漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

TLコミック
「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第9巻
この巻を買う/読む

「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~ 第9巻

通常価格:
200pt/200円(税抜)
(4.0) 投稿数56件
「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~(12巻配信中)
作品内容

信濃千代(しなのちよ)は小さな会社のアラサーOL。お城が名物のとある地方都市で、ふつーに総務の仕事をやっている。ある朝、出社しようとしたところ、高級車から出てきたアンニュイなスーツのイケメンに、なぜか「姫。お迎えに参りました」と呼びとめられて茫然自失(ぼうぜんじしつ)。平静を装い「結構です…」と断ったものの、アラサーで姫って冗談でしょ…と内心グッタリ。男の名は古賀政永(こがまさなが)。千代の会社を買収した世界的企業のトップだったのだ! 「私はあなたの忠実な家臣です」と手を取る男は、町のお城を買い取って(価格3億円!)、姫として千代をそこへ住まわせようとするのだが……!?降ってわいたは幸(こう)か不幸(ふこう)か。なりたて姫様とウラハラ家臣の、うきうきロマンティックラブコメディ!

作品ラインナップ  12巻まで配信中!
レビュー
「蝶よ花よ」とそのくちびるで~わたしの家臣が愛をうそぶく~のレビュー

平均評価:4.0 56件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (4.0) 「おんな城主直虎」的な主従萌え
    わわさん 投稿日:2018/8/20
    【このレビューはネタバレを含みます】 TLなのにエロシーンよりストーリーに萌える。 会話のテンポがクセになる。 はるこ先生の描く女の子は、常識的なのに思い切りがいいのが好み。感情移入できるので、冒険シーンやエッチな彼に流されちゃうところとかも自然に読めます。 この話のいいところは、主人公の都合のいいように動き、ピンチを救ってくれるいわゆる「執事(家臣)萌え」にとどまらず、家臣が主人のためを思い、陰謀や策略を繰り広げるところ。 家臣が自分の思い通りに動かないからこそ、もっと好きになっちゃう、みたいな。 「おんな城主直虎」に通じる魅力があるような気がします。 定番TLに飽きてきた方、ぜひ。 続きを読む▼
  • (5.0) おもしろい
    あいしーさん 投稿日:2018/8/20
    他の作品と違う趣向で新鮮です!内容が盛りだくさんなのにわかりやすく、展開が早いので読みやすい。続きが早く読みたいです。
  • (5.0) 葦切くん推し
    うみうみさん 投稿日:2018/8/16
    この作者さんの作品の中で一番好きかも!盛り沢山な内容なのにごちゃごちゃしてなくて、主人公は自然体で強いし、とにかく面白いです!早く新話、読みたいです!
▲ページTOPへ