マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP小説・実用書小説・実用書竹書房かぎろいの島かぎろいの島
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
小説・実用書
かぎろいの島
1巻配信中

かぎろいの島

1,700pt/1,870円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

エブリスタ×竹書房が推すホラーの頂点
第3回最恐小説大賞受賞作は、孤島の怪奇ミステリ―!

天涯孤独の小説家・津雲佳人の元にある日届いた、伯母を名乗る人物からの手紙。
そこには幼い佳人と、十数年前に自死した若き頃の父の写真が同封されていた。
一度あなたの故郷へ来てほしいという伯母に、
佳人は九州南西部の孤島・陽炎島に渡る。
しかしそこは地元の者も近寄らぬ禁域、異人殺しの伝説が残る忌まわしき島だった。
島では異人の魂を弔う秘密の神事が行われており、
その神事を担うのが佳人の一族・白(つくも)家であるという。
現在は佳人のいとこにあたる、みのり、ハル、セイの3人がそのお役目を果たしている。
父はなぜ幼い佳人を連れて島を出たのか? 母は?
様々な疑念が渦巻く中、島で起きる殺人事件、奇怪な祭り。
犯人は異人の亡霊なのか、それとも……。
閉ざされた島で起きる戦慄の惨劇、ヴァナキュラーな孤島の怪奇ミステリー!


「あそこは異人殺しの島ですよ」
昔、陽炎島に鬼の一族が漂着した。
島民は金品と引き換えに上陸を許し、その夜、歓迎の酒宴を開いた。
宴は異様な盛り上がりを見せ、ついに島民達は酔った勢いで鬼達とまぐわってしまう。
翌朝目を覚まし我に返った島民は、鬼達が眠っている隙に彼らを惨殺し、金銀財宝を奪って死体を山に棄てた。
「その鬼が異人であると?」
「さあ。ただその亡霊が彷徨うんです、今も」

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • かぎろいの島

    1,700pt/1,870円(税込)

    エブリスタ×竹書房が推すホラーの頂点
    第3回最恐小説大賞受賞作は、孤島の怪奇ミステリ―!

    天涯孤独の小説家・津雲佳人の元にある日届いた、伯母を名乗る人物からの手紙。
    そこには幼い佳人と、十数年前に自死した若き頃の父の写真が同封されていた。
    一度あなたの故郷へ来てほしいという伯母に、
    佳人は九州南西部の孤島・陽炎島に渡る。
    しかしそこは地元の者も近寄らぬ禁域、異人殺しの伝説が残る忌まわしき島だった。
    島では異人の魂を弔う秘密の神事が行われており、
    その神事を担うのが佳人の一族・白(つくも)家であるという。
    現在は佳人のいとこにあたる、みのり、ハル、セイの3人がそのお役目を果たしている。
    父はなぜ幼い佳人を連れて島を出たのか? 母は?
    様々な疑念が渦巻く中、島で起きる殺人事件、奇怪な祭り。
    犯人は異人の亡霊なのか、それとも……。
    閉ざされた島で起きる戦慄の惨劇、ヴァナキュラーな孤島の怪奇ミステリー!


    「あそこは異人殺しの島ですよ」
    昔、陽炎島に鬼の一族が漂着した。
    島民は金品と引き換えに上陸を許し、その夜、歓迎の酒宴を開いた。
    宴は異様な盛り上がりを見せ、ついに島民達は酔った勢いで鬼達とまぐわってしまう。
    翌朝目を覚まし我に返った島民は、鬼達が眠っている隙に彼らを惨殺し、金銀財宝を奪って死体を山に棄てた。
    「その鬼が異人であると?」
    「さあ。ただその亡霊が彷徨うんです、今も」

レビュー

かぎろいの島のレビュー

この作品はまだレビューがありません。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ