漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
お得な小説・ラノベ・実用書クーポン!
この巻を買う/読む

王妃ベルタの肖像 3

通常価格:
680pt/748円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.5) 投稿数63件
王妃ベルタの肖像(3巻配信中)

作品内容

新しい都に移り、次第に外朝でも動きを見せ始めるベルタ。財政難に南部と北部の派閥統合など、問題は山積していた。そんな中、ベルタはカシャから異母弟を呼び寄せる。新たな勢力軸の登場に王宮は揺れて――!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 王妃ベルタの肖像
    登録して購入
    通常価格:
    660pt/726円(税込)
    王妃と仲睦まじいと評判の国王のもとに、第二妃として嫁いだ辺境領主の娘ベルタ。王宮で誰も愛さず誰にも愛されないと思っていたベルタは予想外の妊娠をしたことで、子供とともに政治の濁流に呑み込まれていく――。
  • 王妃ベルタの肖像 2
    登録して購入
    通常価格:
    680pt/748円(税込)
    実質的に王家の女主人の座を手中に収めたベルタ。
    王妃としての初仕事で「遷都」という国家の一大事業に携わることになる。

    公私ともに変わっていく、国王ハロルドとの関係性に戸惑う日々をおくる中、ある日ベルタに南部からの密使が届く。王妃であると同時に、南部最大領主の娘であるという立場に翻弄されながらも、ベルタはハロルドと共に遷都先の二つの候補地へ視察に赴くことに。

    ――「私たちの都に、この先ずっと、不断の富をもたらすために」
    激動のヒストリカル・ロマン、待望の続刊!
  • 王妃ベルタの肖像 3
    登録して購入
    通常価格:
    680pt/748円(税込)
    新しい都に移り、次第に外朝でも動きを見せ始めるベルタ。財政難に南部と北部の派閥統合など、問題は山積していた。そんな中、ベルタはカシャから異母弟を呼び寄せる。新たな勢力軸の登場に王宮は揺れて――!?

レビュー

王妃ベルタの肖像のレビュー

平均評価:4.5 63件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 是非、3巻まで読んで!!
    だんごさん 投稿日:2021/5/29
    3巻まで読み終えました。驚くほど、ちゃんとした(?)歴史物語です。学園ドラマのような王室の話はそれはそれでお気楽に楽しかったりはするのですが、これは全く違います。その分、途中で挫折しそうになる方も居るかも知れません。私は3巻が1番大好きです !でも、1、2巻を経てこそだなぁと感じるので、これから1巻に戻ります! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 面白い
    あーたんさん 投稿日:2020/10/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 ベルタは第二妃の為、一巻では正妃もよく出てくる。王であるハロルドは生涯の伴侶として正妃を大切にしているけれど、後継者問題と政治的な問題とでベルタを迎えます。なので最初はハロルドがベルタに対して冷たいという感じを受けるかな。致し方ないとは思うけど。ベルタが淡々としていて冷静に正妃の動きと政局を見ているし、ハロルドに何かしら求めているわけではないので、その点はさらっと流せます。血統主義の正妃と変革を求めるハロルドの対立により不穏な空気になる王宮。その中で、ベルタと女官たちのおしゃべりが面白い。ベルタが賢く立ち回るのでそこが読んでいて爽快です。一巻ではハロルドとベルタは互いに心から信頼するには至ってないけど、主従のような戦友のような立ち位置。二巻は二人の関係がどんどん変わっていき、王と王妃、夫婦として絆を深めていく関係になっていくのでラブ要素は一巻よりは高めです。ハロルドの人間らしい面やベルタの女性らしい面が出てきて、キャラもより魅力的に、ストーリーも面白く感じました。三巻が出るのか気になるところ。今のところベルタの実家が動いていないのでそこらへんが話として出てきたら面白いなと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) コミカライズの方から入りました
    ちいこさん 投稿日:2020/7/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 先にコミカライズの方から入り、読み進める うちに原作小説の方も気になり購入に至りました。 この物語の魅力は何と言っても主人公にあると思います、まだ20代前半の主人公で、殿下は10個ほど歳が離れているにも関わらず、冷静沈着でどんな辺境化にあろうとも、決して取り乱す事なく最善を尽くす主人公は読んでいて凄く魅力的で、大切なわが子を何よりも最優先に考える姿は気高くとても凛々しいと感じました。良い意味で、お姫様お姫様していない感じがとても新鮮でした。正直、主人公が何かに護られたり…というシーンは1つも無く、全て自分の力で先読みして対処していた事に純粋にヒーローよりも格好いいのでは?と思ったりもしました(笑)…物語自体は何も残すとこ無く終わっていますが、正式な、正妃になってからの彼女を見たいと思ったし、冷えきった殿下との仲をもう少し進展させて甘い二人も見たいなと…ぜひ続刊を希望です! 続きを読む▼
  • (5.0) 融和
    ごとうさん 投稿日:2020/7/12
    【このレビューはネタバレを含みます】 コミック版が内容の分かりやすいタイトルなので、安心してノベル版を購入できました。 第二妃という立場で後宮に入った主人公が、王への愛情もないまま身ごもったことにより、否応なしに周囲を変えていかざるを得なくなるのですが、彼女の心境にも共感できますし、また敵役側の正妃にも同情してしまう事情があるのでクライマックスまで面白く読みました。 ラストは一瞬、「えっ、ここで終わり?」と思いましたが、綺麗な結末かと。 2巻も刊行されたので追記です。 1巻ラストが「俺たちの戦いはこれからだ!」な印象だったため期待してしまったのですが、1巻程の敵もなく、事件はあるもののどちらかというと主人公が夫に対してウジウジしている印象があり、やや残念でした。 続きを読む▼
▲ページTOPへ