漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して半額で購入

芸者さんの言うとおり 1巻

通常価格:
612pt/673円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数3件
芸者さんの言うとおり(1巻配信中)

作品内容

半玉(見習い芸者)と箱屋(芸者のお世話係)の禁断の恋。着物の知識も得られる“ロマンス&レトロ”ストーリー! 時は昭和4年浅草。東洋初の地下鉄が開業し人にも町にも活気があふれていた頃。華やかな花柳界の裏側に陰で支える人たちがいた。浅草の花柳界の窓口、「見番」で働く男性の事を箱屋と呼ぶ。彼らはマネージャーのように、時には家族のように、芸者たちのサポートをする。もちろん芸者と箱屋の間での恋愛はご法度だ。孝三は新米の箱屋、小梅は半玉三年目の芸者。じつはふたりは秘密の恋人同士だった。きっかけは小梅からだった。借金の形に花柳界に入った小梅は恋愛経験がなく、周りに孝三以外の若者がいない。恋愛経験を積めば芸にも幅が広がると考えてのことだった。もちろん小梅は将来旦那(金銭的支援をしてくれる贔屓の客)が付き、水揚(旦那と初めての肉体関係を持つこと)される身であるので、孝三との恋愛はごっこ遊びのようなものだ。しかし恋人関係を演じるうち、お互いに少しずつ惹かれてあっていき…。COMICリュエル連載中から「切なすぎる!」と話題を呼んだラブストーリー。みずから着付けもする著者だから描ける着物のディテールにも注目!

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

レビュー

芸者さんの言うとおりのレビュー

平均評価:4.3 3件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 昭和初期の芸者さんの禁断の恋
    熱血なまこさん 投稿日:2019/8/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 想いが叶わなかった先輩芸者の梅乃姐さんという前例があるなら、主役二人は違う道を行って欲しい。一方で、胡散臭い笑顔で小梅のパトロンでもある境も愛情に飢えてそうで憎めない。最後の表情は反則だと思う。続きが気になる所で一部完結。二部待ってます。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) よかったです
    あやさん 投稿日:2017/12/31
    【このレビューはネタバレを含みます】 絵もいい。話もとてもよかったです。この2人がその後結ばれるのか気になりました。 続きを読む▼
  • (3.0) かわいい
    ゆきさん 投稿日:2018/9/7
    東京の芸者さんにスポットを当ててるところが嬉しい。 職業柄、決して表には出せない恋人同士の切ないながらも強い想いが素敵です。 2人の将来に幸あれ。
▲ページTOPへ