マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP小説・実用書小説・実用書講談社星を編む星を編む
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
小説・実用書
星を編む
1巻配信中

星を編む

1,520pt/1,672円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

☆2023年本屋大賞受賞作 シリーズ最新作☆
第20回本屋大賞受賞作『汝、星のごとく』続編

花火のように煌めいて、
届かぬ星を見上げて、
海のように見守って、
いつでもそこには愛があった。

ああ、そうか。
わたしたちは幸せだった
のかもしれないね。

『汝、星のごとく』で語りきれなかった愛の物語
「春に翔ぶ」--瀬戸内の島で出会った櫂と暁海。二人を支える教師・北原が秘めた過去。彼が病院で話しかけられた教え子の菜々が抱えていた問題とは?
「星を編む」--才能という名の星を輝かせるために、魂を燃やす編集者たちの物語。漫画原作者・作家となった櫂を担当した編集者二人が繋いだもの。
「波を渡る」--花火のように煌めく時間を経て、愛の果てにも暁海の人生は続いていく。『汝、星のごとく』の先に描かれる、繋がる未来と新たな愛の形。

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 星を編む

    1,520pt/1,672円(税込)

    ☆2023年本屋大賞受賞作 シリーズ最新作☆
    第20回本屋大賞受賞作『汝、星のごとく』続編

    花火のように煌めいて、
    届かぬ星を見上げて、
    海のように見守って、
    いつでもそこには愛があった。

    ああ、そうか。
    わたしたちは幸せだった
    のかもしれないね。

    『汝、星のごとく』で語りきれなかった愛の物語
    「春に翔ぶ」--瀬戸内の島で出会った櫂と暁海。二人を支える教師・北原が秘めた過去。彼が病院で話しかけられた教え子の菜々が抱えていた問題とは?
    「星を編む」--才能という名の星を輝かせるために、魂を燃やす編集者たちの物語。漫画原作者・作家となった櫂を担当した編集者二人が繋いだもの。
    「波を渡る」--花火のように煌めく時間を経て、愛の果てにも暁海の人生は続いていく。『汝、星のごとく』の先に描かれる、繋がる未来と新たな愛の形。

レビュー

星を編むのレビュー

平均評価:5.0 3件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) やっと読めた。
    のりこさん 投稿日:2023/12/25
    「汝、星のごとく」に衝撃を受け、こちらの作品も発売と同時に購入しました。が、感情が深く潜って戻れない感覚に陥るほどの作品だったので、読み出すまでにかなりの勇気を必要としました。「汝」で最後まで謎の多かった北原先生の物語が中心です。先生の生い 立ちを知り、あの瞬間的な狂気の謎が解けました。個人的には先生のご両親が私の親にそっくりで、嗚咽が漏れるほど泣きました。外では読まない方が良いです。そして担当編集の植木さんと二階堂さんのその後。さらには櫂亡き後の暁海の人生が過不足なく描かれています。人って強い。でも弱い。それでも生きていく。この作品を含めて「完結」という気持ちです。出会えて良かった。私の人生の大きな糧になった作品です。(唐突に「恋愛前夜」のトキオの名前が出ていて、ものすごく嬉しかったです。) もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 汝、その後
    ぬこさんさん 投稿日:2023/11/8
    汝があまりにも良かったので即購入。 汝で謎だった北原先生のあれやこれやが全て明かされます。汝でも何か変わった人やな?とは思ってましたがかなりぶっ飛んだ人でこの星を編むは北原先生が主役の印象でした。汝が強烈な激動だったのに対しこちらは割と淡 々と色んな形の人間関係、家族、夫婦、性事情が書かれています。流浪の月にも出て来た「事実と真実は違う」この本でもそれを感じました。 続編として面白く読みましたがスノボの男の子に関してその後全く触れられていないのはちょっと違和感があるかな? もっとみる▼
  • (5.0) 更に深みを増してる
    savvaさん 投稿日:2023/11/23
    汝の続編と聞いて、汝の重みから浮上できるかと読んだのですが… 私の中で消化しきれない何かがあり、それを言葉にする語彙力もなく、みんな各々の人生の中で選択を繰返し一生懸命生きてるんだなぁ、と単純な考察に着地しないとしんどくて、今の自分を全否 定してしまいそうになります。 この二作品は読者の心の奥深くまで入り込み、重みのある何かを残す、とんでもない魔物ではないでしょうか…… もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ