:4.5 6件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) さすが
    またもさん 投稿日:2021/12/21
    この先生の書く小説は全部面白いです。前作、天鏡のアルデラミンが好きな人ならハマると思います。世界観や舞台設定は全然違いますが、大勢いるキャラクターが全員作りこまれている点、文章がかっこよくて尚且つ読みやすい点は今作も同様です。どんどん物語に 引き込まれてしまいます。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 刃を交えたとき、芽生えたものは愛や否や
    hohohoさん 投稿日:2019/11/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 さて魔法学園モノ、というのは実はライトノベル界隈でも手垢がついた…と言ってもいいほど使われてる題材です。 魔法使いが間合いを制するために他の技術を交えた戦闘術で戦う、なんてのもまた然り。 ただ、設定や描写は重厚です。社会をひっくるめてそういった設定に落とし込んでおり、なかなか没頭させてくれます。 主人公はどこか陰があるけど、自分のできることを、すべきことをしっかり見ている好感が持てる少年。 彼をとりまくヒロインたちや友人も魅力的です。 が、本作品の白眉はそこではないのです。 扉絵のシーン。主人公とヒロインが刃を交える刹那。 その一シーンは是非一読を。小説だけでなく、あのえすのサカエが描いた漫画版でも実に素晴らしい出来でした。 同作者の前作を見てると、色々悲しい展開が予測できますが、一シーン一シーンの美しさは格別です。悲劇は見たくなくとも、綺麗なライトノベルを見たいなら是非。 続きを読む▼
  • (5.0) 少年の哀しさが……
    小夜さん 投稿日:2020/12/5
    【このレビューはネタバレを含みます】 設定はよくある感じですが、物語が重厚で5巻の心理描写は鳥肌が立ちました。オリバーの復讐、ナナオの願い、全てを飲み込んで蠢く魔宮キンバリー。ラストはハッピーではないかもしれませんが、先が楽しみです。 続きを読む▼
  • (5.0) すらすら読めた
    ぽこたさん 投稿日:2020/3/13
    魔剣は武器ではなく技のよう。登場人物も魅力的で挿絵もキレイ、それにストーリーもかなりおもしろかったです。
  • (5.0) おもしろーい
    じいやさん 投稿日:2020/5/23
    CMしてたから、読んでみたけど、期待以上です。続きがきになり、一気に買っちゃいます
  • (2.0) 途中で
    のりまきさん 投稿日:2020/7/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 途中で出てくる亜人の権利について思想の押し付けがひどくて挫折した。保守的な方は合理的な経緯があるのにも関わらず、主人公側は理由もなく否定するだけ。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ