マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP小説・実用書小説・実用書KADOKAWA角川文庫結界師の一輪華結界師の一輪華2
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
小説・実用書
結界師の一輪華2
4巻配信中

結界師の一輪華2

620pt/682円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

幼い頃より虐げられてきた少女・華(はな)は、強い術者の力を隠して生きてきた。
だが本家新当主で、美しく強力な結界師である一ノ宮朔(いちのみや・さく)に迫られ、華は契約嫁として日本を護る柱石の結界強化に協力する。
期間限定の契約結婚のはずが、なぜか朔から気に入られ、結婚は解消できずにいるままだが、華は朔のおかげで本来の自分を取り戻し始めていた。

そんな中、術者協会に侵入者が発生し、いくつかの危険な呪具が盗まれてしまう。
朔との離婚を華に迫る二条院家の双子、桔梗と桐矢も現れて、新たな波瀾の予感が……。
大ヒット異能×和風恋愛ファンタジー、待望の続刊!

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  4巻まで配信中!

  • 結界師の一輪華

    640pt/704円(税込)

    「俺の嫁になれ」
    見捨てられた落ちこぼれ術者は、傲岸不遜な若き当主に愛される。
    契約結婚から始まる、大逆転劇。

    遥か昔から、5つの柱石により外敵から護られてきた日本。
    18歳の一瀬華(いちせ・はな)は、柱石を護る術者の分家に生まれたが、幼いころから優秀な双子の姉・葉月(はづき)と比べられ、虐げられ続けてきた。
    ある日突然、強大な力に目覚めるも、華は静かな暮らしを望んで力を隠し、自らが作り出した式神たちと平和な高校生活を送っていた。
    だが新たに本家の当主となった、傲岸不遜だが術者として強い力を持つ男・一ノ宮朔(いちのみや・さく)に見初められ、強引に結婚を迫られてしまう。
    期限付きの契約嫁となった華は、様々な試練に見舞われながらも、朔の庇護下で本当の自分の姿を解放し始めて――?

    「お前が幸せであるよう夫としてできるだけのことをする。だから俺のそばにいろ」

    大ヒット『鬼の花嫁』のクレハが贈る、新たな和風恋愛ファンタジー!
  • 結界師の一輪華2

    620pt/682円(税込)

    幼い頃より虐げられてきた少女・華(はな)は、強い術者の力を隠して生きてきた。
    だが本家新当主で、美しく強力な結界師である一ノ宮朔(いちのみや・さく)に迫られ、華は契約嫁として日本を護る柱石の結界強化に協力する。
    期間限定の契約結婚のはずが、なぜか朔から気に入られ、結婚は解消できずにいるままだが、華は朔のおかげで本来の自分を取り戻し始めていた。

    そんな中、術者協会に侵入者が発生し、いくつかの危険な呪具が盗まれてしまう。
    朔との離婚を華に迫る二条院家の双子、桔梗と桐矢も現れて、新たな波瀾の予感が……。
    大ヒット異能×和風恋愛ファンタジー、待望の続刊!
  • 結界師の一輪華3

    640pt/704円(税込)

    さっさと契約結婚を終わらせて、式神たちと悠々自適な人生を送ることをもくろんでいた華。
    でもその思惑とは裏腹に、朔の溺愛はいっそう増して結婚解消は遠のくばかり。
    挙げ句、頑なに隠していた本当の力をも学校で解放するはめになってしまった。
    当初の予定とはだいぶ違うけれど、それでも、華の人生は前向きな方向に向かっているはずだった。

    だが朔の旧友で、三光楼の次期当主である雪笹が華の前に現れる。
    なぜか朔に執着する雪笹は、いきなり朔と別れるよう華に手荒く迫る。
    同時に、葉月を奪われて怒り心頭の一瀬の両親は、家の再興のために雪笹と手を組み、何かを企んで……?

    一瀬家の両親の執念の秘密、そして華たちに無関心と思われた姉妹の兄・柳の本心とは。
    そして雪笹から華への暴挙を知った朔が取った行動とは――!?

    華と朔の絆が一層深まる、胸キュン度と爽快感ますます大増量の第3巻!
  • 結界師の一輪華4

    660pt/726円(税込)

    朔の企みで、ついに毒親な両親たちを一瀬の長から失脚させることに成功した華。
    没交渉だった兄、柳の本心も知ることができ、少しずつ兄妹の交流も復活し始める。
    その過程で華は、朔への恋心を少しずつ自覚し始めるのだが、2人は相変わらずな距離感で過ごしていた。

    そんな中、第一から第五までの黒曜学校合同の学祭が開催されることになり、今回は、一ノ宮家が取り仕切り、華たちが所属する第一学校で行われるという。
    その目玉プログラムは、各学校の代表生徒同士で術者の技を競い合い、優勝を決める術者交流戦。
    式神たちとのんびり屋台などを楽しもうと思っていた華だったが、皆に本当の実力を知られてしまったことがあだとなり、不本意ながら選抜メンバーに担ぎ出されてしまう。
    最大のライバルは、ここ数年の優勝をかっさらっている第四学校。その中でも、攻撃力に特化した四ツ門家の後継者候補である四ツ門牡丹だった。
    高飛車で勝ち気なお嬢さまである牡丹は、何かと華を馬鹿にし、噛みついてきて……?

    その一方で、術者協会から呪具を盗む事件を起こし、協会に捕縛されていた「彼岸の髑髏」のメンバーが、厳重な監視下にあったにも関わらず、突然全員苦しみ悶え死んでしまう。
    朔は腹心の柳と、“漆黒最強”の誉れ高い術者、四道 葛(しどう かずら)に調査を命じるが――。

レビュー

結界師の一輪華のレビュー

平均評価:4.6 149件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 一気読み
    旅籠さん 投稿日:2024/4/14
    面白かったです。 漫画スタートでしたが、続きが読みたくて一気に読んでしまいました。 続きが楽しみ。 この2人いつどうなるの〜

高評価レビュー

  • (5.0) おもしろーい
    あさごはんさん 投稿日:2022/9/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 続きはまだでしょうか?笑 コミカライズが面白かったので、もっと先が読みたくなってしまったのですが、やはりとても面白いですし、この先が楽しみ 作者様の鬼の花嫁も愛読書ですけど、主人公が家族から虐げられて育つとか、最初の設定はちょっと似ているなと思ったのですが、こちらは主人公の少女がとても強い。それを見初めた彼(夫?)も驚くくらいの力を発揮してしまったようですが、最初からこの感じだと彼女はもっともっとチートなのでは? 本人の自覚はともかく癒し系の力が強いのかなぁ? お人好し発揮して夫に迷惑かけすぎないようにね〜、とか、ちょっと心配になってしまう。でも、夫の朔もかなり強そうだから、ジメっとしたお話にならないことを期待します。 とは言え、期待するのはそっちだけじゃなくて、今後の夫婦生活の方もタイトルに溺愛系とは書いてはいなかったけれど、契約結婚なんて言ってたのに、結構甘々な夫婦になりそうな気がするから楽しみ。 式神や周りの兄弟など気になるキャラも多い。まだ一巻ですけど、姉や両親はこのまま黙っているのかなぁ? 意外と嫁ぎ先の方の姑や家人達はすっかり華の味方になってしまいそうな気配ですが、朔の父とか、敵になりそうな人も沢山いるので気になります。なんにしろ、とにかく続きが楽しみ。期待して待ってます!! 続きを読む▼
  • (5.0) 鬼より こっちのヒーローがイイ。
    chimneyさん 投稿日:2023/6/4
    コミカライズの画が 鬼の花嫁より 好きだったので読んでみると ストーリーも好きでした。今作品は ヒロインが 元気印なトコが イイですね。続きは ラノベにしてみました。文面は コミカライズを見据えての脚本ものに感じました。小説 独特の細やかな 心理 背景描写など 殆どありません。大雑把です。漫画家様に丸投げぽい印象です。なので コミカライズで確かめたくなりますね。作戦かな?(笑)スラスラ読めますし 鬼の花嫁であるような不快なセリフ回しもナイので ストレスフリーで楽しく読めました。文脈も鬼より良くなったのでは?KADOKAWA社になってからチェックされるようになったのでしょうか?稚拙と云われるかもですが 鬼より読みやすかったです。また鬼みたいに サクラが出てくれば 評価下げますが 少年漫画に既に似てるのありますが 今は 純粋に好きだったと云えます。鬼のレビュー今見ても1件のままなんですよねー。不思議(笑)作者様作品が好きなら増えてよさそうなのに。どんなカラクリなんでしょう? もっとみる▼
  • (5.0) 強い!
    まんまるさん 投稿日:2023/3/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 華が両親に力が弱いからと虐げられて、よくある弱い感じの子なのかなと思っていたら全然違ってた。強気だし嫁いだ後も両親にも興味なしって言い切るし、朔にも他の跡取り候補とか弟とかにも言いたい事言ってるし。主人公が言いたいことも言えずって話が多い中、この主人公はハッキリしてて好き。朔とどんな感じで結ばれるのか気になる。□3巻読んで。華が強いからって結界の中に閉じ込めて了解も得ずに仕事をさせた朔にモヤモヤ。ちょっと扱いが酷い。ホントに好きなん?疑うよ…。義母の説教に拍手です。命の危機や重傷を負ってたら取り返しつかないのに。私なら高級フレンチディナーでは許せないけどね。次巻からはもうちょっと華の扱いを丁寧?優しく?にして欲しい。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ