漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
小説・ラノベ・実用書3冊20%OFFクーポン
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

クロカネの道をゆく

通常価格:
773pt/850円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

クロカネの道をゆく(1巻配信中)

作品内容

我が職掌はただクロカネの道作りに候――。幕末、長州に生まれた弥吉こと、のちの井上勝(まさる)は、国禁を犯して伊藤博文、井上馨らと長州ファイブの一人として渡英した。ロンドンで西欧の近代化を目の当たりにし、鉄道(クロカネ)こそが国を発展させると確信する。帰国後、伊藤らが中央政界で活躍するなか、勝は立身出世には背を向け、ひたすら鉄道敷設に邁進する。鉄道の敷設権を要求するアメリカの主張を退け、さまざまな反対の声にも粘り強く交渉し、ついには日本人のみによる鉄道敷設を成し遂げた。のちに日本の「鉄道の父」と呼ばれる、技術大国の礎を築いた“魂の技術者”の物語。『クロカネの道』を改題。

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

クロカネの道をゆくのレビュー

この作品はまだレビューがありません。

▲ページTOPへ