電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

たーたん 1巻

通常価格:
420pt/462円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.8) 投稿数74件
たーたん(4巻配信中)

作品内容

15年前、全く冴えない28歳の童貞男だった上田敦は、
友人から赤ん坊を預かる。その友人は殺人を犯し刑務所に入ったのだ。
赤ん坊の名は鈴。敦は鈴を娘として懸命に育てた。
鈴は父を「たーたん」と呼ぶ。
父は出生について娘に何も話していない。鈴は何も知らない。
ワケあり父娘の心ヒリヒリコメディ!
西炯子初の青年漫画誌連載作にして意欲作、待望の単行本第1巻。
ビッグコミックオリジナルにてシリーズ連載中。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  4巻まで配信中!

  • たーたん 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    15年前、全く冴えない28歳の童貞男だった上田敦は、
    友人から赤ん坊を預かる。その友人は殺人を犯し刑務所に入ったのだ。
    赤ん坊の名は鈴。敦は鈴を娘として懸命に育てた。
    鈴は父を「たーたん」と呼ぶ。
    父は出生について娘に何も話していない。鈴は何も知らない。
    ワケあり父娘の心ヒリヒリコメディ!
    西炯子初の青年漫画誌連載作にして意欲作、待望の単行本第1巻。
    ビッグコミックオリジナルにてシリーズ連載中。
  • たーたん 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    奇跡の父娘の奇跡の物語!!

    チェリーボーイのまま父になった男“たーたん”と思春期真っ只中の女子中学生“鈴”の、ワケあり父娘の心ヒリヒリコメディ!
    血の繋がらぬ父娘は何より固い絆で結ばれていたはずだった。
    なのに、父に人生初のモテ期が到来し、娘は自分の出生を探り始め…
    父娘関係、グラグラでハラハラの第2巻!!!!
  • たーたん 3
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    童貞のまま父になった男と15歳の娘。二人は本当の父娘ではない。15年前、殺人を犯した友人から赤ん坊を預かったのだ。思春期の娘は、死んだはずの母を生きていると思い始め?ワケアリ父娘の心ヒリヒリコメディ!
  • たーたん 4
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    中3の娘のこれがホントの自分探し?家出?

    父・上田敦と中学3年の娘・鈴は血の繋がらない親子だ。
    15年間、今の今まで、敦はそのことを鈴に隠してきた。
    「わたしのお母さんは死んだのではなく、どこかで生きているのだ」
    と確信した鈴は、夏休みに同級生の吉川さんと二人で
    家出をする。
    父・敦の生まれ育った大阪へ、自分を探しに行く。

レビュー

たーたんのレビュー

平均評価:3.8 74件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) 一巻は面白いけど
    リタさん 投稿日:2021/9/18
    ちょっと引っ張り過ぎかな。2巻あたりから読むのが面倒くさくなる。設定はいいのに。せめて3巻くらいでまとめて欲しかった。

高評価レビュー

  • (5.0) 不思議な魅力!
    こばやまとさん 投稿日:2019/3/7
    独特な雰囲気の漫画です。鈴ちゃんの実の父親が出所した時、何が起こるのか全く想像がつきません。ていうか、生きて出所するのか、さえ思ってしまいます。たーたんと鈴ちゃんの今の日々が続けばいいのに、と思ってしまいます。 〈追記〉 3巻ラスト の片岡さんの鈴ちゃんに対する言動は許せなかったです。片岡さんがたーたんに恋することは自由ですが、(たーたんを実の父親と思ってる)鈴ちゃんに、「お父さんにも家族以外のフォルダがあるの」と言うのは大人としてルール違反と思います。子供がいる人を好きになったとして、まずは好きになった人の子供の幸せを願えないようであればダメと思います。思春期の子にあのセリフはダメです。 一方で自分の母親が他の男性に惹かれていくのを目の当たりにする吉川さん。シングルマザーの経済的・精神的・肉体的大変さは計り知れないものなので、もう、なんとも言えない気持ちになりました。 もっとみる▼
  • (5.0) まったりした時間軸と見えない着地点
    923さん 投稿日:2020/6/27
    【このレビューはネタバレを含みます】 物語的に大きく動きそうなのは、ヒロインの実父が刑務所から出所する時、実母の死(本当に死んでいると仮定して)の真相について語られた時くらいで、それ以外は大きく話が進展することはない作品。主人公がなぜか若い美人な同僚からモテるなど妙な恋愛要素もあるが、基本的には父親と娘がどう気持ちを交差させていくかということを軸に時間が経過していく。 先述した大きく話が動く場面まで作者が何巻引っ張るのか知らないが、話をどんどん進展して欲しい読者にとっては時間軸が遅すぎていらいらするだろう。ただキーマンとなる実父がどのように主人公とヒロインに絡んでくるかによって一気に展開が変わるので、そのあたりを楽しみにして読み進めたい作品でもある。でも、いつ登場するのかは謎である。 続きを読む▼
  • (5.0) 泣いたり笑ったり
    サラダ巻きさん 投稿日:2020/11/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 たーたんと、娘鈴ちゃんのお話し。読み進めていくうちに泣けてきちゃったり、笑ったり。何というか、あったかーくて この2人の周りの人もあったかーくて。でもただのほのぼのストーリーじゃない。何気なく読み始めて引き込まれました。読み進めるうちにさらに引き込まれました。 ただほのぼのじゃないのが この親子です。 この漫画好きです。現在私はラス一冊です。今後の展開が気になります。 ギリかなと思いますがネタバレで_φ( ̄ー ̄ ) 続きを読む▼
  • (5.0) アットホームもラクじゃないね〜
    さちさん 投稿日:2020/4/29
    たーたんと同じ境遇になったら あんな風に文句も言わず子育ては出来ないなって思う。 我が子でもあんなに愛情を注げるのか分からない。 私だったら、娘に向かって文句言って、世の中を呪ってるかも知れない。 娘から見れば お母さんが いないだけの普通の家庭 でも、たーたんから見ると色々複雑だけど 何とか乗り越えてきた15年 本当にラストがどうなるのか分からない。 もっとみる▼
  • (5.0) いつか
    まぐさん 投稿日:2019/11/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 親子とも不憫というか、幸せになって欲しいと応援したくなりました。 いつか事実が伝わる日が来るのだろうけど、悲しかったり寂しかったり、遺恨の残る伝わり方ではなくて、大切にしてきたこと、だからこそ伝えられなかったこと、そうした思いやりや悩んだことがしっかり伝わればいいなと祈りながら読んでいます。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 人殺しした友人の娘
    ほのぼのだけど、ときどき涙がポロリ。家族愛を描いた作品です。鈴の目が大きくてキラキラしていて吸い込まれそうです!お父さんを演じている主人公・上田敦との血の繋がらない親子愛に感動します。主人公がDT卒業できる日はくるのでしょうか…?西炯子先生がどんな展開を繰り広げていくのが想像がつきません!
    制作:八福神
▲ページTOPへ