漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む

その結婚は無効です! 冷血御曹司は崖っぷち女子を愛す

通常価格:
685pt/753円(税込)
(3.8) 投稿数5件
その結婚は無効です! 冷血御曹司は崖っぷち女子を愛す(1巻配信中)

作品内容

母の借金で住む家を追い出された最上萌音は、大企業の御曹司、一柳隼人の偽の恋人として雇われることに。彼の恋人に相応しくなるべく教育される萌音だが、親密な雰囲気がないと隼人に指摘され、彼から直接レッスンをされることになってしまう。「こういう時ぐらいは名前で呼んでくれ」艶っぽい雰囲気の隼人に優しく抱かれて変わっていく身体。契約だけの関係と思い切ろうとするが、時折見せる彼の優しさや孤独に惹きつけられ!?

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

その結婚は無効です! 冷血御曹司は崖っぷち女子を愛すのレビュー

平均評価:3.8 5件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) 盛り込みすぎ
    akesawさん 投稿日:2020/1/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 出会いがありえない始まりで、でも本筋は王道の貧乏苦労ヒロインがセレブに溺愛されるストーリーだったので期待できないかなぁと思いましたが。 想像よりは中身がちゃんとあってよかったです。 核になるピアノに関しては(作者さんも書いてますが曲のレベルはともかく)二人を繋ぐアイテムとしてうまく想像力を広げてくれました。 ただ、ヒロイン母との問題、ヒーローの親族間争い、ストーカーなど設定が盛り沢山なわりにどれも半端にしか出てこなかったです。 もっと的を絞った方が入り込んで読めるような気がします。 それと、文脈や字重なり等が目立ってました。編集さんついてるんですよね?1箇所くらいならミスもわかるけど、校正がまともにできていない作品はたとえどんなに中身がよくても読んでて萎えちゃいます。 子供っぽすぎる挿し絵も残念でした。あれならないほうがいいです。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 最後までハラハラでした。
    snowさん 投稿日:2019/11/27
    この作者さんは 人の 傷ついた感情や その過程に 至るまでの 表現が 凄く上手くと思いました。言葉の選び方が上手く 読みながら 共感してしまうというか ストーリーの中に 引きずられていくような感じがして 凄いなーと思いました。お気に入りの一 冊となりました。次の作品も 読ませてもらいます。 もっとみる▼
  • (4.0) タイトルよりも重めな展開
    モッチさん 投稿日:2020/1/9
    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒーローの御曹司だけど家族に恵まれてこなかった境遇やお家騒動、ヒロインも生活苦で大変だった環境など、根底がちょっと重く感じられましたが、その中で2人が引き合いながら愛に目覚めていく過程が良かったです。お兄さん、変わってて面白い。ちょっとイラストがお話のイメージと合ってなかったかな? 続きを読む▼
  • (4.0) 現代物でも良かった
    kazeさん 投稿日:2019/2/10
    ヒストリカルで本領発揮の著者と認識しておりましたが、今作はとても良かった。 ヒーローが医者だと性格が破綻しがちなのでしょうか、抑圧された坊ちゃんである今作のヒーローは割合素直でかわいい男でした。 今作の素晴らしいところは、間延びせずさまざ まな出来事が絶妙なタイミングで起こり、読み飽きません。引き込まれる。 今作って書きすぎたわ……。語彙力。 演出力と構成力が光るお話でした。テンポがいいというのは素晴らしいことです。 ピアノうんぬんがたくさん出てきますが、おそらく詳しくない方でも問題なく読める内容です。 当て馬であるあの女には、もっと活躍して欲しかったw もっとみる▼
  • (4.0) ピアノ
    satyさん 投稿日:2019/1/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒロインは男に騙され続ける母のお陰?で雑草魂というか根性があるタイプ。かたやヒーローは幼い頃から家族の愛を受けられず、冷たい鎧で自己防衛している。そんな2人がピアノを通して距離を縮めていくのが良かったです。 それぞれの兄弟親子の確執、ストーカー、跡目争い、恋愛、色々盛り込まれていて、うまく纏まってはいたんですが、盛り込まれすぎてヒーローの両親が全く登場しなかったり、ストーカーが最後にしか出てこなかったり、ヒロインのピアノに対する思いがよく分からなかったりしました。 ヒーローsideもあり、2人の気持ちはよく分かります。けっこう好きな作者さんです。でもどちらかと言えばヒストリカル系の方が上手に書かれてるように私は感じました。 続きを読む▼
▲ページTOPへ