マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
お得なラノベ・小説・実用書クーポン!

許せない男 ~警視庁特殊能力係~

通常価格:
560pt/616円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(3.5) 投稿数6件
警視庁特殊能力係(7巻配信中)

作品内容

指名手配犯を記憶して探し出す「見当たり捜査」に携わる新人刑事の麻生瞬。同じ捜査一課の小池が、何者かに襲撃され、重傷を負う事件が起こる。立て続けに、瞬の直属の上司である徳永に爆弾の小包が届いた。三年前までコンビを組んでいた徳永と小池に対し、逆恨みしている人物がいる…? 一度見た顔は絶対に忘れない瞬は、徳永の周囲にいるはずの犯人を探すことに! シリーズ一作目『忘れない男』の後日談も収録!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  7巻まで配信中!

  • 忘れない男 ~警視庁特殊能力係~
    登録して購入
    通常価格:
    540pt/594円(税込)
    警察学校を卒業したばかりの麻生瞬。憧れの捜査一課に配属されたが、そこは「特殊能力係」という部署。どうして自分が? 戸惑う瞬だったが、上司の徳永に言われて気がついた。一度見た顔は忘れない、というのはどうやら普通ではないらしい…? 瞬はその記憶力で早速成果をあげはじめるが、なぜか命を狙われるように――。15年前の代議士死亡事故との関係とは!?
  • 諦めない男 ~警視庁特殊能力係~
    登録して購入
    通常価格:
    560pt/616円(税込)
    一度見た人物の顔は絶対忘れない、新人刑事の麻生瞬。上司の徳永とともに指名手配犯を見つけ出す「見当たり捜査」をおこなっている。そんなある日、浦井という殺人未遂犯が刑期を終えて出所した。浦井は殺せなかった相手を再び狙う可能性がある――徳永の懸念を知り、瞬は協力を申し出る。瞬の「特殊能力」によって、思いがけない形で5年前の事件の真相が明らかに…!?
  • 許せない男 ~警視庁特殊能力係~
    登録して購入
    通常価格:
    560pt/616円(税込)
    指名手配犯を記憶して探し出す「見当たり捜査」に携わる新人刑事の麻生瞬。同じ捜査一課の小池が、何者かに襲撃され、重傷を負う事件が起こる。立て続けに、瞬の直属の上司である徳永に爆弾の小包が届いた。三年前までコンビを組んでいた徳永と小池に対し、逆恨みしている人物がいる…? 一度見た顔は絶対に忘れない瞬は、徳永の周囲にいるはずの犯人を探すことに! シリーズ一作目『忘れない男』の後日談も収録!
  • 抗えない男 ~警視庁特殊能力係~
    登録して購入
    通常価格:
    550pt/605円(税込)
    一度見た人の顔を忘れない“特殊能力”を持つ麻生瞬は、その力を武器に配属された『特殊能力係』で見当たり捜査を行っている。そんな瞬と上司の徳永のふたりきりだった『特能』の活躍が認められ、増員の知らせが舞い込んだ。やってきたのは、驚異的な映像記憶能力を持つ関西弁男・大原海。しかし、捜査中の大原は不穏な動きを見せ始め……?
  • 捕まらない男 ~警視庁特殊能力係~
    登録して購入
    通常価格:
    560pt/616円(税込)
    一度見た人の顔は絶対に忘れない能力を持ち、捜査一課特殊能力係・通称『特能』に所属する新人刑事、麻生瞬。膨大な指名手配犯の顔を記憶し街中で張り込む『見当たり捜査』中、詐欺容疑で見覚えのある男を取り逃がしてしまう。結婚詐欺など数多の被害を出しながら、幾度となく逮捕を免れていることで警察内でも有名な詐欺師の名は藤岡大也。落ち込む瞬だったが、その矢先、藤岡に新たな殺人事件の容疑がかかる。だが上司の徳永は、『奴は殺人を犯すような男ではない』と断言する。徳永と藤岡との間にある因縁とは…?
  • 逃げられない男 ~警視庁特殊能力係~
    登録して購入
    通常価格:
    570pt/627円(税込)
    一度見た顔は忘れない男・麻生瞬が『特殊能力係』、通称『特能』に配属されて一年。上司の徳永の背を見て学び、刑事として成長できていることを嬉しく思う瞬。一方合コンで惨敗した同居人の佐生はマッチングアプリに手を出すことに。そんな折、瞬と徳永のもとに、かつての同僚・大原海から近況報告が届く。いまは沖縄でサトウキビ農家の手伝いをしているといい、新天地で充実した様子の大原だったが、数日後、東京で起きた大学生傷害事件の容疑者に彼の名が浮上する。状況が分からず心配する瞬。その夜自宅のインターホンが鳴り、そこに立っていたのは逃亡の末に憔悴した大原で……。人気シリーズ、緊迫の第六弾!
  • 失わない男 ~警視庁特殊能力係~
    登録して購入
    通常価格:
    580pt/638円(税込)
    一度見た人間の顔を忘れない麻生瞬は、膨大な数の指名手配犯の顔を覚え、街角で地道な『見当たり捜査』を行う警視庁捜査一課の専門部署『特殊能力係』に配属されて早一年。ある日、上司の徳永と二人きりでいるところへ謎の美女が訪れる。徳永に「美貴子さん」と呼ばれ親しげな彼女は一体何者なのか? 気になって仕方がない瞬は、見当たり捜査中、指名手配犯リストに載っている男に声をかけられた。が、警戒する瞬に道を尋ねてきた男は、病により既に自分の犯した罪も名前さえも忘れていた――。特能バディの事件ファイル、シリーズ第7作! 忘れてしまった罪は、なかったことになるのか?

レビュー

警視庁特殊能力係のレビュー

平均評価:3.5 6件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 面白かったです
    さやさん 投稿日:2021/8/12
    指名手配犯の顔を覚えて街で見つけ逮捕する、見当たり捜査を専門とする警察官のお話で、事件の捜査をするというよりは、見当たり捜査をする中で事件に巻き込まれ、他部署と協力しつつ解決していく感じです。 まだ一巻しか読んでませんが、主人公と上司がいい バディになりそうで、続きが楽しみです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (4.0) 面白かったですよ
    椎の木さん 投稿日:2020/5/15
    刑事もので設定としては面白かったですよ。愁堂れなさんの作品が全てBLで無いといけないわけではないので これはこれで良かったと思います。でも ちょっとBLっぽく話が進むのかと思うようなそんな箇所が有るので恋に発展していくと良いのにと思います。 ・・・あっ ヤッパリ愁堂れなさんのBLを期待してしまっているかも。 もっとみる▼
  • (4.0) 非BL
    カンガルーさん 投稿日:2021/3/8
    特殊能力って言葉だけで非日常を思い付きますが、爽やかに純粋で元気な警官1年生でしたwww。作者さんのBL作品では最初の頃からお世話になっているので、攻め受けタイプ別も直ぐに区別しちゃうのですが、素直に血が流れない警察モノとして楽しみました。
  • (3.0) 普通に刑事ものでした。
    keiさん 投稿日:2019/11/18
    作者さん、イラストレーターさんから、BLだと思い込んでいました。知らないシリーズでしたので、BLだけのシリーズが創刊されたのかと。ちょっとした特技から、ちょっと変わった部署へ配属になった主人公が、個人的に事件に巻き込まれて、上司の協力と特技 を助けに解決まで辿り着くという感じ。憧れていた刑事とは違うものの、尊敬ができる上司の元で職務に誇りが持てるようになるんでしょうねぇ。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ