漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

【SS付き】勇者パーティから追い出されたと思ったら、土下座で泣きながら謝ってきた!

通常価格:
1,150pt/1,265円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.5) 投稿数2件
勇者パーティから追い出されたと思ったら、土下座で泣きながら謝ってきた!(3巻配信中)

作品内容

ベテラン冒険者のダスターは国からの依頼を受け、勇者パーティのサポート役に就いていた。しかし突然クビを言い渡され、理不尽にも追放されてしまう。ところが数週間もしないうちに、パーティの一人がダスターの前に現れる。そしてダスターと目が合った瞬間、なんと「土下座」をかましてきた……! どうやら魔物の毒により、勇者達が死の淵をさまよっているらしい。断ることもできず、仕方なく助けに向かうダスター。しかし彼らの命を救うには、「竜の砂浴び場」という、ドラゴンが棲息する危険地帯に赴く必要があった――。 電子版には「女性陣の受難」のショートストーリー付き!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 【SS付き】勇者パーティから追い出されたと思ったら、土下座で泣きながら謝ってきた!
    登録して購入
    通常価格:
    1,150pt/1,265円(税込)
    ベテラン冒険者のダスターは国からの依頼を受け、勇者パーティのサポート役に就いていた。しかし突然クビを言い渡され、理不尽にも追放されてしまう。ところが数週間もしないうちに、パーティの一人がダスターの前に現れる。そしてダスターと目が合った瞬間、なんと「土下座」をかましてきた……! どうやら魔物の毒により、勇者達が死の淵をさまよっているらしい。断ることもできず、仕方なく助けに向かうダスター。しかし彼らの命を救うには、「竜の砂浴び場」という、ドラゴンが棲息する危険地帯に赴く必要があった――。 電子版には「女性陣の受難」のショートストーリー付き!
  • 勇者パーティから追い出されたと思ったら、土下座で泣きながら謝ってきた!2
    登録して購入
    通常価格:
    1,150pt/1,265円(税込)
    勇者パーティのサポート役を首にされた、ベテラン冒険者のダスター。しかし数週間もしないうちにパーティメンバーから「土下座」され、彼らの師匠に祭り上げられてしまう……!勇者一行と訪れた熱の山にて、ダスターは巨大な青いドラゴンと遭遇する。ドラゴンから依頼されたのは、「竜の営巣地」に赴くという超危険任務だった。いったん拠点の街へ帰還したダスターだったが、休む間もなく「大森林」の調査団に参加することに。「竜の営巣地」への通り道である広大な森が、魔物の巣窟である迷宮と化していたのだ――。
  • 勇者パーティから追い出されたと思ったら、土下座で泣きながら謝ってきた!3
    登録して購入
    通常価格:
    1,150pt/1,265円(税込)
    勇者パーティのサポート役を首にされた、ベテラン冒険者のダスター。しかし数週間もしないうちにパーティメンバーから「土下座」され、彼らの師匠に祭り上げられてしまう……!ドラゴンとの盟約を果たすため、ダスターは冒険者になった森人の娘メルリル、盟約の化身フォルテとともに、超危険地帯である「竜の営巣地」を目指す。冒険の末に、どうにか目的地に辿り着いたダスター一行。そこにはなんと勇者パーティがいて、強大なドラゴンに無謀にも戦いを挑んでいた。勇者との腐れ縁は、もはや切っても切れないようで――!?

レビュー

勇者パーティから追い出されたと思ったら、土下座で泣きながら謝ってきた!のレビュー

平均評価:3.5 2件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) タイトルからの予想に反して
    ぐらさん 投稿日:2019/9/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 構想がよく練られていて最後まで飽きることなく読めました。森人のあり方も考えられていた。勇者様…貴族の坊っちゃんなのにがっつくんだw可愛いキャラです。続刊出て欲しいです。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (3.0) タイトルが笑えたので…
    オレオレさん 投稿日:2019/5/17
    購読してみました。 今まで読んだ主人公追放ものだと、主人公追放→追放後は主人公大活躍→追放した勇者達は没落って流れでしたが、そうした流れとは違った内容は新鮮で面白かった、しかしラストが「え?ここで終わっちゃうの?」と思ってしまうくらいに中 途半端なところで終わってしまい、次巻に続くという感じでもなかったのでそこだけが非常に残念、巻末に電子版SSを載せる余裕があるなら、あの後みんながどうなったかまで書くべきじゃないのかな? もっとみる▼

オススメ異世界ライトノベル

▲ページTOPへ