漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

ライトノベル
【電子限定版】復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 1
この巻を買う/読む

【電子限定版】復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる 1

【期間限定】2018/10/1 0:00まで
通常価格:
900pt/900円(税抜)
価格:
450pt/450円(税抜)
(4.0) 投稿数17件
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる(5巻完結)
作品内容

電子限定描き下ろしSS付!! ワガママ幼馴染あさひに懐かれているせいで、散々な生活を送っていた森川瑠璃。ある日、そんなあさひに巻き込まれ瑠璃は異世界に召喚されてしまう。しかも、陰謀によって危険な森に捨てられることに……!?「絶対に生き抜いて、あいつらに復讐してやる」しかし、親切な魔法使いチェルシーに助けられ、瑠璃は異世界での生活を満喫し始める。ひょんなことから手に入れた腕輪の効果で、白猫に変身できるようになった瑠璃。身を寄せることになった竜王国で人であることを隠すはめになった彼女は、当面、白猫の姿で過ごすことになってしまい……。ふわふわモフモフの小さな姿でどうやって復讐を果たすのか!?アリアンローズ新人賞受賞作。 精霊と魔法の王道異世界ファンタジー第一弾、ここに登場!!

作品ラインナップ  全5巻完結
レビュー
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼるのレビュー

平均評価:4.0 17件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) マンガから
    こここさん 投稿日:2018/9/1
    マンガを読んで面白かったので 原作の方に来ました 細かいとこが書かれてる原作も面白かったです
  • (4.0) 面白い
    ゆきさん 投稿日:2018/8/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 4巻まで一気読みしました とても読みやすく、猫になっちゃう設定もいいです 精霊達も可愛いかったり面白かったり、竜王ジェイド様との恋の行方も気になるし、瑠璃一家がいつ揃うのかも気になるし オレ様火ー様がこれから何やらかすのかが今は1番楽しみかも 続きを読む▼
  • (3.0) 少々考えが浅い
    keyさん 投稿日:2018/8/11
    【このレビューはネタバレを含みます】 精霊達が可愛いです。猫になった主人公にメロメロな王にも癒されます。しかし、所々で主人公の思考に腑に落ちない部分がありそこが残念です。まず自分のせいでは無いにしろ自分がきっかけで戦争が起こるのにそれに対する罪悪感なりはなく、嫌いなあさひ達が死んでしまうからという理由が主で戦争を止めようとする所。ナダーシャの王はあさひをいずれ殺そうと考えていると知ったにもかかわらず、あさひに戦争を止めさせるよう説得する所。そんなことをあさひにさせたらあさひが殺されると思うのですが、その可能性を後から気づき、自分で考えずチェルシーに相談しようと考えた所。(相談するのは悪い事とは言いませんが主人公としての力の見せ所かと少し期待したので他人に相談することに拍子抜けしました)あとあさひは主人公に対して悪意が無く(やってることは酷いですが)それに冷たくあたる主人公にもっと他に違う関わり方はなかったんだろうかと思ってしまいます。色々やられてのこの対応なのだと思うのですがその描写もあまりないのでイマイチ主人公の肩を持てません。あと家族に会いたいと願いはしますが今までそこまで落ち込んでいる描写もなくそこも感情移入できませんでした。主人公に感情移入できないと読む気が低下してしまうのでそこが惜しかったです。あと絵が若干残念です。挿し絵は楽しみになるはずがイメージが崩れてしまうので挿し絵になるとすぐに飛ばしてしまいました。話の題材は良いと思うので尚更惜しいです。気になった所をつらつら書いてすみません。ここが変わればもっと楽しくお話に入れると思うので書かせて頂きました。次巻はもっと楽しくなることを期待します! 続きを読む▼
  • (4.0) 読みやすい
    かあさん 投稿日:2018/8/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 国を跨ぐ話は登場人物が多い話が良くありますが、登場人物がそこまで多くないので何処の誰か分からなくなることがないので考えずに読めるので良かった。山場になる場面もあり私は楽しく最後まで飽きることがありませんでした。ただ絵が好みでは無かったので挿し絵になると何だかガッカリした気分にはなりました。挿し絵無しがあれば良かった。 続きを読む▼
  • (4.0) コミックから
    maruさん 投稿日:2018/6/16
    コミック読んだら面白くて、ついつい買ってしまいました。主人公他まわりの登場人物も魅力的な感じで好きです。ただ、値段が高めなのであまり長くならないでほしいところです。
ライトノベルランキング
▲ページTOPへ