マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOPライトノベルライトノベルKADOKAWAMFブックス魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 10
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
ライトノベル
魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 10
11巻配信中

魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 10 NEW

1,300pt/1,430円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

男爵内定のお披露目パーティーを前にして、緊張を強める魔導具師のダリヤ。
ヴォルフが参加してくれることで少なからず安堵していた彼女だったが、お披露目まで間もなくというタイミングで、魔物討伐部隊員に緊急招集がかけられる。
王都を離れなくてはいけなくなったヴォルフを送り出したダリヤは、彼の無事を祈りながら当日までの日々を過ごすのだった。
「どうか気をつけて――行ってらっしゃい」
一方、ワイバーンと対峙したヴォルフら魔物討伐部隊は、春までとは打って変わって優勢に戦いを進めていた。しかし、帰路で想定外の事件に遭遇し……。
「早く帰って、ただいまと言えたら――」
互いを想う、二人の願いの行方は……? 魔導具師ダリヤのものづくりストーリー、二人の想いが募る第十弾、開幕!

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  11巻まで配信中!

  • 魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 10

    1,300pt/1,430円(税込)

    男爵内定のお披露目パーティーを前にして、緊張を強める魔導具師のダリヤ。
    ヴォルフが参加してくれることで少なからず安堵していた彼女だったが、お披露目まで間もなくというタイミングで、魔物討伐部隊員に緊急招集がかけられる。
    王都を離れなくてはいけなくなったヴォルフを送り出したダリヤは、彼の無事を祈りながら当日までの日々を過ごすのだった。
    「どうか気をつけて――行ってらっしゃい」
    一方、ワイバーンと対峙したヴォルフら魔物討伐部隊は、春までとは打って変わって優勢に戦いを進めていた。しかし、帰路で想定外の事件に遭遇し……。
    「早く帰って、ただいまと言えたら――」
    互いを想う、二人の願いの行方は……? 魔導具師ダリヤのものづくりストーリー、二人の想いが募る第十弾、開幕!

レビュー

魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~のレビュー

平均評価:4.6 174件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) おもしろい
    Miniさん 投稿日:2024/7/1
    なろうで追いかけていますが、アニメ化の話を知りうわーっとなりました。すごく楽しみ。ダリヤやヴォルフもいいけど、私はランドルフ好きです。

高評価レビュー

  • (5.0) 面白い
    海君さん 投稿日:2022/7/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 何度も繰り返しなろうで読んでましたが加筆部分が読みたくて購入。 大満足です。加筆はもちろんですが、なろうではなかった書き下ろし(?)ストーリーが面白い笑える場面や泣ける場面。更にパワーアップしていてホント大満足。ものすごくお得感を感じた。毎回ラストの書き下ろしSSカルロさんの話も最高だし、母の話もなろうで読んでいる時は印象が悪かったんだけど、何だか・・やっぱりダリヤの母なんだな。カルロさんが好きになって一緒になる位なんだからそりゃ魅力的だよね。と。なろうで繰り返し読んでいる人は購入して絶対損はないと思います。ちなみに・・恋愛系は期待しないで読んだ方が良いかもですよ。題名通りに主人公が自由に職人ライフを楽しく送る感じですね。で、飲食シーンが(作るのも含め)次点で来る感じ。ラストの父との話やアナザーストーリーを読むと1冊読み終える毎に家族愛がテーマ?と感じたり。あと、ものすごく気になっているのがカルロさんに色々無理を強いていたのは誰だったんだろう?と・・・今後ダリヤも関わって行きそうで怖い。 再レビュー 9巻から挿し絵の絵師さん変更とのこと。少しじっくり目に挿し絵を見ながら読んでみた。 カルミネ副部長・・・・カッコ良くないですか思っていた以上に・・。性格良さそうだし、カルロさんともダリヤとも合いそうだし、トビアスなんかと婚約させないでやっぱりカルミネ副部長と1度会わせた方が良かったんじゃない?でもそうなるとヴォルフが・・か。(カルミネ副部長と会ってたら今頃結婚してたかもなぁ) 再再レビュー 短編集ありがとうございます楽しく読めました。紫のバイコーンの時のメイドさんが見えた彼はその後どうなったんだろ?とか、他にもちょっとした気になっていたことの続き?が読めて嬉しかったです。もう少しでアニメ放送ですね。めちゃくちゃ楽しみです。 続きを読む▼
  • (5.0) 単純に作者さんがたの技量が高い
    トマト煮さん 投稿日:2020/9/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 まず文章が読みやすく、情景が頭に入って来やすいです。 表紙や挿し絵も美しい……だけでなく、多種多様なおっさんも描けていて、小説家さんの技量と絵師さんの双方の技量がとても高い作品です。 小説の内容ですが、女性向けの小説にしては珍しく戦闘シーンがあり、毎回よく考えられています。 個人的には主人公の相手役の男性(騎士)が所属する隊が、他の隊と模擬戦をする場面が好きです。 もし映像化したら絶対に映えます。 あとは主人公が大人の女性で、《基本的には》落ち着いており、魔導具を作る職人なので、きちんと苦労して開発しているのも良いと思います。 そこいらの作品だと主人公が「いや〜異世界でこれ作るの苦労したわ〜」の数行で済ませるところを、開発者らしく試行錯誤して作っている描写が楽しいです。 それと、ストーリーの主軸にすえられているのがおそらく主人公の女性と相手の男性の恋愛なのですが、二人とも恋愛にトラウマがあり、両片想いの癖に恋愛関係に発展しないので、とても焦れったいです。 自分はそういうのも好きなので悩ましいところですが。 ただ、巻数を重ねるごとに、当人達の気付かないうちに二人が恋仲になるために障害となる部分が少しずつ解決していっているような気がするので、外堀が埋められているという意味では進展しているのかなと思います。 二人にはくっついてほしいけど作品は終わってほしくない。 今、一番そんな気にさせる作品。おすすめです。 コミカライズ版も二つ出ていますので、まずはどちらか、好みに合う方を買ってみるのも良いかと。 続きを読む▼
  • (5.0) よくある異世界転生での無双物ではなく。
    1号自走重歩兵砲さん 投稿日:2021/10/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 先に漫画から入っての原作読みです。 よくある主人公転生物ですが、よくあるチートとかではなく、魔力が高いわけでもなく戦闘なんか出来るわけでもなくむしろ運動音痴なぐらい、あるものと言えば前世の知識のみ。 まぁそれがチートとも言えますが。 向きはラブコメ?σ( ̄∇ ̄;) 人それぞれ評価は色々あると思いますが、オイラは好きですね。 それと、冒頭でのトビアス氏、なんでそんなこと出来るの?てな感じですが、6巻で大体まとまります。 上手くまとめてると思いました。 あと、一夫多妻がどうこうって意見がありますが、そういう世界観、てことで読めませんかね?作品内の全体じゃなく庶民は基本的に一夫一妻なんだし。それも読み進めて行くと、なるほどと思える描写もありますし。 ※2022/10/10追記 トビアス氏もだけど、カルロさんも何故あれだけダリヤを守ろうとしたのか、単に親バカの度が過ぎていただけなのか、その辺も8巻で回収されたように思います。 そう思うと、読む人に依っては不要だ、ムカつく等とされていたダリヤとトビアスの婚約破棄も、オイラとしては必要だった話になってます。 涙腺が緩く、登場人物に感情移入しやすい人は、もしかしたら登場人物の涙と同じく、自分も涙してるかも。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

オススメ異世界ライトノベル

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ