マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPBL(ボーイズラブ)マンガBL(ボーイズラブ)小説ダリア文庫eダリア文庫e天官賜福天官賜福 2
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

作品内容

【一目で、生きる意味を知った。】
二度の追放を経て、八百年ぶりに神官に復帰した謝憐(シエ・リェン)は、下界で三郎(サンラン)という少年に出会い、ほんの数日の間に親しくなる。
謝憐のことを「兄さん」と呼び、常に悠然と笑っている三郎。
しかしその正体は、天界の神々ですら恐れるほどの絶大な力を持つ鬼王、花城(ホワチョン)だった――!

再会を約束するかのように、指輪を一つ残して姿を消した花城(ホワチョン)。一方、天界に戻った謝憐だったが、失踪した神官の捜索という任務を受けて鬼市に潜入することになる。
そこはまさに花城(ホワチョン)の縄張りで、彼の住処に招かれた謝憐は、少年ではない真の姿で現れた彼に「会えて嬉しい」と歓迎されて!?

※本作品には挿絵はございません

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  3巻まで配信中!

  • 天官賜福 1

    1,800pt/1,980円(税込)

    【八百年、貴方に焦がれ続けた。】
    仙楽国の太子・謝憐(シエ・リェン)は、十七歳の若さで飛昇し天界の武神となった。しかし、自らの行動が原因で二度も天界を追放されてしまう。
    それから八百年後――。
    三度目の飛昇を果たし天界に復帰したものの、今や謝憐(シエ・リェン)の信徒は残っておらず、他の神官たちからもはみ出し者扱いされてしまうのだった。

    地道に信徒を獲得しようと下界で一人奮闘する謝憐(シエ・リェン)は、ある日、三郎(サンラン)と名乗る美しい少年に出会う。行くあてがないと言われ共に過ごすようになり、慕ってくれる彼と仲を深める謝憐(シエ・リェン)。だが、なぜか天界や鬼界に詳しい三郎(サンラン)には秘密があるようで――?

    ※本作品には挿絵はございません
  • 天官賜福 2

    2,000pt/2,200円(税込)

    【一目で、生きる意味を知った。】
    二度の追放を経て、八百年ぶりに神官に復帰した謝憐(シエ・リェン)は、下界で三郎(サンラン)という少年に出会い、ほんの数日の間に親しくなる。
    謝憐のことを「兄さん」と呼び、常に悠然と笑っている三郎。
    しかしその正体は、天界の神々ですら恐れるほどの絶大な力を持つ鬼王、花城(ホワチョン)だった――!

    再会を約束するかのように、指輪を一つ残して姿を消した花城(ホワチョン)。一方、天界に戻った謝憐だったが、失踪した神官の捜索という任務を受けて鬼市に潜入することになる。
    そこはまさに花城(ホワチョン)の縄張りで、彼の住処に招かれた謝憐は、少年ではない真の姿で現れた彼に「会えて嬉しい」と歓迎されて!?

    ※本作品には挿絵はございません
  • 天官賜福 3

    2,050pt/2,255円(税込)

    【千万の詩より、雄弁な口づけ。】
    郎千秋(ラン・チエンチウ)、そして四大害・戚容(チーロン)との複雑な関係が明らかになった謝憐(シエ・リェン)。その過去に天界は騒然として、三度目の追放を願い出た謝憐は君吾(ジュンウー)から禁足を命じられる。だが、そんな彼を天界から攫い、「あなたは間違っていない」――そう言って千々に乱れた心を受け止めてくれたのは、他でもない花城(ホワチョン)だった。

    菩薺観へ戻り、戚容や子供たちと奇妙な共同生活を送る謝憐は、依頼を受けてとある異象の調査へ。霊との攻防の中で湖へ飛び込むと、突然水中で誰かに口づけられる!瞠目しながら謝憐が感じたのは、柔らかな唇、力強く腰を抱く腕、そして眩い赤色で――。

    ※本作品には挿絵はございません

レビュー

天官賜福のレビュー

平均評価:4.8 130件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) 大好き
    りっちゃんさん 投稿日:2024/6/11
    何度も何度も繰り返し読んでます!とにかく内容が濃くて泣いたり笑ったり映画を見てるような感覚になる話で、夢中になってしまいます。本当におすすめです。

高評価レビュー

  • (5.0) 全巻今すぐ読みたいほど焦がれてます!
    たい焼きさん 投稿日:2023/12/13
    【このレビューはネタバレを含みます】 全巻今すぐにでも読みたい! 叶うことならば一週間どこかで缶詰め状態でひねもす全巻読み耽りたい程素晴らしい作品に出逢えました。友人がはまり、中国語の原作全巻購入で翻訳ツールを使ってでも読破し且つTVアニメまで追ったという話を聞き「それほどに?」と俄然興味が湧き購入しました。日本語版では現在3巻まで発売中。一心不乱に繰り返し読みました。感想としては中毒レベルの面白さで身震いしました。翻訳版でこれだけ面白いのですから、中国語で原作を読むことができたら尚楽しめるでしょうね。 最初は表紙をスッとスライドした時の人物相関図を目にした時に登場人物の多さに愕然とし覚えられるかが心配でしたが、杞憂に過ぎませんでした。奥深いファンタジーな世界。自分の中で小説の場合は完結作品しかレビュー投稿をしないポリシーを設けておりますが、日本語版完結迄はまだまだ先は長いと思いますので一旦投稿させて頂くことにしました。 何が心ときめいたのか。太子殿下にのみに向けられる鬼王花城(三郎)の純粋な心、これが響いてしまいました。天界の神官達からも恐れられる最強で全知全能の絶境鬼王が殿下に対してのみ捧げる崇敬・敬愛の心。殿下も2巻では花城にだいぶ傾いているような気がします。1巻が重要で2巻からは1巻の詳細が紐解かれていく内容でした。1巻で殿下と花城と思われる少年は出逢っているのですよね。1巻で花城が殿下に贈った指輪は恐らく鬼の弱点とされる骨灰ではないかと想像しています。そうだとすると花城は殿下と再会したこの時点で早々に心を差し出していることになり、殿下も実は薄々この指輪が骨灰だと勘づいているのでは?等と妄想は果てしなく広がります。この後ですが、なぜ花城は誕生したのか?どうして鬼王になったのか?という点が気になっていますので着目してみたいと思います。作品内でよく出てくる時間の単位である一ちゅう香は30分位という表現も独特で味わいがあります。中国の道教的な考え方も勉強になりました。3巻は殿下と花城の関係に進展が!読者至福。 レビュー(漫画の方)にありましたように小説には挿絵がありませんでしたので漫画の方も購入し併せて読みましたが、あまりの美しさに驚嘆しました。小説の中のイメージを超えるような登場人物達の'美,もぜひ見てみてほしいです。フルカラーで標亮!「小説を読んでから挿絵として補完するつもりで漫画を読む」に一票です。 続きを読む▼
  • (5.0) 「身は無間、心は桃源」
    こるむさん 投稿日:2023/12/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 「天官賜福」を読んでいると、この世界の神様は危険なことや都合の悪いことは当たらず触らず、功徳をばらまかれたら奪い合って拾い集め、それどころか仲間の神官が命懸けで人々を救おうとするのを見ても協力するどころか非難し嘲る、ある意味とても人間的で奇妙な「神様」たちに描かれているのです。 「半月関事件」で昔の裴宿は虐げられていた半月を助け優しく接した少年だったのに、神官として与君山に現れた時は、無残に命を落とした小螢という少女に一瞥すらありませんでした。宣姫に対する態度よりもその方に寒々とした印象を持ちました。 「天界の神官にとって地上の人間の命など虫けら同然」と云った花城の言葉は重いです。裴宿も慕情と同じく親の問題を背負っているために、何としても自分の力で世に出たいと思っていた気持ちは理解出来なくもないし半月の云うとおり悪い人ではないにしても、彼女が妖術を修めて再会した時すでにそれを利用しようとしていた…と思われても仕方のないことかもしれません。アニメでは決戦前夜「花将軍の望みでもあったはずだ」と半月の花将軍に対する憧れの気持ちを揺さぶるようなとどめの一言を云っていましたが、そこにはその言葉で彼女は決心するだろうという確信と、一方で裴宿の花将軍への嫉妬の感情が微かに見え隠れしていたように感じられたのは思い過ごしでしょうか。花城の云う「半月が首を吊られ苦しんで死ぬ回数を何回か減らしたかったのかも」という思いが本当に裴宿の中にあったのなら、たった一人の特別な人を救い出すために全身全霊を傾けることも出来たはずなのに…。神の地位を捨てきれなかったがために彼の二百年もまた、なんと罪深く遠回りな年月であったことか…。出世と淡い恋心を天秤にかけて出世に傾かせた裴宿と、花城の殿下に対する唯一無二の誠実な恋慕だけを胸に自分の全てを賭けてのし上がって来た彼の覚悟、殿下と半月のそれぞれのやるせない思いが対比されて描かれているようでこの章は印象的でした。半月がどのような経緯で妖術を身につけたのかは謎だけれど、その心の奥には花将軍への憧憬があったに違いないし、だからこそ彼女の心までは暗闇にのみ込まれなかったのかな…。きっとそうであって欲しい…。 「身は無間、心は桃源」 花城といい半月といい、仙楽太子の御加護侮れないです。 続きを読む▼
  • (5.0) 奥深くて何度読み返しても新しい発見がある
    佃煮さん 投稿日:2024/3/20
    私が初めて読んだ中華BLで、続きが読みたすぎて魔翻訳という術を手に入れ、中華BLそのものにハマったきっかけでもあります。 BLとはいうもののBL要素を抜きにしても抜群に面白く、こちらはBL表現OKの台湾で出版されている繁体字版をもとに翻訳 されたものですが、お国柄BL表現NGの中国本土用に加筆修正された簡体字版でも十分過ぎるほど面白いです。 現在日本語版は紙媒体が2024年4月発売済み、電子版配信が5月予定の3巻までですが、元となる繁体字版は全6巻なのでまだまだ続きます。ちなみに最後まで直接的な性描写はほぼありません。におわせ程度ですので、そのあたりは期待しすぎないほうがいいですが、めちゃくちゃ無自覚にいちゃいちゃしてます。 現時点で発売されてる2巻まではまだまだですが、これから怒涛の謝憐過去編に入って一気に物語が濃くなります。謝憐がなぜ一国の太子殿下から三度飛昇二度追放のガラクタ神になるのか、あんなに顔の皮極厚なざっくりした性格になるのか、なんであんなに運が悪いのか、法力もないのに使える法器があるのか…読み進めるほどに「あれも伏線だったのか!」と驚くと思います。 3巻からはめちゃくちゃ重くて苦しい場面も多くなりますが、墨香銅臭先生の「暗く辛い場面の後にはコミカルで楽しい場面を交互に入れる」という配慮のおかげで悲壮的になりすぎません。あと攻の花城の絶対的信頼感が謝憐と読者の心の支えになってくれるので、ぜひ最後まで頑張って読んでみてほしいです。強さとは何か、愛とは何か、正しさとは何か…たくさん考えさせられますし、なにより面白いです。 同じく墨香銅臭先生の日本語版も完結済みの魔導祖師の攻・藍忘機がスパダリが魏無羨に全力の愛と執着を向けるタイプなら、こちらの攻・花城は謝憐に全身全霊の愛を捧げ800年恋焦がれ続ける執着でスパダリになったタイプです。そして墨香銅臭先生の作品の特徴で受もまためちゃくちゃ強くてかっこよくて優しくて、攻が受に恋するところから始まるのも最高にいいです。 壮大で濃いストーリーが好きな方ならBLとかにとらわれず是非読んでみてほしいです。続きが気になって日本語版の続刊が待てない方は、私のように魔翻訳に挑戦してみてください(笑) もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ